健康食品・サプリメントの泉

くも膜下出血

「資本論」を書いたマルクスは自分の娘に「お父さんの一番好きな格言は何ですか?」ときかれて答えました。

「それはローマの劇作家テレンティウスの『人間に関することはすべて自分には無縁ではない』という言葉だよ」

そりゃそうでしょう。

マルクスも人間ですからね。

でも、確かに自分だけは特別だと思い込んでいる人間は大勢いますね。

くも膜下出血なんて自分は起こすわけがないと。

くも膜下出血とは

くも膜下出血とはをおおっている膜の1つのくも膜という膜の下に出血した疾患です。

くも膜下出血の原因で最も多いのは脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)の破裂です。

くも膜は脳をおおう硬膜、くも膜、軟膜の3層の膜の1つで、くも膜の下には動脈があります。

また、くも膜の下は保護液でもある無色透明の体液の脳脊髄液が循環しています。

くも膜下出血の症状

くも膜下出血を発症すると突然、今までに経験したことのないような、まるでバットで殴られたような頭痛が頭の下の方に起きます。

これはくも膜下に広がっていく出血が脳の保護膜を刺激して頭痛を起こすためです。

くも膜下出血は出血の程度によっては、頭痛や嘔吐、意識を失うこともあります。

突然の強い頭痛のあと倒れると、くも膜下出血であると予想できるぐらいくも膜下出血に特徴的な症状といえます。

しかし、くも膜下出血は脳卒中などとちがい、手足のマヒなどは必ず起こるとは限りません。

その点、脳卒中が頭痛を感じないことや半身の運動マヒをともなうことが多いこととはちがっています。

くも膜下出血が起こると、脳脊髄液に血液が混ざるために、CTスキャンでくも膜下出血の特徴を確認することができます。

出血が少ないほか、発症してから時間がたっているためにCTでも出血がわからない場合はMRIを行います。

MRIでもわからない場合は腰から脳脊髄液を取り出し、血液が混じっているかどうか確かめる場合もあります。

くも膜下出血と診断したあとは出血した脳動脈瘤がどこにあるかを調べます。

カテーテルを用いた脳血管造影検査が最も精度が高く、次いでMRIを使って血管の状態を調べるMRAや、造影剤を使ってCT撮影を行うCT血管造影でも脳動脈瘤がわかります。

しかし、カテーテルを用いた脳血管造影検査以外の検査は動脈瘤の詳細な形などはわからないこともあります。

くも膜下出血の治療

くも膜下出血にとってもっとも危険なことは脳動脈瘤から再出血することです。

いったん破裂した脳動脈瘤は再破裂しやすく、とくに24時間以内が要注意です。

再破裂によりくも膜下出血の出血量が増え、脳の損傷がより深刻になって生命を失うリスクが高くなります。

この再破裂を防止するために脳動脈瘤にいく血流を止める外科手術による手術療法を行います。

手術療法は動脈瘤のつけ根をクリップするクリッピング術と動脈瘤までカテーテルを入れて、プラチナのコイルを詰め塞ぐコイル塞栓術とがあります。

どちらの手術療法を選択するかは脳動脈瘤の大きさや場所、年齢によって異なります。

手術療法による止血が行われたあとで、本格的にくも膜下出血そのものに対する治療を行います。

くも膜下に広がった出血は脳に損傷をおよぼすだけでなく、脳動脈そのものにも変化を起こします。

脳血管攣縮(のうけっかんれんしゅく)と呼ぶ血管が細くなる変化が生じ、脳梗塞(のうこうそく)の原因になります。

この変化は発症後4〜14日の間に多く見られ、この時期は集中的な治療が必要です。

くも膜下出血の損傷と脳梗塞の損傷が重なると後遺症や生命を失うリスクがより高くなります。

さまざまな方法でこの時期の治療が行われていますが、障害を決定的に予防できる方法はまだ見つかっていませんので、対症療法に頼らざるを得ないのが現状です。

しかし、最近脳血管攣縮に関する特殊なタンパク質が血管の収縮と炎症を促していることがわかってきました。

まだ、動物実験の段階ですが、治療剤も開発されていますので、近い将来、くも膜下出血による後遺症はある程度改善が期待できそうです。

くも膜下出血のまとめ

くも膜下出血とは脳をおおっている膜の1つのくも膜という膜の下に出血した疾患です。

くも膜下出血の原因で最も多いのは脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)の破裂です。

くも膜下出血は出血の程度によっては、頭痛や嘔吐、意識を失うこともあります。

突然の強い頭痛のあと倒れると、くも膜下出血であると予想できるぐらいくも膜下出血に特徴的な症状といえます。

しかし、くも膜下出血は脳卒中などとちがい、手足のマヒなどは必ず起こるとは限りません。

くも膜下出血が起こると、脳脊髄液に血液が混ざるために、CTスキャンでくも膜下出血の特徴を確認することができます。

脳動脈瘤の再破裂を防ぐために、24時間以内に外科手術による手術療法を行います。

手術療法はクリッピング術とコイル塞栓術の2つがあり、どちらの手術療法を選択するかは脳動脈瘤の大きさや場所、年齢によって異なります。

くも膜下出血のあと、脳血管攣縮(のうけっかんれんしゅく)と呼ぶ血管が細くなる変化が生じ、脳梗塞(のうこうそく)の原因になります。

くも膜下出血の損傷と脳梗塞の損傷が重なると後遺症や生命を失うリスクがより高くなります。

さまざまな方法でこの時期の治療が行われていますが、障害を決定的に予防できる方法はまだ見つかっていませんので、対症療法に頼らざるを得ないのが現状です。

しかし、最近脳血管攣縮に関する特殊なタンパク質が血管の収縮と炎症を促していることがわかってきました。

まだ、動物実験の段階ですが、治療剤も開発されていますので、近い将来、くも膜下出血による後遺症はある程度改善が期待できそうです。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁を含む食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ