健康食品・サプリメントの泉

変形性関節症

19世紀末のアメリカの石油王ジョン・ロックフェラーは、あるレストランで毎日簡単な食事をし、帰りにそのレストランのウェイターに15セントのチップをあげる習慣でした。

ところが、ある日どうしたことか、ロックフェラーはそのレストランのウェイターに5セントしかあげませんでした。

ウェイターは不満そうに「私があなただったら、たった10セントを惜しみはしないのですが…」といいました。

すると、ロックフェラーは「だから、君はいつまでもウェイターなんかしているんだよ」とそのウェイターにいいました。

石油王ロックフェラーといえども、蓄財の秘訣はケチに徹するということですか。

もっとも、われわれ庶民はウェイターのように、朝から晩まで関節を傷めるぐらい働いても蓄財はできそうもないですが。

変形性関節症とは

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)とは筋力低下、加齢、肥満など長年の使用や繰り返される負担によって、股関節(こかんせつ)や膝関節(しつかんせつ)、肩関節(かたかんせつ)などの関節の軟骨がすり減るほか、の変形が生じたりして関節が変形することによって起こる疾患です。

変形性関節症は骨粗しょう症と同じようにロコモティブシンドローム(運動器症候群)の疾患の1つです。

変形性関節症の多くは軟骨の変形や断裂を起こしますが、軟骨自体には神経血管はないので、軟骨自体の痛みはありません。

軟骨がすり減ったり破れて骨がむきだしになり、棘皮(きょくひ)を生じて軟骨を覆う滑膜に慢性の炎症、滑膜炎を起こしてから痛みが生じます。

また、滑膜炎は関節液の過剰滞留を起こし、水が溜まる状態になって腫れ上がります。

女性の方は男性の方に比べて筋力が弱く、肥満するととくに膝関節や股関節などの関節に負担がかかります。

また、女性の方は更年期を過ぎると女性ホルモンが減少しますので、骨粗しょう症にかかりやすくなります。

骨粗しょう症によって骨がもろくなり、また、体重の負担が関節に集中することもあって、変形性関節症になりやすくなります。

変形性関節症の治療

変形性関節症の治療には薬物療法と運動療法の2つがあります。

薬物療法は変形性関節症の痛みや腫れなどの症状を抑える目的で行われます。

運動療法は関節の周りの筋肉を鍛え、関節の機能を保つ目的で行われます。

通常は、変形性関節症の痛みや腫れなどの症状を抑える薬物療法を行いながら、関節の周りの筋肉を鍛え、関節の機能を保つ運動療法を並行して行います。

薬物療法には痛みを和らげるため、非ステロイド性抗炎症剤を投与する方法と副腎皮質ホルモンなどのステロイド剤やヒアルロン酸を関節内に直接注射して、痛みの緩和と関節の機能の改善を行う方法があります。

ヒアルロン酸を関節内に直接注射する方法は皮膚などの細菌による感染症や人間以外のヒアルロン酸による異物反応などのリスクがあります。

そして効能も限定的で6か月程度しか続きませんので注意が必要です。

運動療法は水中歩行やストレッチを行って関節の動く範囲を広げたり、関節の周りの筋肉を鍛えて、関節にかかる負担を軽くする目的で行われます。

また、運動することで、変形性関節症の原因のひとつである、肥満の解消にも役立ちます。

家庭でもできる、簡単な運動もあり、毎日自分で少しずつでも関節の周りの筋肉を鍛えたり、関節の動く範囲を広げるということできます。

しかし、無理な運動をすると、かえって変形性関節症を悪化させてしまうこともありますので、医師や理学療法士の診断や指導を受けて、適度な運動を続けることが大切です。

変形性関節症の予防

一度すり減った軟骨や、変形してしまった関節は元に戻すことが難しく、完全にもとの状態に戻せません。

しかし、早期に治療を行い、関節症の進行を止めれば、ある程度、痛みがやわらぎ、ふつうに歩けるようになってふつうに生活できるようになることもできます。

そのためには、腰や膝、肩の関節を酷使する生活を長年に渡ってされている方や、高齢者の方でもとくに女性の方は関節に異常を感じたら、一刻も早く整形外科の医師などの専門家の診断を受けることが大切です。

また、関節に異常を感じていない方も将来、変形性関節症にならないために、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)にならない生活をしましょう。

食生活を見直し、高calの食事を避け、適度な運動と十分な休養をとることによって、生活習慣病を予防することです。

関節の軟骨の成分のグルコサミンやコラーゲン、ヒアルロン酸などを含む食物を食べることも効能が期待できます。

しかし、忙しい現代においては、関節の軟骨の成分のグルコサミンやコラーゲン、ヒアルロン酸などを補いやすいサプリメントという形で補うこともできます。

変形性関節症のまとめ

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)とは筋力低下、加齢、肥満などによって、膝関節(しつかんせつ)などの関節の軟骨がすり減るほか、骨の変形が生じたりして関節が変形することによって起こる疾患です。

軟骨がすり減ったり破れて骨がむきだしになり、棘皮(きょくひ)を生じて軟骨を覆う滑膜に慢性の炎症、滑膜炎を起こしてから痛みが生じます。

また、滑膜炎は関節液の過剰滞留を起こし、水が溜まる状態になって腫れ上がります。

変形性関節症は骨粗しょう症と同じようにロコモティブシンドローム(運動器症候群)の疾患の1つです。

変形性関節症の治療には薬物療法と運動療法の2つがあります。

薬物療法は変形性関節症の痛みや腫れなどの症状を抑える目的で行われます。

運動療法は関節の周りの筋肉を鍛え、関節の機能を保つ目的で行われます。

通常は、薬物療法を行いながら、運動療法も並行して行います。

毎日自分で少しずつでも関節の周りの筋肉を鍛えたり、関節の動く範囲を広げるということできます。

しかし、無理な運動をすると、かえって変形性関節症を悪化させてしまうこともありますので、医師や理学療法士の診断や指導を受けて、適度な運動を続けることが大切です。

また、関節に異常を感じていない方も将来、変形性関節症にならないために、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)にならない生活をしましょう。

食生活を見直し、高calの食事を避け、適度な運動と十分な休養をとることによって、生活習慣病を予防することです。

関節の軟骨の成分のグルコサミンやコラーゲン、ヒアルロン酸などを含む食物を食べることも効能が期待できます。

しかし、忙しい現代においては、関節の軟骨の成分のグルコサミンやコラーゲン、ヒアルロン酸などを補いやすいサプリメントという形で補うこともできます。

なお、サプリメントとしてのグルコサミンやコラーゲン、ヒアルロン酸はあくまでも、サプリメントですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ