健康食品・サプリメントの泉

股関節

19世紀末から20世紀初頭のアイルランドの劇作家バーナード・ショーは90歳になったとき、「あの年じゃもう戯曲も書けないだろう」といわれていました。

するとショーは、「よし、それでは」とそれまで長いこと執筆を断っていた劇を2篇書き上げました。

しかし3篇目は未完で、94歳で亡くなりました。

年寄りの冷や水じゃないでしょうか。

戯曲はストーリーを考えるだけでも大変な力が要ります。

しかも、区切りがつくまでは止められませんから、気だけは若いつもりでも、身体がついていきません。

それに年をとると、体中の関節、膝関節、股関節などがスムーズに動かなくなって動作もモタモタしてきますからね。

若いころにはさっさと終えていた仕事もなかなか終わらないことになります。

年はとりたくないものですね。

股関節とは

股関節(こかんせつ)は身体の中で最も大きな関節で、身体を支えている大切な関節です。

体重を支えつつ、立つ、歩く、またぐ、昇る、降りる、跳ぶ、蹴るなどのさまざまな動作をするために必要な関節です。

股関節に障害があると動きが悪くなり、歩くときなどに痛みがでて歩けなくなる、立っているだけで痛みがでるなど、日常生活に支障がでます。

股関節のしくみ

股関節は、大腿骨(だいたいこつ)の上端にある骨頭(こっとう)と呼ばれる球状の部分が骨盤の寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれるくぼみに5分の4ほどおさまった形になっているため筋肉を使って脚を前後左右と自由に動かすことができます。

したがって、股関節に障害がある方にとって日常生活をいつも快適なものにするためには、股関節に負担をかけないようにしながら、股関節周りの筋肉を鍛えることが大切です。

しかし、股関節に負担をかけないといっても、過度の安静は筋力低下につながり、股関節への負担が増えることにもなりますので注意が必要です。

股関節の疾患と治療

股関節の疾患には変形性関節症のうちの1つ、変形性股関節症があります。

変形性股関節症は股関節の形の異常や加齢が原因で、股関節が次第に変形していく疾患です。

変形性股関節症は一次性変形性股関節症と二次性変形性股関節症の2つにわけられます。

変形性股関節症は加齢や肥満などいろいろな要因が重なることによって起こります。

変形性股関節症のうち、原因がはっきりしないものを一次性変形性股関節症といいます。

多くの場合の変形股関節症は一次性変形性股関節症です。

疾患やケガ、先天的な異常が原因で変形性股関節症を発症したものは二次性変形性股関節症といいます。

二次性変形性股関節症は先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)や先天性臼蓋形成不全(せんてんせいきゅうがいけいせいふぜん)が原因で発症します。

また、関節リウマチ、大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)、骨折の大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)による変形性股関節症も二次性変形性股関節症といえます。

一次性変形性股関節症と二次性変形性股関節症のいずれにしても、関節の軟骨がすり減ったり変形したりして起こる疾患です。

いずれの変形性股関節症も、痛みや動きの制限、あるいは片足を引きずるようにして歩く跛行(はこう)をともないます。

変形性股関節症は発症すると加齢とともに次第に悪化し、進行してしまうと元の状態に戻すことはできませんので、初期のうちに整形外科などの医療機関で治療することが大切です。

変形性股関節症の治療には保存療法と運動療法、薬物療法、手術療法があります。

保存療法は安静にしていることを基本に、移動に杖(つえ)を使用する、体重のコントロール法を覚える、装具を使用するなどを行います。

運動療法は大腰筋(だいようきん)、大臀筋(だいでんきん)、ハムストリングスなどの筋力訓練などを行います。

薬物療法は股関節の炎症を抑えるヒアルロン酸などを含む医薬品を使用しますが、痛みの緩和を主目的としたもので、運動療法などと組み合わせて機能の回復を行います。

手術療法は日常生活に支障がでるまでに変形性股関節症などが進行した場合に行い、臼蓋形成術(きゅうがいけいせいじゅつ)などの外科手術などにより股関節の機能を回復することを目的に行うものです。

股関節のまとめ

股関節(こかんせつ)は身体の中で最も大きな関節で、体重を支えつつ、立つ、歩くなどのさまざまな動作をするために必要な関節です。

股関節に障害があると動きが悪くなり、歩くときなどに痛みがでて歩けなくなる、立っているだけで痛みがでるなど、日常生活に支障がでます。

変形性股関節症は発症すると加齢とともに次第に悪化し、進行してしまうと元の状態に戻すことはできませんので、初期のうちに整形外科などの医療機関で治療することが大切です。

変形性股関節症の治療には保存療法と運動療法、薬物療法、手術療法があります。

保存療法は安静にしていることを基本に、移動に杖(つえ)を使用する、体重のコントロール法を覚える、装具を使用するなどを行います。

運動療法は大腰筋(だいようきん)、大臀筋(だいでんきん)、ハムストリングスなどの筋力訓練などを行います。

薬物療法は股関節の炎症を抑えるヒアルロン酸などを含む医薬品を使用しますが、痛みの緩和を主目的としたもので、運動療法などと組み合わせて機能の回復を行います。

手術療法は日常生活に支障がでるまでに変形性股関節症などが進行した場合に行い、臼蓋形成術(きゅうがいけいせいじゅつ)などの外科手術などにより股関節の機能を回復することを目的に行うものです。

なお、サプリメントとしてのグルコサミンはあくまでも、サプリメントですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ