健康食品・サプリメントの泉

静脈

ある人が「心の焦燥」などを書いた20世紀のオーストリアの小説家シュテファン・ツヴァイクに講演を頼みにきました。

ツヴァイクは講演を頼みにきた人にいいました。

「私が講演したとき、聴衆の1人が途中で時計をだして見たが、しばらくしてほかの聴衆が時計をだして耳にあてて、止まっていないかどうか調べた。それ以来、私は聴衆の前には立たないことにしたのだ」

ツヴァイクの講演は面白くなく、たいくつな講演だったのですね。

小説を書くのと講演をすることは別物だということですね。

どちらも、相手を楽しませなければならないことは共通しているのですが…。

余談ですが、小説家は座りっぱなしで、講演をする方など立ち仕事をする方は立ちっぱなしで、下半身の血流が悪くなります。

職業病として小説家は痔になりやすく、講演をする方など立ち仕事をする方は下肢静脈瘤ができやすいのです。

静脈とは

静脈(じょうみゃく)は小腸脾臓(ひぞう)などの各臓器や末端組織から血液心臓に戻す血管のことです。

静脈は毛細血管網から始まって、合流して次第に太くなり心臓の右心房に入ります。

ふつうの静脈は二酸化炭素を含む暗赤色の静脈血が流れていますが、静脈だけは酸素を含む鮮赤色の動脈血が流れていて心臓の左心房に入ります。

静脈の構造と働き

静脈動脈よりも数が多く、静脈の壁は基本的には動脈と同じ内膜、中膜、外膜の3層を構成しています。

しかし、静脈では一般に中膜も薄く、平滑筋(へいかつきん)も少なく、弾性繊維は繊細になっています。

静脈はわずかの内圧の増加でもよく伸長するため、血液を貯めていて全身の血液の75%が静脈血となっています。

静脈には心臓からの逆流を防ぐために、四肢の大静脈の内壁には半月状の弁があります。

しかし、頭の静脈や頸静脈(けいじょうみゃく)、臍静脈(さいじょうみゃく)、肝静脈、肺静脈、子宮の静脈や門脈には弁がありません。

また、下腹部や下腿(かたい)後面の皮膚の下の静脈は血流障害により静脈血がたまりやすく、膨らんでミミズ腫れになっているのを見ることがあります。

これは静脈瘤(じょうみゃくりゅう)と呼ばれ、中年の女性や高齢者、妊婦、立ち仕事に従事する方に多く見られます。

食道静脈瘤

食道静脈瘤肝硬変によく見られる、食道や胃の粘膜の下にある静脈の血管がデコボコにふくらんで蛇行し、瘤(こぶ)状になっている状態のことをさします。

食道静脈瘤ができても痛みや違和感はありませんが、破裂すると大量出血を起こし、死亡することもあります。

出血には血を吐く吐血と黒いコールタールのような便がでる下血があり、食道静脈瘤の破裂が起こると出血によるショックと肝不全のリスクがあります。

肝硬変の肝臓はもともと流れ込む血流が減少していますので、食道静脈瘤破裂による大量出血はさらに血流の減少をまねき、肝臓の働きを極端に悪くすることになります。

静脈のまとめ

静脈(じょうみゃく)は胃や小腸、脾臓(ひぞう)などの各臓器や末端組織から血液を心臓に戻す血管のことです。

静脈は毛細血管網から始まって、合流して次第に太くなり心臓の右心房に入ります。

ふつうの静脈は二酸化炭素を含む暗赤色の静脈血が流れていますが、肺静脈だけは酸素を含む鮮赤色の動脈血が流れていて心臓の左心房に入ります。

静脈は動脈よりも数が多く、静脈の壁は基本的には動脈と同じ内膜、中膜、外膜の3層を構成しています。

しかし、静脈では一般に中膜も薄く、平滑筋(へいかつきん)も少なく、弾性繊維は繊細になっています。

静脈はわずかの内圧の増加でもよく伸長するため、血液を貯めていて全身の血液の75%が静脈血となっています。

静脈には心臓からの逆流を防ぐために、四肢の大静脈の内壁には半月状の弁があります。

下腹部や下腿(かたい)後面の皮膚の下の静脈は血流障害により静脈血がたまりやすく、膨らんでミミズ腫れになって静脈瘤になっているのを見ることがあります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのグルコサミンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ