健康食品・サプリメントの泉

リンパ管

「老人と海」「武器よさらば」を書いた20世紀のアメリカの小説家アーネスト・ヘミングウェイは小説の題は書き終えてからつけました。

ヘミングウェイは小説を書き上げると表題のリストをつくりました。

それが時には100ぐらいにもなることがありました。

ヘミングウェイはその表題のリストから1つずつ不適当なものを消していき、100あっても全部消してしまうこともありました。

そのほうが題と内容が一致していいのでしょうが、実際は小説を書いているうちにテーマと中身が徐々にちがっていった小説とかがあるのでは?

でも、小説を書き上げてから、題名をつけるという大仕事がまだあるわけで、たいへんな仕事量ですね。

さぞかし、お疲れでしょう。

そんなときは、リンパ節のマッサージなどいかかがでしょう?

リラックスできて、ヘミングウェイは題名もすぐつけられるのでは?

ヘミングウェイに聞いてみたいところですね。

リンパ管とは

リンパ管とはリンパ液とも呼ばれるリンパが流れる管です。

リンパ管は静脈のような薄い内皮細胞からできている構造をしていて、静脈と同じように心臓に向かって流れています。

一方、血液動脈と静脈により身体に必要な酸素や栄養素を全身の細胞に届け、老廃物や二酸化炭素を排出することで心臓のポンプ機能によって全身を循環しています。

リンパは血液から染み出るアルカリ性の黄色の組織液で、血液の血漿(けっしょう)の一部が毛細血管の外に染み出し、リンパ管に回収されてリンパとなります。

リンパは染み出した組織液中にあるタンパク質などの栄養素や水分をリンパ管で回収し、静脈に戻して血液に合流させています。

また、リンパは血管から染み出したタンパク質などの栄養素や水分を血液に戻すだけではなく、老廃物や異物の血管への侵入を防いでいます。

このためリンパ管は血管とはちがって、循環するのではなく、一方通行で心臓に向かっています。

リンパ管は心臓のポンプ機能が使えませんので、リンパ管自体に自発的に収縮するポンプ機能があります。

そのほか、ふくらはぎなどの筋肉の収縮によりリンパに流れを生じさせています。

立ち仕事などの足の浮腫(むくみ)はリンパ管で回収する予定の組織液が筋肉の収縮がないために回収されずに残っている状態です。

足の浮腫を解消するには、身体を動かして筋肉を収縮させるとか、リンパ管にマッサージをするとかして、滞ったリンパが流れるようにすればよいのです。

また、リンパの流れが良くなると、組織液から回収されたタンパク質などの栄養素がまた細胞に行き渡り、臓器や器官の働きなどが改善されます。

リンパ管は内皮細胞の壁がうすく、先端は毛細血管の間に入り込んでいます。

そして、リンパ管は次第に集まって太い管になりリンパ節を通り、最後は大静脈につながっています。

リンパ節はリンパ管のところどころにあり、たくさんのリンパ管が合流して、ソラマメのような形をしている器官です。

リンパ節の大きさは1〜25㎜程度で頭部、頸部、腋窩(えきか)、鼠蹊部(そけいぶ)にあります。

リンパ球

リンパ節には血液の白血球の一種の免疫機能を担当する血液細胞のリンパ球がたくさん集まっています。

リンパ球は白血球の約4分の1を占め、B細胞T細胞NK細胞などにわけられます。

B細胞は抗原から免疫グロブリン、つまり抗体を産生します。

T細胞はB細胞に抗原情報を提示するほか、ウイルスなどに感染した細胞を攻撃するというように多くの場合B細胞とT細胞は合同して免疫反応に直接的に働きます。

しかし、NK細胞は抗原に関係なくウイルスなどに感染した細胞やガン細胞を直接攻撃します。

B細胞、T細胞、NK細胞などのリンパ球は骨髄にある造血幹細胞から分化して、リンパ節、胸腺、扁桃、脾臓(ひぞう)で分裂・増殖します。

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は白血病などの骨髄腫と同じ血液・リンパのガンでリンパ球がガン化して、リンパ節や胸腺、扁桃、脾臓(ひぞう)などのリンパ組織に腫瘍(しゅよう)ができる疾患です。

国民的映画俳優の高倉健さんがかかって、お亡くなりになった疾患ですので、ご存知の方も多いでしょう。

悪性リンパ腫の治療はリンパ系組織が全身を巡っているため、外科手術による手術療法は行わず、おもに放射線療法および抗ガン剤などの薬物療法を行います。

リンパ管のまとめ

リンパ管とはリンパ液とも呼ばれるリンパが流れる管です。

リンパ管は静脈のような薄い内皮細胞からできている構造をしていて、静脈と同じように心臓に向かって流れています。

リンパ管は心臓のポンプ機能が使えませんので、リンパ管自体に自発的に収縮するポンプ機能があります。

そのほか、ふくらはぎなどの筋肉の収縮によりリンパに流れを生じさせています。

立ち仕事などの足の浮腫(むくみ)はリンパ管で回収する予定の組織液が筋肉の収縮がないために回収されずに残っている状態です。

足の浮腫を解消するには、身体を動かして筋肉を収縮させるとか、リンパ管にマッサージをするとかして、滞ったリンパが流れるようにすればよいのです。

また、リンパの流れが良くなると、組織液から回収されたタンパク質などの栄養素がまた細胞に行き渡り、臓器や器官の働きなどが改善されます。

リンパ管は内皮細胞の壁がうすく、先端は毛細血管の間に入り込んでいます。

そして、リンパ管は次第に集まって太い管になりリンパ節を通り、最後は大静脈につながっています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのグルコサミンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ