健康食品・サプリメントの泉

白血病

大正、昭和の小説家、内田百聞(うちだひゃっけん)はあるとき、九州の肥薩線に乗り車窓から球磨川の水色の美しさを味わい感動していました。

すると球磨川の中流に小舟をでして釣りをしている男がいて、男が1回竿を上げると2尾魚がつれるのが見えました。

内田百聞は「あれはよほどの名人だろう」と感心していましたが、後になって「ああ、あれが鮎の友釣りか」と気がついたそうです。

そうですね。

鮎の友釣りは遠目には2尾釣り上げたように見えますね。

鮎の友釣りは鮎のテリトリーを守ろうとする習性を利用した釣りですね。

ところで、白血病は骨髄移植が必要になることがあります。

しかし、骨髄移植は白血球の血液型であるHLA型が提供者、つまりドナーと患者の方との間で適合しないと拒絶反応などが起きるためできません。

HLA型が適合して移植が可能になる確率は同父母の兄弟姉妹間で4分の1、非血縁者間では数百〜数万分の1といわれています。

ですから、家族が多い方や友だちをたくさんつくっている方はHLA型が適合する確率が高くなります。

友だちといっても、鮎の友釣りとは何の関係もありませんが…。

白血病とは

白血病(はっけつびょう)はガン化した白血球の芽球が正常の血液細胞のように分化せず、完全に成熟しない段階の白血球が無制限に増加し、赤血球血小板などの正常な血液細胞が減少する血液ガンと呼ばれる疾患です。

かつては不治の病の代名詞のような疾患でしたが、現在では、早期に適切な治療を行うことによって、完全寛解(かんかい)や治癒(ちゆ)することができます。

白血病は疾患の進行速度や悪性化した細胞の分化段階で急性と慢性、白血病細胞の由来する血球細胞によって骨髄性とリンパ性の白血病にわけられます。

白血病は急性と慢性では、増加している白血病細胞、つまり白血球の成熟度がちがいます。

急性白血病では未熟な白血球の芽球などの白血病細胞のみ増加しますが、慢性白血病では未熟な白血球から正常細胞に見える成熟細胞までいろいろな成熟段階の細胞が増加します。

骨髄性とはB細胞T細胞などのリンパ球を除く、好中球、好酸球、好塩基球、単球、赤血球、血小板のすべてを表すことばで骨髄という場所を意味しているわけではありません。

  1. 急性骨髄性白血病
    • 急性骨髄性白血病は、骨髄などにある造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)から好中球、好酸球、好塩基球、単球、赤血球、血小板をつくる細胞に少し分化した細胞がガン化して起こる疾患です。
  2. 慢性骨髄性白血病
    • 慢性骨髄性白血病は急性骨髄性白血病が慢性化したものではなく、まったく別の疾患です。
    • 慢性骨髄性白血病とは、造血幹細胞の遺伝子が後天的に変異して、造血幹細胞が分化や成熟する能力を保ったまま自律的に増殖をし、白血球や血小板が増加します。
    • 初期の慢性期には必要がないのに成熟した血球、とくに白血球がどんどんつくられますが、過剰につくられた血球はほぼ正常に機能するので、症状はほとんどでません。
    • しかし、慢性期はやがて急性期に移行します。
    • 急性期では細胞の増殖だけではなく成長・分化にも障害が起こり、未熟で役に立たない芽球と呼ばれる血球が増加します。
    • 急性期に移行した慢性骨髄性白血病は極めて治癒しにくくなります。
    • 慢性骨髄性白血病は後天的に造血幹細胞に生じる遺伝子の染色体異常が原因で発症するとされていますが、その異常が起こる原因についてはまだよくわかっていません。
  3. 急性リンパ性白血病
    • 急性リンパ性白血病は白血球の一種であるリンパ球がリンパ球になる前の幼若な段階で悪性ガン化し、おもに骨髄で異常に増加し、短期間のうちに骨髄内の正常細胞と入れ替わる疾患です。
    • 正常な血球が極端に少なくなるという特徴があり、発熱、脱力感、顔面蒼白などの症状が現れる場合があります。
  4. 慢性リンパ性白血病
    • 慢性リンパ性白血病は基本的には小リンパ球性リンパ腫と同じものであると考えられています。
    • 疾患の広がり方によりリンパ節での増殖が主体であれば小リンパ球性リンパ腫、血液中のリンパ球増加が主体であれば、慢性リンパ性白血病と呼ばれます。
    • どちらも血液中に成熟した異常リンパ球が著しく増殖します。

白血病の症状

急性白血病の症状は、骨髄で正常な血球をつくることができなくなることによる症状と、血液中のリンパ球の異常、芽球の増殖による症状にわけることができます。

白血病の治療

白血病の治療は一般的にはまず数種類の抗ガン剤を組み合わせて投与する薬物療法を行い、骨髄の正常な造血能力を回復させます。

白血球の異常細胞が100分の1以下になって、顕微鏡では見つからない状態になり、血球数が正常化する状態を完全寛解(かんかい)といいます。

治癒(ちゆ)ではないのは、顕微鏡で見つからなくても身体のどこかに白血球の異常細胞が残っている状態だからです。

完全寛解したからといって治療を中止してしまうと、身体の中にまだ残っている白血球の異常細胞が再び増殖を開始し、白血病は再発してしまいます。

したがって、完全寛解になったとしても、身体に残っている白血病細胞が完全になくなるように治療を続けます。

急性リンパ性白血病では中枢神経に白血病細胞が残っていることが多いので、中枢神経を包んでいる髄液(ずいえき)の中に直接抗ガン剤を投与することがあります。

白血病の再発のリスクが高いと思われる方には骨髄移植を行い、再発のリスクが低いと思われる方には薬物療法を続けるのが一般的です。

昔は白血病の骨髄移植という治療法はドナーの確保から、骨髄移植を行うまで、移植後も巨額の医療費が必要でした。

今では高額医療費制度による公的支援で一定の自己負担限度を超えた費用を払い戻ししてもらえます。

骨髄移植の必要がある方もしくは関係者の方はぜひとも骨髄バンクの闘病に役に立つ情報をご覧になってください。

白血病のまとめ

白血病(はっけつびょう)はガン化した白血球の芽球が正常の血液細胞のように分化せず、完全に成熟しない段階の白血球が無制限に増加し、赤血球や血小板などの正常な血液細胞が減少する血液のガンと呼ばれる疾患です。

かつては不治の病の代名詞のような疾患でしたが、現在では、早期に適切な治療を行うことによって、完全寛解(かんかい)や治癒することができます。

白血病は疾患の進行速度や悪性ガン化した細胞の分化段階で急性と慢性、白血病細胞の由来する血球細胞によって骨髄性とリンパ性の白血病にわけられます。

一般的に治療はまず数種類の抗ガン剤を組み合わせて投与する薬物療法を行い、骨髄の正常な造血能力を回復させます。

白血球の異常細胞が100分の1以下になって顕微鏡では見つからない状態になり、血球数が正常化する状態を完全寛解(かんかい)といいます。

治癒(ちゆ)ではないのは、顕微鏡で見つからなくても身体のどこかに白血球の異常細胞が残っている状態だからです。

完全寛解したからといって治療を中止してしまうと、身体の中にまだ残っている白血球の異常細胞が再び増殖を開始し、白血病は再発してしまいます。

したがって、完全寛解になったとしても、身体に残っている白血病細胞が完全になくなるように治療を続けます。

白血病の再発のリスクが高いと思われる方には骨髄移植を行い、再発のリスクが低いと思われる方には薬物療法を続けるのが一般的です。

昔は白血病の骨髄移植という治療法はドナーの確保から、骨髄移植を行うまで、移植後も巨額の医療費が必要でした。

今では高額医療費制度による公的支援で一定の自己負担限度を超えた費用を払い戻ししてもらえます。

なお、サプリメントとしてのグルコサミンはあくまでも、サプリメントですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ