健康食品・サプリメントの泉

低血糖症

「赤いろうそくと人魚」などの童話を書いた、明治から大正の小説家の小川未明(おがわみめい)は好きとなると矢も楯もたまらぬという性質でした。

小川未明は陶器と盆栽が好きでしたが、気に入ったものを見つけると、物を売ってでも買ってしまうのでした。

そのくせ、いったん飽きて、それが嫌いになると、苦心して手に入れたものを知人にただでやってしまうのでした。

急転直下ですね。

急転直下とは事態が急転して、解決や結末に向かうことですが、小川未明の家族はこんな結末は願い下げでしょうね。

損ばかりしていることになりますからね。

急転直下といえば、血糖値スパイクと呼ばれる血糖値の急上昇、急降下がある反応性低血糖症がありますね。

反応性低血糖症の場合は食事を小分けにするといった方法で低血糖が改善することが期待できます。

また、反応性低血糖症の原因の1つはインスリン抵抗性、つまりインスリンの効き目が低下することです。

そのインスリン抵抗性の原因は肥満と筋肉不足などです。

つまり、脂肪を減らして筋肉を増やせば、反応性低血糖症の症状が改善します。

脂肪を減らして筋肉を増やすためには、筋トレのあとにウオーキングなどの有酸素運動をすることがおすすめです。

低血糖症とは

低血糖症(ていけっとうしょう)とは血糖値が60~70㎎/㎗で自律神経症状や中枢神経症状がある疾患です。

低血糖症でなくても、緊急を要する疾患である可能性があるので、通常は血糖値が70㎎/㎗未満の場合は低血糖症に準じた処置をします。

なお、血糖とは血液に含まれるブドウ糖のことをさし、その血液中に含まれる量を表しているのが血糖値です。

食物からデンプンなどの糖質を摂取するとアミラーゼなどの消化酵素によって小腸でブドウ糖に分解・吸収され、血液中にとけ込みます。

血糖の量は食事をすると増えますが、膵臓(すいぞう)からインスリンが大量に分泌されるため、食後1〜2時間をピークにだんだん減っていきます。

食物から摂取したブドウ糖が血液中にとけ込んで全身に運ばれることで、エネルギー源として働き、私たちの筋肉、内臓、皮膚などの全身の細胞が動いて生命が維持される仕組みになっています。

低血糖症の原因

低血糖症の原因には次のようなものがあります。

低血糖症は糖尿病治療にともなう薬剤性低血糖が圧倒的です。

糖尿病治療剤の中には作用時間が長く、低血糖を起こしやすい薬剤がありますので注意が必要です。

低血糖症の症状

低血糖症の症状は自律神経症状と中枢神経症状の2つがあります。

自律神経症状は交感神経の症状で、低血糖時に分泌されるカテコールアミンなどによる症状である、発汗、動悸、手の震えなどの症状です。

中枢神経症状はブドウ糖欠乏による中枢神経系のエネルギー不足からくる症状です。

具体的には、血糖値が50㎎/㎗以下になると眠気、脱力、集中力低下などの症状が現れます。

さらに、血糖値が30㎎/㎗以下になると、痙攣(けいれん)や昏睡があり、対応が遅れると意識が戻らなくなってしまうことがあります。

高齢者や自律神経障害のある方、低血糖を繰り返している方や乳幼児では交感神経症状がでないでいきなり昏睡してしまう、無自覚低血糖を起こすこともあります。

低血糖症の治療

低血糖症の治療はまず、血糖値の速やかな回復を行います。

そして、その後、低血糖の原因となる疾患に対する治療、または再発防止のための治療を行います。

低血糖症の治療で血糖値の速やかな回復のためにはブドウ糖や砂糖、ジュースの摂取を行います。

意識障害がある場合や経口摂取ができない場合は、グルカゴンやブドウ糖を静脈注射するほか、ブドウ糖液を点滴します。

薬剤性低血糖の場合は薬剤の変更を行います。

インスリノーマの場合は手術療法を行います。

血糖値が急上昇するような食事を摂ることも、反応性低血糖症をもたらします。

血糖値が急上昇すると、膵臓(すいぞう)は血糖値を急いで下げようとしてインスリンを大量に分泌します。

その結果、逆に低血糖状態になります。

血糖値が急上昇するのは、例えば食物繊維を摂らずに糖質を摂ったり、単に急いで食べたりしたときです。

反応性低血糖の場合は食事を小分けにするといった方法で低血糖が改善することが期待できます。

上記のように低血糖症は一般に膵臓(すいぞう)の機能障害であることが多いので、食事制限を行います。

とくに甘いものは厳禁です。

また、反応性低血糖症の原因の1つはインスリン抵抗性、つまりインスリンの効き目が低下することです。

そのインスリン抵抗性の原因は肥満と筋肉不足などです。

つまり、脂肪を減らして筋肉を増やせば、反応性低血糖症の症状が改善します。

脂肪を減らして筋肉を増やすためには、筋トレのあとにウオーキングなどの有酸素運動をすることがおすすめです。

血糖値とは

前述のように、血糖とは血液に含まれるブドウ糖のことをさし、その血液中に含まれる量を表しているのが血糖値です。

体内のブドウ糖は細胞のエネルギー源として重要ですが、高濃度になりますと身体内のタンパク質メイラード反応を起こして結合します。

ブドウ糖とタンパク質が結びつくと糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症の微小血管障害などの身体に有害な障害をもたらします。

特定検診では空腹時血糖値の適正値は70〜109㎎/㎗であり、ヘモグロビンA1cの適正値も4.6〜6.1%です。

空腹時血糖値が100㎎/㎗を超えた場合やヘモグロビンA1c が5.0%以上になると生活習慣病のリスク要因となります。

つまり、ヘモグロビンA1cが6.5%以上の場合で、かつ空腹時血糖値が126㎎/㎗以上、常時血糖値として食後2時間後に200㎎/㎗以上が別の日の検査でもでた場合は生活習慣病である糖尿病と診断されます。

血糖値を下げることは生活習慣病である糖尿病の予防になりますが、そのためには毎日の生活習慣を変える必要があります。

生活習慣病は日常生活の中で適度な運動をする、食事の量や栄養のバランスをよくする、アルコールを節制する、睡眠を十分とる、禁煙をすることなどによって動脈硬化の予防することや血糖値や血圧を下げることから予防できます。

また、食物の食べる順番を変えて食事直後の血糖値の急上昇を抑えることや善玉菌(ぜんだまきん)であるビフィズス菌などの乳酸菌を摂取することも生活習慣病の予防には有効です。

食べる順番は、食物繊維がたくさん入った野菜を最初に食べ、つぎに肉や魚などのタンパク質を摂り、最後にご飯などの糖質を摂るようにすると食事直後の血糖値の急上昇を抑えることができます。

低血糖症のまとめ

低血糖症(ていけっとうしょう)とは血糖値が60~70㎎/㎗で自律神経症状や中枢神経症状がある疾患です。

低血糖症でなくても、緊急を要する疾患である可能性があるので、通常は血糖値が70㎎/㎗未満の場合は低血糖症に準じた処置をします。

低血糖症の症状は自律神経症状と中枢神経症状の2つがあります。

中枢神経症状はブドウ糖欠乏による中枢神経系のエネルギー不足からくる症状です。

具体的には、血糖値が50㎎/㎗以下になると眠気、脱力、集中力低下などの症状が現れます。

さらに、血糖値が30㎎/㎗以下になると、痙攣(けいれん)や昏睡があり、対応が遅れると意識が戻らなくなってしまうことがあります。

高齢者や自律神経障害のある方、低血糖を繰り返している方や乳幼児では交感神経症状がでないでいきなり昏睡してしまう、無自覚低血糖を起こすこともあります。

低血糖症の原因には次のようなものがあります。

低血糖症は糖尿病治療にともなう薬剤性低血糖が圧倒的です。

糖尿病治療剤の中には作用時間が長く、低血糖を起こしやすい薬剤がありますので注意が必要です。

低血糖症の症状は自律神経症状と中枢神経症状の2つがあります。

自律神経症状は交感神経の症状で、低血糖時に分泌されるカテコールアミンなどによる症状である、発汗、動悸、手の震えなどの症状です。

中枢神経症状はブドウ糖欠乏による中枢神経系のエネルギー不足からくる症状です。

具体的には、血糖値が50㎎/㎗以下になると眠気、脱力、集中力低下などの症状が現れます。

さらに、血糖値が30㎎/㎗以下になると、痙攣(けいれん)や昏睡があり、対応が遅れると意識が戻らなくなってしまうことがあります。

高齢者や自律神経障害のある方、低血糖を繰り返している方や乳幼児では交感神経症状がでないでいきなり昏睡してしまう、無自覚低血糖を起こすこともあります。

低血糖症の治療はまず、血糖値の速やかな回復を行います。

そして、その後、低血糖の原因となる疾患に対する治療、または再発防止のための治療を行います。

低血糖症の治療で血糖値の速やかな回復のためにはブドウ糖や砂糖、ジュースの摂取を行います。

意識障害がある場合や経口摂取ができない場合は、グルカゴンやブドウ糖を静脈注射するほか、ブドウ糖液を点滴します。

薬剤性低血糖の場合は薬剤の変更を行います。

インスリノーマの場合は手術療法を行います。

血糖値が急上昇するような食事を摂ることも、反応性低血糖症をもたらします。

血糖値が急上昇すると、膵臓(すいぞう)は血糖値を急いで下げようとしてインスリンを大量に分泌します。

その結果、逆に低血糖状態になります。

血糖値が急上昇するのは、例えば食物繊維を摂らずに糖質を摂ったり、単に急いで食べたりしたときです。

反応性低血糖の場合は食事を小分けにするといった方法で低血糖が改善することが期待できます。

上記のように低血糖症は一般に膵臓(すいぞう)の機能障害であることが多いので、食事制限を行います。

とくに甘いものは厳禁です。

また、反応性低血糖症の原因の1つはインスリン抵抗性、つまりインスリンの効き目が低下することです。

そのインスリン抵抗性の原因は肥満と筋肉不足などです。

つまり、脂肪を減らして筋肉を増やせば、反応性低血糖症の症状が改善します。

脂肪を減らして筋肉を増やすためには、筋トレのあとにウオーキングなどの有酸素運動をすることがおすすめです。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品であって、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ