健康食品・サプリメントの泉

敗血症

「ゲルニカ」などを描いた20世紀の画家ピカソは自分の絵や蒐集(しゅうしゅう)した貴重な絵を某銀行の金庫に預けていました。

ある時、新妻とそれを見に行くと、金庫の番人がいいました。

「他の人はいつも同じ奥さんを連れてくるが、あなたはいつもちがった奥さんをそれもだんだん若い奥さんを連れてきなさるね」

女房と畳は新しい方がよいとは日本のことわざですが、ピカソもそれを実践していたのですね。

でも、程度がありますよね。

歳の差がありすぎて、そもそも、話が合わないと思いますがね。

それに当時の医療の技術が現代よりも遅れていましたから、年を経って体力のないピカソはちょっとした手術から敗血症になる可能性もありましたね。

すると、莫大な遺産はその若い奥さんのものですか。

ああ、それが狙いか。

敗血症とは

敗血症(はいけつしょう)はペストなどの細菌感染症や傷が化膿したものなどから恒常的に細菌血液に入り込み全身の組織に不全や障害を起こす疾患です。

敗血症を放置したままにすると、細菌がだす毒素、エンドトキシンのため、高熱や呼吸困難、意識障害などを起こし、急速に全身状態が悪化します。

そのため、敗血症は感染が疑われSOFAが2点以上増加する場合は多臓器不全などによる生命の危険のある、一刻も早い治療が必要な疾患です。

なお、SOFA(Sequential Organ Failure Assessment)とは重要臓器の障害度を数値化した指数のことです。

SOFAは呼吸器、凝固系、肝機能、心血管系、中枢神経系、腎機能の6項目について、臓器障害の程度を0から4点の5段階で評価するものです。

敗血症の診断

敗血症を起こすと、悪寒・戦慄(ふるえ)をともなう発熱が大きな兆候ですが、重症の場合は逆に低体温になることもあります。

心拍数や呼吸数の増加もあり、血圧低下、意識障害から敗血症性ショックを起こす場合もあります。

また、重要臓器が障害されると呼吸不全・腎不全・肝不全と行った、いわゆるMODS(多臓器障害症候群)を併発することがあります。

高齢者糖尿病の方は自覚症状が乏しいこともありますので注意が必要です。

敗血症はふつうペストや炎症など他の疾患といっしょに発症します。

また、大腸のように普段から細菌がいる部位への手術を行った場合に、敗血症が起こることもあります。

経静脈カテーテル、尿路カテーテル、ドレナージ管、人工関節、人工心臓弁などの人工物を使用している場合も敗血症が起こりやすく、長く留置すするほどリスクが高くなります。

消毒していない注射針を使う麻薬常習者や、化学療法を受けているなどの理由で免役システムがうまく機能していない方もかかりやすくなります。

敗血症は細菌や毒素の種類、感染する方の免疫力などの条件によって左右されますので、細菌が血液中に入っても必ずしも敗血症が起こるとは限りません。

敗血症を起こす細菌にはブドウ球菌、連鎖球菌などのグラム陽性菌や大腸菌、緑膿菌、肺炎桿菌、プロテウス、ペスト菌などのグラム陰性菌があります。

敗血症の診断は血液を培養して細菌の検出により診断しますが、近年は多剤耐性のグラム陰性菌が多く出現して、敗血症性感染症が増加する傾向にあります。

敗血症の治療

敗血症の治療は薬物療法として強力な抗菌剤投与とともに、昇圧剤、補液、酸素投与などを行います。

呼吸不全・肝不全・腎不全を起こしている場合は人工呼吸、血液のろ過・透析、さらには血漿(けっしょう)交換などが必要になる場合があります。

DIC(Disseminated Intravascular Coagulation)、つまり、播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)を併発した場合はタンパク質分解酵素阻害剤やヘパリンを使用します。

また、短期間ですが、副腎皮質ホルモン剤が併用されることもあります。

敗血症は近年の医療技術の進歩によって、死亡率が改善しましたが、治療が遅れるとか合併症の程度によっては致命的になる疾患であることには変わりがありません。

敗血症は早期の診断と適切な抗菌剤の使用、各種合併症に対する治療が重要です。

敗血症のまとめ

敗血症(はいけつしょう)はペストなどの細菌感染症や傷が化膿したものなどから恒常的に細菌が血液に入り込み全身の組織に不全や障害を起こす疾患です。

敗血症を放置したままにすると、細菌がだす毒素、エンドトキシンのため、高熱や呼吸困難、意識障害などを起こし、急速に全身状態が悪化します。

敗血症の治療は薬物療法として強力な抗菌剤投与とともに、昇圧剤、補液、酸素投与などを行います。

呼吸不全・肝不全・腎不全を起こしている場合は人工呼吸、血液のろ過・透析、さらには血漿(けっしょう)交換などが必要になる場合があります。

DIC(Disseminated Intravascular Coagulation)、つまり、播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)を併発した場合はタンパク質分解酵素阻害剤やヘパリンを使用します。

また、短期間ですが、副腎皮質ホルモン剤が併用されることもあります。

敗血症は近年の医療技術の進歩によって、死亡率が改善しましたが、治療が遅れるとか合併症の程度によっては致命的になる疾患であることには変わりがありません。

敗血症は早期の診断と適切な抗菌剤の使用、各種合併症に対する治療が重要です。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ