健康食品・サプリメントの泉

アリチアミン

「狭き門」などを書いた19世紀後半のフランスの小説家アンドレ・ジッドが「ドリアン・グレイの肖像」などを書いたアイルランドの小説家オスカー・ワイルドにいいました。

「君の作品はもっと良くなるはずだ。君はいちばんいいことはしゃべってしまう。なぜそれを書かないんだ?」

すると、ワイルドは「僕は自分の天才を生活の方にそそぐんだ。作品には才能しか使わないんだ」と答えました。

天才とは生まれつき備わっている優れた才能、または人間のことです。

つまり、ワイルドは天与の優れた才能を生活の方に使い、作品には優れていない才能を使ったわけですね。

天与の優れた才能があるのに、ぜいたくですね。

でも、かっこいいです。

私も一度はそんなことばをいってみたいですね。

そんな天与の優れた才能にもめぐまれたワイルドは47歳で死亡しています。

ワイルドは生活も乱れていて、19世紀後半の退廃的・耽美的小説家の代表みたいにいわれていますからね。

ワイルドにアリチアミンのことを説明しても「ふん」の一言でしょうね。

アリチアミンとは

アリチアミンアリシンビタミンB1が結合した化合物で、体内でビタミンB1と同じ働きをします。

しかも、アリチアミンはチアミナーゼというビタミンB1分解酵素で分解されにくく、ビタミンB1よりも長時間身体にとどまり、さらに身体に吸収されやすくなっています。

アリチアミンの生成

アリシンはにんにくやタマネギなどの細胞が傷つけられたとき、細胞のアリインアリナーゼという酵素の作用で酸化されてできる有機硫黄化合物です。

一方、ビタミンB1は糖分や脂肪などの代謝に使われ、重労働をしている場合や疾患にかかっている場合に多量に必要になるビタミンです。

アリシンはにんにく特有の臭気のもとにもなっていますが、豚肉などの食材に含まれるビタミンB1と結びついて体内に吸収しやすいアリチアミンに変わります。

つまり、豚肉とにんにくを一緒に調理して食べるとアリチアミンを摂取することができます。

なお、にんにくの臭いを消臭するにはにんにくを食べたあとに牛乳を飲むことがおすすめです。

牛乳のタンパク質のカゼインが臭いを消臭することや腸内にバリヤーを張って臭いのもとを吸収しにくくするという作用によりにんにくの臭いを消す効能が期待できます。

とくに、寝る前に牛乳を飲むことがおすすめです。

アリチアミンの効能

アリチアミンはビタミンB1と同じ働きをしますので、ブドウ糖からのエネルギー代謝に効能が期待できます。

血液中のブドウ糖の代謝が向上しますので、疲労回復・新陳代謝の活性化の効能が期待できます。

また、新陳代謝の活性化により血液中の脂肪の燃焼を促進させ、LDLコレステロール値を下げる効能が期待できます。

さらに血栓がつくられるのを防ぎ、狭心症心筋梗塞(しんきんこうそく)、脳梗塞(のうこうそく)を予防する、免疫力をあげてインフルエンザ風邪の予防や改善、抗ガン作用などの効能も期待できます。

アリチアミンのまとめ

アリチアミンはアリシンと豚肉などに含まれるビタミンB1が結合した化合物で、体内でビタミンB1と同じ働きをします。

しかも、アリチアミンはチアミナーゼというビタミンB1分解酵素で分解されにくく、ビタミンB1よりも長時間身体にとどまり、さらに身体に吸収されやすくなっています。

アリチアミンはビタミンB1と同じ働きをしますので、ブドウ糖からのエネルギー代謝に効能が期待できます。

血液中のブドウ糖の代謝が向上しますので、疲労回復、新陳代謝の活性化の効能が期待できます。

また、新陳代謝の活性化により血液中の脂肪の燃焼を促進させ、LDLコレステロール値を下げる効能が期待できます。

さらに、血栓がつくられるのを防ぎ狭心症、心筋梗塞(しんきんこうそく)、脳梗塞(のうこうそく)を予防する、免疫力をあげてインフルエンザ・風邪の予防や改善、抗ガン作用などの効能も期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ