健康食品・サプリメントの泉

黄体

古代ギリシャの哲学者プラトンはイタリアのシチリア島のシラクサの僭主デュオニュシオスにヘリコンという男を紹介しました。

その紹介状に「この男はたいへん実直な男でございます」と書きました。

しかし、追伸として「ただし、人間というものは変わりやすい動物でございます」と書きました。

人間というものは変わりやすい動物ですか。

後の責任を逃れることができる模範的な紹介状ですね。

変わりやすいといえば、失礼ながら女性もそうですね。

黄体ホルモンのプロゲステロンの強い日、つまり、生理の日などでは男性はいつも困っています。

黄体とは

黄体(おうたい)とは排卵のあと卵巣の卵胞の壁が変化して形成される黄色の一時的な組織塊です。

成熟した卵胞が破裂して排卵が起こると、卵胞の中は血液でいっぱいになり、赤体(せきたい)になります。

この血液はすぐに吸収され、卵胞をとり囲んでいた内卵胞膜(ないらんほうまく)細胞と卵胞内に充満していた顆粒膜(かりゅうまく)細胞が増殖して黄体をつくります。

ほぼ1か月に1回の頻度で黄体が形成されますが、妊娠が成立しなければ約2週間後に退行萎縮します。

退行萎縮した黄体は繊維素が黄体細胞のあとを埋めて白体(はくたい)になります。

白体はやがて完全に消失しますが、その後、次の排卵が起こり、黄体が新たに形成されます。

黄体の働き

黄体は黄色の顆粒状の色素、ルテインを含む細胞で満たされていて、プロゲステロンを分泌し、発情周期を調節しています。

妊娠が成立すると、個々の黄体細胞が特別に肥大するので、黄体は全体として大きくなって妊娠黄体になります。

妊娠黄体は妊娠維持に必要なホルモンのプロゲステロンをさらに大量に分泌します。

黄体は妊娠の末期やまたは妊娠が成立しない場合は次の排卵までに急速に退化し始めます。

プロゲステロン

プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンで、体内の水分を保持して、食欲を増進させ、妊娠させることや妊娠を継続させる働きがあります。

また、プロゲステロンには身体の体温を高める作用があります。排卵後に基礎体温が上昇し、高温期ができるのはプロゲステロンが分泌されるからです。

プロゲステロンは高温期を安定させる大切な働きを担っていますが、安定した高温期があることで精子と卵子による受精が行われ、妊娠することができます。

しかし、ストレスや栄養の偏りなどにより、卵巣機能が低下すると、黄体形成に悪影響がでるようになります。

黄体機能が低下すると、プロゲステロンが安定的に分泌できなくなり、その影響で高温期を維持できなくなります。

安定した高温期がないと受精が行われず、不妊症の大きな原因となります。

黄体のまとめ

黄体(おうたい)とは排卵のあと卵巣の卵胞の壁が変化して形成される黄色の一時的な組織塊です。

黄体は黄色の顆粒状の色素、ルテインを含む細胞で満たされていて、黄体ホルモンであるプロゲステロンを分泌し、発情周期を調節しています。

妊娠が成立すると、個々の黄体細胞が特別に肥大するので、黄体は全体として大きくなって妊娠黄体になります。

妊娠黄体は妊娠維持に必要なホルモンのプロゲステロンをさらに大量に分泌します。

プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンで、体内の水分を保持して、食欲を増進させ、妊娠させることや妊娠を継続させる働きがあります。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素を含むサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ