健康食品・サプリメントの泉

カロテン

紀元前1世紀ごろの古代ローマの政治家のマルクス・トゥッリウス・キケロは長年つれそった妻を離婚して、金持ちの若い妻をもらいました。

そして、キケロは「前の妻は自分をかまってくれず、浪費家で借金までしたからだ」といいました。

前の妻は「若い女にうつつをぬかして……」といいました。

キケロの奴隷は「借金を返すためですよ」といいました。

三者三様ですね。

しかし、立場が違えば、いうことが違うのは当然です。

キケロといえば古代ローマ最高の雄弁家として有名ですが、女性を見る目はあったのでしょうか。

といえば、目に良いというカロテンは必要な量だけビタミンAに変換されますので、ビタミンAの過剰症の心配がありません。

カロテンとは

カロテンはカロチンともいい、カロテノイドの一種で、炭素と水素からなる、赤橙色の色素です。

カロテンは植物ではニンジンやカボチャ、トマトなどに、動物では脂肪、卵黄、羽毛、貝殻などに見られます。

トマトに含まれるリコピンもカロテンの一種です。

カロテンは光合成では葉緑素キサントフィルに並んで重要な色素です。

カロテンにはα(アルファ)-カロテン、β(ベータ)-カロテン、γ(ガンマ)-カロテンの異性体があります。

しかし、変換の効率に違いがありますが、いずれも体内でビタミンAに変換されます。

カロテンの働き

β-カロテンカロテンの中でも天然にもっとも多いカロテンです。

β-カロテンは体内に摂取されると、ビタミンAに変換されますが、ビタミンAが不足した場合に必要な量だけビタミンAに変換されます。

β-カロテンはビタミンAとして目の暗順応の改善や、夜盲症の予防、インフルエンザ風邪の予防、「肌荒れ」「乾燥肌」を防止する、シミ・シワの予防、ニキビ対策としての効能が期待できます。

ビタミンAの過剰摂取は副作用の可能性があり、とくに妊婦の方の場合、胎児に悪影響を及ぼす恐れがありますので、継続しての過剰摂取は控えなければなりません。

しかし、β-カロテンの場合、体内でビタミンAに変換されますが、必要に応じてのみ転換されるので、ビタミンAの過剰摂取の問題を心配する必要がありません。

β-カロテンは活性酸素や過酸化脂質を除去して、細胞を活性化する作用があり、ガンや老化防止(アンチエイジング)に効能が期待できます。

β-カロテンは紫外線によって発生した活性酸素を抗酸化作用によって無害化して、シミやソバカスの原因となるメラニンの発生を抑制する効能が期待できます。

また、β-カロテンには抗酸化作用があることから、血液中の悪玉といわれるLDLコレステロール血管内でたまって酸化するのを防ぐ働きもあり、動脈硬化の予防、狭心症脳梗塞(のうこうそく)・心筋梗塞(しんきんこうそく)の予防の効能が期待できます。

カロテノイド

カロテノイドはカロチノイドともいい、黄色や橙色、赤色、紫色などの天然色素で動植物に広くみられる色素です。

カロテノイドは植物ではケールやホウレン草、ニンジン、トマト、柿などの緑黄色野菜や果実などにβ-カロテンやリコピンなどのカロテンやルテインなどのキサントフィルとして多く含まれています。

魚介類ではカニやエビ、サケ、イクラなどにアスタキサンチンというカロテノイドとして多く含まれています。

カロテノイドの働きはβ-カロテンとほぼ同じです。

しかし、魚介類に含まれるアスタキサンチンは近年の研究で非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の予防や抑制など、肝臓病などに効能が期待できるとわかってきました。

カロテンのまとめ

カロテンはカロチンともいい、カロテノイドの一種で、炭素と水素からなる、赤橙色の色素です。

カロテンは植物ではニンジンやカボチャ、トマトなどに、動物では脂肪、卵黄、羽毛、貝殻などに見られます。

カロテンは光合成では葉緑素、キサントフィルに並んで重要な色素です。

トマトに含まれるリコピンもカロテンの一種です。

カロテンにはα(アルファ)-カロテン、β(ベータ)-カロテン、γ(ガンマ)-カロテンの異性体があります。

しかし、変換の効率に違いがありますが、いずれも体内でビタミンAに変換されます。

β-カロテンはカロテンの中でも天然にもっとも多いカロテンです

β-カロテンは体内に摂取されると、ビタミンAに変換されますが、ビタミンAが不足した場合に必要な量だけビタミンAに変換されます。

β-カロテンはビタミンAとして目の暗順応の改善や、夜盲症の予防、インフルエンザや風邪の予防、「肌荒れ」「乾燥肌」を防止する、シミ・シワの予防、ニキビ対策としての効能が期待できます。

ビタミンAの過剰摂取は副作用の可能性があり、とくに妊婦の方の場合、胎児に悪影響を及ぼす恐れがありますので、継続しての過剰摂取は控えなければなりません。

しかし、β-カロテンの場合、体内でビタミンAに変換されますが、必要に応じてのみ転換されるので、ビタミンAの過剰摂取の問題を心配する必要がありません。

β-カロテンは活性酸素や過酸化脂質を除去して、細胞を活性化する作用があり、ガンや老化防止(アンチエイジング)に効能が期待できます。

β-カロテンは紫外線によって発生した活性酸素を抗酸化作用によって無害化して、シミやソバカスの原因となるメラニンの発生を抑制する効能が期待できます。

また、β-カロテンには抗酸化作用があることから、血液中の悪玉といわれるLDLコレステロールが血管内でたまって酸化するのを防ぐ働きもあり、動脈硬化の予防、脳梗塞(のうこうそく)・心筋梗塞(しんきんこうそく)の予防の効能が期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ