健康食品・サプリメントの泉

花粉症

「土と兵隊」などを書いた昭和の小説家、火野葦平(ひのあしへい)と長谷健(はせけん)がある夜、池上のおでん屋で飲んでいますと、地回りのヤクザにからまれました。

すると長谷は火野をさし、「兄ちゃんいうとくがね、こちらの旦那が柔道8段、僕が6段、あわせて14段だから、そのつもりでからみなさいよ」といいました。

ヤクザは逃げだしたそうです。

火野葦平と長谷健の2人はよっぽど強面(こわもて)に見えたのでしょうか?

それとも、世は宣伝時代で、いったもん勝ちでしょうか?

ところで、花粉症はちゃんと医師などの専門家によるアレルゲンの判定をしないと対策ができません。

CMにつられて市販の薬剤やサプリメントで対策するととんでもないことになるかも知れませんのでご注意を。

花粉症とは

花粉症はおもにスギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のかゆみなど鼻の粘膜や目の粘膜にアレルギー症状を起こす疾患です。

花粉症は季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれていて、原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。

そのため、冬を除く春、夏、秋に発症することが多い疾患です。

花粉症は日本人の約25%がかかっているといわれている疾患ですが、花粉症を引き起こす植物には、春のスギや秋のセイタカアワダチソウなどがよく知られています。

なお、夏の花粉症を引き起こす植物はイネ科の植物のカモガヤやハルガヤ、キク科の植物のブタクサ、ヨモギなどです。

花粉症の原因

花粉症の原因は本来、人体には無害である花粉が有害と認識されてしまうことにあります。

花粉が有害と認識されますと、アレルゲン、つまり抗原の情報が血液白血球マクロファージ(大食細胞)からT細胞そしてB細胞へと伝わり、免疫グロブリンEの抗体のIgE抗体がつくられます。

肥満細胞に結合したIgE抗体とアレルゲンが反応するとヒスタミンなどの化学物質が放出され、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの花粉症の諸症状を引き起こします。

花粉症の対策

花粉症になった場合や花粉症にならないためにも生活環境に花粉を持ち込まないことが大切です。

外出時には帽子、メガネ、マスク、手袋はもちろん、服装もセーターなどの花粉が付きやすい服装は避けます。

仕事場や自宅へ入る前には必ず帽子や着衣のホコリ、花粉を粘着ローラーなどで落とし、マスクを袋に入れて廃棄し、メガネも消毒用アルコール入りのティッシュなどで拭きます。

花粉症のくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの諸症状の軽減は専門の医師と相談したほうが無難です。

アレルゲン物質を判定しないで、自分の判断で食物やサプリメントを摂取すると、かえって症状が重くなることがありますので、注意が必要です。

花粉症の予防としてはアントシアニンルテインを含む食物を食べることや凍頂ウーロン茶などのウーロン茶を含むお茶を飲むことも効能が期待できます。

花粉症のまとめ

花粉症はおもにスギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど鼻の粘膜や目の粘膜にアレルギー症状を起こす疾患です。

花粉症は季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれていて、原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状があります。そのため、冬を除く春、夏、秋に発症することが多い疾患です。

花粉症になった場合や花粉症にならないためにも生活環境に花粉を持ち込まないことが大切です。

外出時には帽子、メガネ、マスク、手袋はもちろん、服装もセーターなどの花粉が付きやすい服装は避けます。

仕事場や自宅へ入る前には必ず帽子や着衣のホコリ、花粉を粘着ローラーなどで落とし、マスクを袋に入れて廃棄し、メガネも消毒用アルコール入りのティッシュなどで拭きます。

花粉症のくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの諸症状の軽減は専門の医師と相談したほうが無難です。

アレルゲン、つまり抗原を判定しないで、自分の判断で食物やサプリメントを摂取すると、かえって症状が重くなることがありますので、注意が必要です。

花粉症の予防としてはアントシアニンやルテインを含む食物を食べることや凍頂ウーロン茶などのウーロン茶を含むお茶を飲むことも効能が期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素を含むサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ