健康食品・サプリメントの泉

タンパク質

正岡昇(まさおかのぼる)は肺結核になって喀血(かっけつ)するので「鳴いて血を吐く子規(ホトトギス)」としゃれて子規という号をつけました。

これが明治の俳人、正岡子規(まさおかしき)の号の由来です。

ところで、正岡子規のいとこの藤野潔(ふじのきよし)は藤野古白(ふじのこはく)と号をつけましたが、口の悪い子規は「古くて白いのは褌(ふんどし)だな」といったそうです。

自分はいい格好をして、他人はけなすとはあまりいい趣味ではありません。

でも、いとこ同士ですし、俳人としては藤野古白よりも正岡子規のほうが有名ですからまあいいのでしょうね。

正岡子規は肺結核でした。

肺結核はぜいたく病ともいわれ、肉や魚、卵などのタンパク質をたくさん摂らないとなかなか治らなかったそうですね。

タンパク質とは

タンパク質糖質脂質とともに三大栄養素といわれ、アミノ酸がたくさん鎖状に結合してできている高分子化合物です。

タンパク質は身体の筋肉、胃や腸や肝臓などの臓器、血液、酵素、毛髪皮膚などの大部分を構成している、生きるためにとても重要な成分です。

タンパク質の合成

食物に含まれるタンパク質膵臓(すいぞう)などの消化器から分泌される胃液膵液(すいえき)などの消化液に含まれるプロテアーゼであるトリプシンなどの消化酵素によって消化され、アミノ酸にまで分解されます。

また、身体をつくっているタンパク質の一部は、タンパク質として再利用するために毎日、白血球マクロファージ(大食細胞)や酵素などによってアミノ酸まで分解されています。

アミノ酸まで分解された身体のタンパク質は食物のタンパク質を分解したアミノ酸とともに肝臓や皮膚などでコラーゲンなどに再合成されています。

タンパク質の補給

身体をつくっているタンパク質の材料には、身体の中でつくることができないトリプトファンなどの必須アミノ酸もあるため、食物からタンパク質を補給しなくてはなりません。

必須アミノ酸を含むタンパク質は肉や魚、卵、牛乳やチーズヨーグルトなどの乳製品、大豆などの豆類に豊富に含まれています。

タンパク質の合成には、補酵素としてのビタミンミネラルも必要です。

肉や魚などだけではなく、野菜や果物もバランス良くたべることがタンパク質の合成に重要です。

無理なダイエットなどでタンパク質が不足すると、栄養失調になり、筋力の低下、「肌荒れ」、抜け毛、免疫機能の低下、ホルモンのバランス異常、脱力感、思考力や集中力の低下などの症状が起きます。

タンパク質のまとめ

タンパク質は糖質、脂質とともに三大栄養素といわれ、アミノ酸がたくさん鎖状に結合してできている高分子化合物です。

タンパク質は身体の筋肉、臓器、血液、酵素、毛髪、皮膚などの大部分を構成している、生きるためにとても重要な成分です。

身体をつくっているタンパク質の材料には、身体の中でつくることができないトリプトファンなどの必須アミノ酸もあるため、食物からタンパク質を補給しなくてはなりません。

必須アミノ酸を含むタンパク質は肉や魚、卵、牛乳やチーズ・ヨーグルトなどの乳製品、大豆などの豆類に豊富に含まれています。

タンパク質の合成には、補酵素としてのビタミンやミネラルも必要です。

肉や魚などだけではなく、野菜や果物もバランス良くたべることがタンパク質の合成に重要です。

無理なダイエットなどでタンパク質が不足すると、栄養失調になり、筋力の低下、「肌荒れ」、抜け毛、免疫機能の低下、ホルモンのバランス異常、脱力感、思考力や集中力の低下などの症状が起きます。

なお、健康食品やサプリメントとしての酵素を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ