健康食品・サプリメントの泉

ノネナール

現在の千葉県にあたる上総(かずさ)の国の神子上典膳(みこがみてんぜん)は剣術の名人といわれた伊藤一刀斎(いとういっとうさい)に剣術を学ぶために弟子入りしました。

ところが伊藤一刀斎はさっぱり剣術を教えてくれず、ただ折りさえあれば、神子上典膳をポカリとなぐりました。

そのうちに神子上典膳も心得て、なかなかなぐられる機会を与えないようになりました。

すると伊藤一刀斎は神子上典膳を呼んで「このごろは大変上達してスキが無くなった」とほめました。

神子上典膳が喜んで頭を下げると、伊藤一刀斎はすかさずポカリとやって「まだまだ」といったそうです。

そういうスキもあるのですね。

ノネナールはどうでしょう。

放っておいたら、でまくりますから、スキを見せるとやはりダメでしょうね。

ノネナールとは

ノネナールとはロウソク・チーズ・古本のような臭いの脂肪臭のように油臭くてキュウリのような青臭い臭いがするアルデヒド類の物質です。

ノネナールは熟成したビールやソバの重要な臭いの成分でもありますが、人間では加齢とともに増加することが多いため加齢臭といわれる臭いのもととなっています。

ノネナールは40歳以降の男性や閉経後の女性がとくに増加する物質で高齢者特有の臭いのもとの物質でもあります。

ノネナールの発生

ノネナール発生の原因となる物質の1つは皮膚から分泌される9-ヘキサデセン酸という脂肪酸です。

9-ヘキサデセン酸自体に臭いはありませんが、皮膚などの常在細菌によって分解されるとノネナールを生成します。

また、ノネナールはアルデヒド類ですので、酒を飲んだとき体内でアルコール肝臓で酵素によって分解されて生成されたアセトアルデヒドもノネナールの原料になっています。

タバコを吸う方はタバコを吸わない方にくらべてノネナールの発生が強くなる傾向がありますが、このメカニズムについてはまだわかっていません。

ノネナールの抑制

年をとるにしたがって運動量が減り、基礎代謝量も減るため、若いころと同じような食事をしていると脂肪組織の脂肪細胞中性脂肪をためこんで体脂肪が増えていきます。

また、年をとるとアルコールを飲む習慣ができ、毎日のようにアルコールと脂肪をたっぷり含んだ食事をするようになることもあります。

血液中の中性脂肪は肝臓と脂肪細胞から供給されますので、こういった生活習慣が続くと、脂質異常症などのメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になりやすくなります。

したがって、ノネナールの抑制には、ノネナールの原料となるアルコール類、アルデヒド類、脂肪酸を減少させることが重要です。

そのため、食生活の見直しを行い、酒をほどほどに、肉や動物性の脂肪の摂取を抑制する、禁煙するなどのいわゆる生活習慣病の予防の対策が考えられます。

ところで、肝臓から分泌される胆汁には脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解するリパーゼという消化酵素があります。

ところが、動物性の脂肪と一緒に植物性の油を摂取すると、リパーゼによる動物性の脂肪の分解・吸収が抑制され、かつ、植物性の油の分解・吸収率も低いため、結果的に脂肪の吸収が抑制され、脂肪酸の産生が減ることになります。

一方で皮膚の常在細菌による9-ヘキサデセン酸の分解を抑制してノネナールの生成を抑制するには酸化還元剤と抗菌剤が入ったボディーシャンプーで朝晩身体を洗うことが有効です。

さらに機能性香料やミョウバン溶液を使えば腋臭(わきが)対策にも有効となります。

なお、ミョウバン溶液は自分でつくることもできますが、濃度が濃すぎますと「肌荒れ」の原因になりますので、十分薄めてお使いください。

でてしまった9-ヘキサデセン酸の対策も重要です。

とくに下着類に汗などとともに付着した9-ヘキサデセン酸は絶好の細菌の増殖場となり、時間が経つにつれて、強烈な加齢臭を放つようになります。

したがって、朝晩のボディーシャンプーのあと衣類を洗濯した新しいものに変えることが重要なノネナール対策となります。

ノネナールのまとめ

ノネナールとはロウソク・チーズ・古本のような臭いの脂肪臭のように油臭くてキュウリのような青臭い臭いがするアルデヒド類の物質です。

ノネナールは熟成したビールやソバの重要な臭いの成分でもありますが、人間では加齢とともに増加するため加齢臭といわれる臭いのもととなっています。

ノネナールは40歳以降の男性や閉経後の女性がとくに増加する物質で高齢者特有の臭いのもとの物質でもあります。

ノネナール発生の原因となる物質の1つは皮膚から分泌される9-ヘキサデセン酸という脂肪酸です。

9-ヘキサデセン酸自体に臭いはありませんが、皮膚などの細菌によって分解されるとノネナールを生成します。

また、ノネナールはアルデヒド類ですので、酒を飲んだとき体内でアルコールが肝臓で酵素によって分解されて生成されたアセトアルデヒドもノネナールの原料になっています。

ノネナールの抑制には、ノネナールの原料となるアルコール類、アルデヒド類、脂肪酸を減少させることが重要です。

そのため、食生活の見直しを行い、酒をほどほどに、肉や動物性の脂肪の摂取を抑制する、禁煙するなどのいわゆる生活習慣病の予防の対策が考えられます。

一方で皮膚の常在細菌による9-ヘキサデセン酸の分解を抑制してノネナールの生成を抑制するには酸化還元剤と抗菌剤が入ったボディーシャンプーで朝晩身体を洗うことが有効です。

さらに機能性香料やミョウバン溶液を使えば腋臭(わきが)対策にも有効となります。

でてしまった9-ヘキサデセン酸の対策も重要です。

とくに下着類に汗などとともに付着した9-ヘキサデセン酸は絶好の細菌の増殖場となり、時間が経つにつれて、強烈な加齢臭を放つようになります。

したがって、朝晩のボディーシャンプーのあと衣類を洗濯した新しいものに変えることが重要なノネナール対策となります。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ