健康食品・サプリメントの泉

尿酸

ピエール・ボナールは19世紀から20世紀にかけて活躍したフランスの画家です。

ある時ボナールの画室に客が来て、ボナールの静物画を所望して40万フランの値をつけました。

しかし、ボナールが「ノン」というので、客はきりなしに値を上げましたが、ダメでした。

客は「いくらでもだします。一体いくらならよいのですか」と尋ねました。

ボナールは「10万フランですよ」と答えました。

いやあ、最初に提示された値段の4分の1ですか。

ボナールは無欲の人物だったのですね。

ボナールは節制していて尿酸値も低く、痛風とは無縁の人物であったのでしょうね。

尿酸とは

尿酸(にょうさん)は細胞の核酸を構成するプリン体の代謝産物で、尿として体外に排泄されます。

血液中の尿酸が過剰になると、関節軟骨などに尿酸とナトリウムの塩の結晶が沈着して痛風になります。

尿酸の生成

尿酸は細胞の新陳代謝やATP(アデノシン三リン酸)の分解などの結果、体内にあるプリン体を原料にしてつくられます。

また、尿酸というとビールやレバーなど食物に含まれているプリン体を気にする方がよくあります。

しかし、実は食物から身体に取り込まれるプリン体からつくられる尿酸は全体の約20%ほどです。

残りの約80%の尿酸は体内にあるプリン体を原料にしてつくられています。。

痛風とは

痛風はおもに関節、とくに初期は足の親指の付け根などの関節が腫れ上がって激しく痛む疾患です。

痛風を発症する年齢層は30~50代が多く、大人の20%以上が痛風になっているともいわれています。

痛風を発症した方の40~70%は同時に脂質異常症も発症していて、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が元になっていることが多いのが痛風の特徴です。

痛風は発症する前に高尿酸血症という血液中の尿酸値が高い状態が長く続きます。

そして、高尿酸血症を放置したままにしておくと、ある日突然、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛みだす痛風発作が起こります。

痛風発作の痛みは、抗炎症剤などを使うと、7~10日ほどで次第に治まっていき、そのうちにまったく症状がなくなってしまいます。

痛風はこれで治ったわけではなく、治療をせずにそのまま放置すると、たいていは1年以内に再発します。

痛風は再発する難治性のやっかいな疾患であるばかりか、関節症や循環器系の疾患まで併発することがあります。

痛風は痛風発作中の関節の中に尿酸ナトリウムの結晶があることを証明することで診断を確定することができますが、症状や通常の検査結果でも十分に診断が可能です。

痛風の治療剤には、痛風の発作を抑える、関節の炎症を抑える、尿酸の排泄を促進する、尿酸の生産を阻害する治療剤があります。

痛風の対策としては尿酸値を下げることが重要です。

そのためには、肥満の解消、ビールなどのアルコール飲料を控える、積極的な水分摂取、軽い運動、精神的なストレスの緩和などの対策が考えられます。

尿酸のまとめ

尿酸(にょうさん)は細胞の核酸を構成するプリン体の代謝産物で、尿として体外に排泄されます。

尿酸は細胞の新陳代謝やATP(アデノシン三リン酸)の分解などの結果、体内にあるプリン体を原料にしてつくられます。

また、尿酸というとビールやレバーなど食物に含まれているプリン体を気にする方がよくあります。

しかし、実は食物から身体に取り込まれるプリン体からつくられる尿酸は全体の約20%ほどです。

残りの約80%の尿酸は体内にあるプリン体を原料にしてつくられています。

血液中の尿酸が過剰になると、関節の軟骨などに尿酸とナトリウムの塩の結晶が沈着して痛風になります。

痛風の対策としては尿酸値を下げることが重要です。

そのためには、肥満の解消、ビールなどのアルコール飲料を控える、積極的な水分摂取、軽い運動、精神的なストレスの緩和などの対策が考えられます。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ