健康食品・サプリメントの泉

糖尿病

「タイムマシン」や「宇宙戦争」「モロー博士の島」などを書いたH・G・ウェルズは大頭でめったに合う帽子がありませんでした。

ある時ケンブリッジ市長に招かれた際に、まちがえて着て帰った帽子は実にぴったりでした。

H・G・ウェルズはケンブリッジ市長に手紙を書きました。

「先日まちがえて帰りました帽子は、あなたのご歓待の思い出に長く愛用させていただきます」

千載一遇でなく千載一帽というところでしょうか。

しかし、自分に合う帽子がめったにないからといって、他人のものをちゃっかり盗ってしまうのも盗られた人間から見ればひどい話ですね。

自分で探す努力をしろよといいたくなります。

糖尿病の臭いの場合はどうでしょう。

軽減できるのですから、努力してみてはいかがでしょう。

糖尿病とは

糖尿病(とうにょうびょう)とは血液中のブドウ糖濃度である血糖値が空腹時においても慢性的に異常に高い状態にあることです。

健康な方が食後に一時的に血糖値が上がることは別に問題はありません。

しかし、空腹時を含めて、常時血糖値が高い状態にあり、血液中のヘモグロビンA1cという指標成分が一定値を超えると糖尿病と診断されます。

ヘモグロビンA1cはHbA1cとも書かれることがありますが、糖尿病の指標となる糖タンパク質です。

高血糖状態が長く続くと、血管の中の余分なブドウ糖がメイラード反応により赤血球のタンパク質であるヘモグロビンと結合します。

このヘモグロビンとブドウ糖が結合した糖タンパク質がグリコヘモグロビンであり、ヘモグロビンA1cはグリコヘモグロビンの一種です。

ヘモグロビンA1cの値を知ることにより、過去1〜2か月間の平均的な血糖値を知ることができ、糖尿病の判定に使われます。

血液検査でのヘモグロビンA1cの適正値は4.6〜6.1%です。

空腹時の血糖の適正値は70〜109㎎/㎗ですが、ヘモグロビンA1cが6.5%以上で、空腹時血糖値が126㎎/㎗以上、常時血糖値が200㎎/㎗以上である場合に糖尿病と診断されます。

糖尿病によって高濃度の血糖が長く続くと血管内皮のエラスチンなどのタンパク質ブドウ糖メイラード反応により結合して血管内皮が劣化し、微小血管がゆっくりと壊れていきます。

すると、血液による体内細胞への酸素、栄養補給ができなくなり、腎臓(じんぞう)などの臓器に障害が起こって糖尿病の合併症が生じます。

糖尿病の合併症としては末梢神経障害、緑内障(りょくないしょう)、白内障(はくないしょう)の眼疾患、腎不全などの腎症があり、浮腫(むくみ)、しびれ、便秘、立ちくらみ、勃起不全、視力低下、乏尿、全身倦怠感を引き起こします。

さらに糖尿病の病状が進むと、緑内障や白内障の眼疾患から失明、内の血管の劣化から認知症、手足の皮膚などの壊死からの潰瘍(かいよう)のため手足の切断までしなければなくなります。

糖尿病の原因と治療

糖尿病は1型糖尿病と2型糖尿病に分類されます。

1型糖尿病は膵臓(すいぞう)インスリンが分泌されなくなるために生じる糖尿病で、10代の若年層で発症することが多く、生活習慣による、いわゆる生活習慣病で発症することが多い2型糖尿病と区別されます。

2型糖尿病は遺伝的要素もありますが、一般的に生活習慣病ともいわれ、膵臓(すいぞう)からのインスリンの分泌量が低下、またはインスリンに対する抵抗性が高くなって生じる糖尿病です。

糖尿病の初期の場合にはインスリンの分泌量が低下すると太った糖尿病、インスリンに対する抵抗性が高くなると痩せた糖尿病にとなって症状が現れます。

治療においては1型糖尿病の場合は、インスリンの皮下注射が一般的に行われます。

2型糖尿病の場合は食事療法と運動療法が行われ、不十分な場合は血糖降下剤の投与が行われます。

それでも血糖値が下がらない場合はインスリンの皮下注射が行われます。

糖尿病の消臭

糖尿病の方は独特の臭い、甘酸っぱい臭いがする方が多いのですが、この臭いは血液中に脂肪酸が増えることによるもので、一部が汗に含まれて出たり、尿から臭ったり、呼吸から排出されるときの口臭になったりします。

また、糖尿病の方は大量の発汗や排尿のため、のどが渇きますが、口の中の唾液(だえき)も減少します。

すると、殺菌作用のある唾液(だえき)が減少し、唾液(だえき)の中の糖質も上昇しています。

そして口の中の細菌が口の中のおもにタンパク質を発酵・分解して増殖します。

細菌が増殖しますと、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物がたくさん作られて口臭がします。

歯周病菌やミュータンス菌などが繁殖して歯垢(プラーク)をつくり、歯周病虫歯になります。

実際、糖尿病と歯周病には関係があって糖尿病の方は歯周病になりやすいという関係があります。

糖尿病による特有の臭いは糖尿病と歯周病の医師による治療を行うことによって根本的な対策を立てることができます。

しかし、個人でも糖尿病による尿や呼吸からの口臭や歯周病による口臭を軽減することはできます。

汗や尿による臭いは専用のシャンプーやボディーシャンプーを使って毎日シャワーをするかお風呂に入る、衣類を清潔にするということで軽減できます。

口臭は毎朝コップ1杯の水を飲む、毎食後歯みがきをする、毎朝舌みがきをする、毎食後マウスウォッシュをする、毎食後専用のうがい液でうがいをするとよいでしょう。

糖尿病のまとめ

糖尿病(とうにょうびょう)とは血液中のブドウ糖濃度である血糖値が空腹時においても慢性的に異常に高い状態にあることです。

健康な方が食後に一時的に血糖値が上がることは別に問題はありません。

血液中のブドウ糖濃度である血糖値が空腹時を含めて、常時血糖値が高い状態にあり、血液中のヘモグロビンA1cという指標成分が一定値を超えると糖尿病と診断されます。

血液検査でのヘモグロビンA1cの適正値は4.6〜6.1%です。

空腹時の血糖の適正値は70〜109㎎/㎗ですが、ヘモグロビンA1cが6.5%以上で、空腹時血糖値が126㎎/㎗以上、常時血糖値が200㎎/㎗以上である場合に糖尿病と診断されます。

糖尿病によって高濃度の血糖が長く続くと血管内皮が劣化し、微小血管がゆっくりと壊れていきます。

すると、血液による体内細胞への酸素、栄養補給ができなくなり、目、腎臓(じんぞう)などの臓器に障害が起こって糖尿病の合併症が生じます。

糖尿病の合併症としては末梢神経障害、緑内障(りょくないしょう)、白内障(はくないしょう)の眼疾患、腎不全などの腎症があり、浮腫(むくみ)、しびれ、便秘、立ちくらみ、勃起不全、視力低下、乏尿、全身倦怠感を引き起こします。

さらに、糖尿病の病状が進むと、緑内障や白内障の眼疾患から失明、脳内の血管の劣化から認知症、手足の皮膚の壊死からの潰瘍(かいよう)のため手足の切断までしなければなくなります。

治療においては1型糖尿病の場合は、インスリンの皮下注射が一般的に行われます。

2型糖尿病の場合は食事療法と運動療法が行われ、不十分な場合は血糖降下剤の投与が行われます。それでも血糖値が下がらない場合はインスリンの皮下注射が行われます。

糖尿病による特有の臭いは糖尿病と歯周病の医師による治療を行うことによって根本的な対策を立てることができます。

しかし、個人でも糖尿病による尿や呼吸からの口臭や歯周病による口臭を軽減することはできます。

汗や尿による臭いは専用のシャンプーやボディーシャンプーを使って毎日シャワーをするかお風呂に入る、衣類を清潔にするということで軽減できます。

口臭は毎朝コップ1杯の水を飲む、毎食後歯みがきをする、毎朝舌みがきをする、毎食後マウスウォッシュをする、毎食後専用のうがい液でうがいをするとよいでしょう。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ