健康食品・サプリメントの泉

血糖値

19世紀のフランスの小説家ヴィクトル・ユゴーが「レ・ミゼラブル」を出版したときは、もう60歳で名声も確立していましたが、それでもこの新作の評判が気になりました。

そこでユゴーが出版社に打った電報は「?」の1文字でした。出版社からの返電も「!」の1文字でした。

つまり、ユゴーは出版社に「新作『レ・ミゼラブル』の売れ行きはどうか?」と電報で尋ねたところ、出版社は「驚異的売れ行きです!」と返事したわけです。

簡単でしかも要領がよくつかめていいですね。

それにひきかえ、血糖値は血液検査をしないといけませんし、血液検査の前日の夕食や血液検査当日の朝食は摂れませんので面倒ですね。

また、血液検査の結果、血糖値が適正値の範囲であっても本当に問題がないかどうか判断に苦しみますからね。

いえ、別に医学を信用していないわけではありませんが、自分のふだんの生活から考えると本当に大丈夫かなと思うだけですよね。

血糖値とは

血糖とは血液に含まれるブドウ糖のことをさし、その血液中に含まれる量を表しているのが血糖値(けっとうち)です。

血糖値は食物を摂取するたびに上がります。

食物からデンプンなどの糖質を摂取すると消化酵素によって小腸でブドウ糖に分解・吸収され、大量のブドウ糖が体内に吸収されます。

食物から摂ったブドウ糖が血液中にとけ込んで全身に運ばれることで、エネルギー源として働き、私たちの筋肉、内臓、皮膚などの全身の細胞が動いて生命が維持される仕組みになっています。

この血液中のブドウ糖は血糖と呼ばれていますが、血糖の量は食事をすると増え、膵臓(すいぞう)からインスリンというホルモンが大量に分泌されるため、食後1〜2時間をピークにだんだん減っていきます。

インスリンは脂肪組織における糖の取り込みと利用促進、脂肪の合成促進・分解抑制などの働きがあり、血液中のブドウ糖の濃度を抑制し、血液中のブドウ糖を中性脂肪に変えて脂肪細胞に蓄える働きもあります。

したがって、血液中のブドウ糖濃度が高くなりますと、インスリンが大量に分泌されて中性脂肪が脂肪細胞に蓄積されます。

中性脂肪は内臓脂肪や皮下脂肪となり体脂肪が増えて、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になりやすくなります。

また、体内のブドウ糖は細胞のエネルギー源として重要ですが、高濃度になりますと生体内のタンパク質メイラード反応を起こして結合します。

ブドウ糖とタンパク質が結びつくと糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症の微小血管障害などの生体に有害な障害をもたらします。

血糖値の意味

血糖値は健康診断や特定検診で行われる血液検査の項目になっています。

血糖値を調べるには9時間以上何も食べたり飲んだりしない場合の血糖値である空腹時血糖値をまず調べます。

そしてヘモグロビンA1c、つまりHbA1cから過去1〜2か月間の血糖状態がわかります。

特定検診の血液検査の空腹時血糖値の適正値は70〜109㎎/㎗ですが、100㎎/㎗を超えた場合やヘモグロビンA1cの適正値も4.6〜6.1%ですが5.2%以上になると生活習慣病のリスク要因となります。

また、ヘモグロビンA1cが6.5%以上で血糖値が空腹時に126㎎/㎗以上、食後2時間後に200㎎/㎗以上が別の日の検査でもでた場合は生活習慣病である糖尿病と診断されます。

血糖値を下げるには

血糖値を下げることは生活習慣病である糖尿病の予防になりますが、そのためには毎日の生活習慣を変える必要があります。

生活習慣病は細菌ウイルスなどの病原体ではなく、食生活の欧米化や飲酒、タバコ、睡眠不足など毎日の生活習慣の積み重ねによって引き起こされる疾患です。

生活習慣病には、糖尿病、脳梗塞(のうこうそく)、心不全心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性心疾患、脂質異常症高血圧肥満があります。

しかし、生活習慣病の多くは不健全な生活の積み重ねによってメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になり、引き起こされるものです。

生活習慣病は日常生活の中で適度な運動をする、食事の量や栄養のバランスをよくする、アルコールを節制する、睡眠を十分とる、禁煙をすることなどによって動脈硬化の予防をすることや血糖値や血圧を下げることから予防できます。

また、食物の食べる順番を変えて食事直後の血糖値の急上昇を抑えることや善玉菌(ぜんだまきん)であるビフィズス菌や乳酸菌を摂取することも生活習慣病の予防には有効です。

食べる順番は、食物繊維がたくさん入った野菜を最初に食べ、つぎに肉や魚などのタンパク質を摂り、最後にご飯などの糖質を摂るようにすると食事直後の血糖値の急上昇を抑えることができます。

血糖値のまとめ

血糖とは血液に含まれるブドウ糖のことをさし、その血液中に含まれる量を表しているのが血糖値(けっとうち)です。

食物から糖質を摂取すると消化酵素によって小腸でブドウ糖に分解・吸収され、血液中にとけ込みます。

血液中のブドウ糖は、血糖といい、血糖の量は食事をすると増えますが、膵臓(すいぞう)からインスリンというホルモンが大量に分泌されるため、食後1〜2時間をピークにだんだん減っていきます。

食物から摂ったブドウ糖が血液中にとけ込んで全身に運ばれることで、エネルギー源として働き、私たちの脳や筋肉、内臓、皮膚などの全身の細胞が動いて生命が維持される仕組みになっています。

体内のブドウ糖は細胞のエネルギー源として重要ですが、高濃度になりますと生体内のタンパク質とメイラード反応を起こして結合します。

ブドウ糖とタンパク質が結びつくと糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症の微小血管障害などの生体に有害な障害をもたらします。

特定検診では、空腹時血糖値の適正値は70〜109㎎/㎗ですが、100㎎/㎗を超えた場合やヘモグロビンA1cの適正値も4.6〜6.1%ですが5.0%以上になると生活習慣病のリスク要因となります。

また、ヘモグロビンA1cが6.5%以上の場合で血糖値が空腹時に126㎎/㎗以上、常時血糖値として食後2時間後に200㎎/㎗以上が別の日の検査でもでた場合は生活習慣病である糖尿病と診断されます。

血糖値を下げることは生活習慣病である糖尿病の予防になりますが、そのためには毎日の生活習慣を変える必要があります。

生活習慣病は日常生活の中で適度な運動をする、食事の量や栄養のバランスをよくする、アルコールを節制する、睡眠を十分とる、禁煙をすることなどによって動脈硬化の予防することや血糖値や血圧を下げることから予防できます。

また、食物の食べる順番を変えて食事直後の血糖値の急上昇を抑えることや善玉菌であるビフィズス菌などの乳酸菌を摂取することも生活習慣病の予防には有効です。

食べる順番は、食物繊維がたくさん入った野菜を最初に食べ、つぎに肉や魚などのタンパク質を摂り、最後にご飯などの糖質を摂るようにすると食事直後の血糖値の急上昇を抑えることができます。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ