健康食品・サプリメントの泉

歯周ポケット

古代ギリシャの哲学者セネカが妻のテレンティアを離別したと聞いて、知人のヒルティウスが「私の妹をもらってくれないか」と頼みました。

すると、セネカは「いや、もう私は2度と結婚しないつもりだ。なぜなら哲学と妻を同時に相手にはできないから」と答えました。

セネカの妻のテレンティアは良妻だったのかも知れませんね。

というのは、同じ古代ギリシャの哲学者のソクラテスは若者たちにしきりに結婚をすすめています。

ソクラテスは「良い妻を持てば幸せになれる。悪い妻を持てば私のように哲学者になれる」といったそうです。

ソクラテスのことば通りですと、セネカは哲学をしたいがために、良妻であるテレンティアを離別したことになりますね。

まあ、二兎追うものは一兎も得ず、のことわざがありますので、どちらか選ぶとしたら哲学だったのでしょうね。

ところで、歯周ポケットは歯周病の原因となります。

これは迷わず直しておかないといけませんよ。

歯周ポケットとは

歯周ポケットとは歯周病(ししゅうびょう)のために歯肉(しにく)、つまり歯茎(はぐき)と歯牙(しが)のあいだの隙間のポケット、つまり歯肉溝(しにくこう)が深くなったものをいいます。

歯周ポケットには歯肉をはじめ、歯周組織に慢性の炎症がありますので、歯周ポケットからは出血や膿がでる排膿(はいのう)が見られます。

なお、健康な方の深さ2㎜以内の浅いものは歯周ポケットではなく、歯肉ポケットといいます。

歯周ポケットの原因

口の中にはおよそ300〜500種類の細菌が棲息しているといわれています。

この細菌はふだんあまり悪いことをしませんが、歯みがきのブラッシングが十分でないとか、糖分を摂りすぎると細菌がネバネバした物質、歯垢(プラーク)をつくりだし、歯の表面にくっつきます。

この歯垢(プラーク)は粘着性が強くうがいをした程度ではおちません。

この歯垢(プラーク)1㎎の中には10億個の細菌が棲みついているといわれ、ミュータンス菌などの虫歯菌や歯周病菌は内毒素LPS(リポポリサッカライド)乳酸などの酸をだすことにより、虫歯や歯周病を引き起こします。

歯周ポケットは歯を支える歯槽骨(しそうこつ)やと歯槽骨をつなぐ歯根膜(しこんまく)が歯周病菌の内毒素LPS(リポポリサッカライド)に破壊されて炎症を起こすことによってポケット(歯肉溝)が深くなって生成されます。

このポケットにたまった歯垢(プラーク)を放置したままにしていますと、歯周病が進行します。

歯周病の治療は歯の病的セメント質や歯周ポケットの中の炎症を起こしている病変部を取り除く歯周ポケット掻爬術(そうはじゅつ)を行ないます。

歯周病

歯周病は歯周病菌の内毒素LPS(リポポリサッカライド)に破壊されて炎症が引き起こされる歯肉の炎症の疾患です。

歯肉の周辺が炎症を起こし、赤くなったり、腫れたりします。

そして、炎症がさらに進行すると歯周ポケットができて、歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台、歯槽骨が溶けて歯が動くようになります。

そこまで炎症が進行してしまいますと、最後は抜歯しての治療をしなければいけなくなってしまいます。

歯周病の原因は歯垢(プラーク)ですので、歯垢(プラーク)をためない、増やさないことが歯周病の治療の基本です。

歯ブラシを使って正しい歯みがきのブラッシングを毎日実行し、歯の表面を歯垢(プラーク)のない状態にしておくことが大切です。

また、歯の健康の保持のために歯科医師などによる専門的な歯のクリーニングなどのメンテナンスを定期的に受けることも大切です。

歯周ポケットのまとめ

歯周ポケットとは歯周病(ししゅうびょう)のために歯肉(しにく)、つまり歯茎(はぐき)と歯牙(しが)のあいだの隙間のポケット、つまり歯肉溝(しにくこう)が深くなったものをいいます。

歯周ポケットには歯肉をはじめ、歯周組織に慢性の炎症がありますので、歯周ポケットからは出血や膿がでる排膿(はいのう)が見られます。

歯周ポケットは歯を支える歯槽骨(しそうこつ)や歯と歯槽骨をつなぐ歯根膜(しこんまく)が細菌などに破壊されて炎症を起こすことによってポケット(歯肉溝)が深くなって生成されます。

このポケットにたまった歯垢(プラーク)を放置したままにしていますと、歯周病が進行します。

歯周病の治療は歯の病的セメント質や歯周ポケットの中の炎症を起こしている病変部を取り除く歯周ポケット掻爬術(そうはじゅつ)を行ないます。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ