健康食品・サプリメントの泉

チロシン

20世紀のオーストラリアのレイモンド・ダート博士が南アフリカで人間の祖先と思われる頭骨を発見しました。

ダート博士はこの頭骨をアウストラロピテクス(南方サル)と名づけて学界に発表しました。

ところが、学界はこれを疑問視し、反対論が強くなりました。

中にはアウストラロピテクスという言葉がラテン語として正しい使い方かどうかを問題にするものまでありました。

いつもでる杭は打たれるものですからね。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いの論法でしょうか。

そんな時は冷静になって考えてみるものです。

チロシンを含むチーズや納豆などを食べて神経を正常に働かせないといけないかも。

チロシンとは

チロシンは自然界の動植物のタンパク質に含まれている芳香族アミノ酸の1つで、チーズ納豆、ミソ、絹糸などに多く含まれています。

チロシンは身体の中では神経を正常に働かせるために重要な成分です。

また、チロシンは必須アミノ酸のフェニルアラニンから生成されるアミノ酸でもあります。

チロシンの働き

チロシンは神経伝達物質であるドーパミンノルアドレナリンの前駆体となり、甲状腺ホルモンのチロキシン、アドレナリンメラニン、チラミンなどの原料になります。

そのため、チロシンは機能を活性化させる働きをもつほか、ストレスの軽減、集中力の向上の働きがあります。

また、チロシンは皮膚などのメラニンの原料になるなど、皮膚の機能の働きを活性化させる働きがありますので化粧品などに配合されています。

チロシンの先天的な代謝の異常にはチロシン血症、アルカプトン尿症、フェニルケトン尿症のほか、メラニン産生障害による色素脱失症などがあります。

必須アミノ酸

必須アミノ酸とは体内で十分な量を生成することができないため、栄養分として食物などから摂取しなければならないアミノ酸のことです。

必須アミノ酸はトリプトファン、フェニルアラニン、ロイシン、リシン(リジン)、トレオニン(スレオニン)、イソロイシン、メチオニン、バリン、ヒスチジンの9種類です。

必須アミノ酸はどれか1つでも必要量に達しない場合は、筋肉、皮膚、毛髪ツメなどが正常に生成されなくなり、障害が起こるアミノ酸です。

チロシンのまとめ

チロシンは自然界の動植物のタンパク質に含まれている芳香族アミノ酸の1つで、チーズや納豆、ミソ、絹糸などに多く含まれています。

チロシンは身体の中では神経を正常に働かせるために重要な成分です。

また、チロシンは必須アミノ酸のフェニルアラニンから生成されるアミノ酸でもあります。

チロシンは神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの前駆体となり、甲状腺ホルモンのチロキシン、アドレナリン、メラニン、チラミンなどの生成の原料になります。

そのため、チロシンは脳機能を活性化させる働きをもつほか、ストレスの軽減、集中力の向上の働きがあります。

また、チロシンは皮膚などのメラニンの原料になるなど、皮膚の機能の働きを活性化させる働きがありますので化粧品などに配合されています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ