健康食品・サプリメントの泉

メラニン

中世のイギリスでは男性は14歳、女性は12歳で大人になると考えられていました。

男性と女性の大人の年の差について15世紀の教会法学者ジョン・リンドウッドは「なぜならば、雑草の方が早くのびるからである」といっています。

これはリンドウッドよりも1,000年も前のローマ帝国アウグストゥス帝以来の考え方です。

この考え方では男性ではなく、女性の方が雑草なのですね。

背が伸びるのではなく、皮膚に紫外線を浴びて、メラニンのシミを気にするのは女性の方が早いということなのかも知れませんね。

ところで、日本の大人は20歳ですが、世界では18歳というところもあり、選挙権にいたっては18歳が世界標準です。

それで、日本の選挙権は20歳から18歳に今度変更されました。

これで、少しはシルバー民主主義が是正されるかも。

18歳になった方が選挙に行けばの話ですが。

メラニンとは

メラニン皮膚などの表皮において形成される色素です。

メラニンはメラニン色素とも呼ばれ、黒褐色の真性メラニンと橙赤色の亜メラニンの2種類があります。

メラニンは皮膚の表皮の最下層の基底層や毛母のメラニン形成細胞であるメラノサイトで生成されます。

毛母は毛髪を伸ばす細胞です。

また、メラニンは加齢黄斑変性症の原因となる網膜色素上皮細胞や虹彩(こうさい)でも生成されます。

メラニンは皮膚や虹彩、毛乳頭細胞などが紫外線を受けることによって生成されます。

人種の皮膚の色は生まれながらに持った遺伝子により決まった量のメラニンが皮膚に配られることによってあらかじめ決まっているため、それぞれの人種固有の皮膚の色になっています。

このように、メラニンは白人、黄色人種、黒人の皮膚の色を決定し、同じ人種でも個人差はメラニンの量によって決まります。

また、毛髪の色はメラニンの量や気泡状に取り込まれた空気の量で人種や個人によってかなりちがってきます。

メラニンが多いほど黒くなり、メラニンが少ないほど黄から白に近くなります。

日本人などの黒い毛ではメラニンの量の多少で分類するだけですが、白人などは気泡状に取り込まれた空気の量でも30種ほどに分類できます。

虹彩の色もメラニンの量によって決まり、メラニンの量が多いと茶色に、メラニンの量が少ないと青色や紫色の目になります。

虹彩の色は人種によって異なり、最も暗い色は褐色で、日本人の大半が褐色です。

最も明るい色は水色で、北欧の方に多くみられます。

メラニン形成のしくみ

紫外線が皮膚にあたると、皮膚に活性酸素やメラノサイト刺激ホルモン(MSH)、エンドセリンなどのホルモンが発生します。

活性酸素は皮膚や血管壁の細胞内を傷つけ、老化を促進する物質です。

活性酸素はガンの原因になることもあります。

活性酸素の発生は紫外線の刺激が大きな要因のひとつですが、メラニンは活性酸素を刺激にしてつくられます。

メラノサイト刺激ホルモン、エンドセリンはともに紫外線を受けると表皮細胞から分泌され、メラノサイトに働きかけメラニン生成を促します。

メラノサイト刺激ホルモン、エンドセリンの働きかけを受けて、メラノサイト内で血液から準必須アミノ酸チロシンを受け取り、チロシナーゼという酵素がチロシンをメラニンに生成します。

つまり、メラノサイトが活性酸素の刺激により、チロシンを材料にしてつくられたのがメラニンです。

メラニンの役割

メラニンというと、シミをつくりだす悪者ととらえられがちですが、メラニンは皮膚に侵入してきた紫外線を吸収し、皮膚の組織を日焼けの炎症から守っています。

もし、メラニンがなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、ちょっと紫外線を浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こすことになります。

また、紫外線によってDNAを破壊され、皮膚ガンなどになってしまうことにもなりかねません。

白人が黄色人種や黒人よりもはるかに皮膚ガンが多いのはメラニンが少ないせいです。

また、逆に考えるとメラニンが増える、つまり日焼けするということは活性酸素をメラノサイトが分解した証拠でもあります。

毛髪のメラニンも毛髪のタンパク質であるケラチンとともに毛髪を紫外線や熱などから守っています。

目の虹彩のメラニンも紫外線による損傷から水晶体や網膜を保護しています。

受ける紫外線の量が増えるにしたがって、ターンオーバーと呼ばれる新陳代謝でメラニンを含んだ細胞が表皮に現れます。

このおかげで紫外線から皮膚を守ることができるのです。

受ける紫外線の量の減少にともない、メラノサイトでのメラニンの生成は減少します。

そして、メラニンを含んだ細胞は皮膚のターンオーバーによって、皮膚の表面の角質層に押し上げられ、垢(あか)となって自然にメラニンは排泄されます。

メラニンの一部は血液白血球マクロファージ(大食細胞)の貪食作用によって消失します。

これらの働きで、皮膚は白くなり本来の皮膚の色を取り戻します。

皮膚のターンオーバーの乱れや低下で局部的にメラニンが沈着したままになることがあります。

紫外線の量が減少しても何らかの原因により、メラノサイトが休むことなく局部的にメラニンを生成し続けることがありますが、これがシミとなってしまいます。

また、急に強い紫外線を浴びてしまい、赤く炎症がおこったり、水ぶくれができたりするのは、メラニンをつくるのが間に合わず、紫外線を十分に、防ぐことができなかった状態です。

つまり、皮膚の奥まで紫外線が入り込んでしまったからなのです。

急な日焼けには注意しましょう。

急な日焼けを防ぐためには、日焼け止め、帽子、サングラス、長袖、日傘などで紫外線を防ぐことが有効です。

なお、日焼け止め化粧品のオイル成分でも植物性・動物性ともに天然成分のものは紫外線を受けるとすぐに酸化されやすいものです。

天然オイル成分は紫外線を受けると過酸化脂質に変化し、活性酸素が増え、シミの原因となるメラニンを増やしてしまいます。

自分の皮脂も同じです。

こまめに脂取り紙で顔の皮膚の皮脂を取り除きましょう。

それが紫外線によるシミを避ける方法の1つでもあります。

メラニンのまとめ

メラニンは皮膚などの表皮において形成される色素です。

メラニンはメラニン色素とも呼ばれ、黒褐色の真性メラニンと橙赤色の亜メラニンの2種類があります。

メラニンは皮膚の表皮の最下層の基底層や毛母のメラニン形成細胞であるメラノサイトで生成されます。

毛母は毛髪を伸ばす細胞です。

また、メラニンは加齢黄斑変性症の原因となる目の網膜色素上皮細胞や虹彩(こうさい)でも生成されます。

メラノサイトが皮膚が紫外線を受けることによって生成される活性酸素の刺激により、チロシンを材料にしてつくられたのがメラニンです。

メラニンは皮膚が紫外線を受けることによって生成されますが、人種の皮膚の色は生まれながらに持った遺伝子により決まった量のメラニンが皮膚に配られることによってあらかじめ決まっています。

人種の皮膚の色は生まれながらに持った遺伝子により決まった量のメラニンが皮膚に配られることによってあらかじめ決まっているため、それぞれの人種固有の皮膚の色になっています。

メラニンは白人、黄色人種、黒人の皮膚の色を決定し、同じ人種でも個人差はメラニンの量によって決まります。

また、毛髪の色はメラニンの量や気泡状に取り込まれた空気の量で人種や個人によってかなりちがってきます。メラニンが多いほど黒くなり、メラニンが少ないほど黄から白に近くなります。

日本人などの黒い毛ではメラニンの量の多少で分類するだけですが、白人などは気泡状に取り込まれた空気の量でも30種ほどに分類できます。

虹彩の色もメラニンの量によって決まり、メラニンの量が多いと茶色に、メラニンの量が少ないと青色や紫色の目になります。

虹彩の色は人種によって異なり、最も暗い色は褐色で、日本人の大半が褐色です。

最も明るい色は水色で、北欧の方に多くみられます。

メラニンは皮膚に侵入してきた紫外線を吸収し、皮膚の組織を日焼けの炎症から守っています。

メラニンがなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、ちょっと紫外線を浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こすことになります。

また、紫外線によってDNAを破壊され、皮膚ガンなどになってしまうことにもなりかねません。

毛髪のメラニンも毛髪のタンパク質であるケラチンとともに毛髪を紫外線や熱などから守っています。

目の虹彩のメラニンも紫外線による損傷から水晶体や網膜を保護しています。

日焼けを防ぐためには、日焼け止め、帽子、サングラス、長袖、日傘などで紫外線を防ぐことが有効です。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ