健康食品・サプリメントの泉

洗顔料(洗顔用化粧品)

「車輪の下」「シッダールタ」などを書いた20世紀の詩人で小説家のヘルマン・ヘッセは「シッダールタ」の第1部はすらすら書けました。

しかし、お釈迦さまが解脱(げだつ)する第2部はなかなか書けず完成には3年もかかりました。

ヘッセは20年もインド思想を研究していましたので、観念的にはお釈迦さまの解脱も理解できましたが、実感的に表現できなかったそうです。

すごいですね。お釈迦さまの解脱が観念的にでも理解できるとは。

手塚治虫先生の「ブッダ」を読んでみても解脱がわからなかった身としてはすごいとしかいえません。

ヘッセの頭の構造はどうなっていたのでしょうか。

私も洗顔料で顔を洗って気分を変えると解脱がわかるかも知れませんが、…無理でしょうね。

洗顔料とは

洗顔料は顔の皮膚などの汚れを落とし、皮膚を清潔にする化粧品です。

顔の皮膚などの汚れは皮脂汚れやメーキャップの汚れ、大気中の汚れが付着したものなどさまざまです。

洗顔料は皮膚の古くなった角質も一緒に洗い落とすことで、皮膚のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を促します。

メーキャップをしているときは、メイク落としを必ず使ってメーキャップの汚れを落としてから洗顔料を使います。

クレンジングと呼ばれるメイク落としには、顔料を含んだ油脂を乳化するもの、酵素などで溶かすもの、またはスクラブと呼ばれる研磨する薬剤を含むものがあります。

ちなみに、スクラブは金属などを削る工業用研磨剤とは違うため、米糠(こめぬか)など植物の粉末が利用されることがあります。

洗顔料ではありませんが、顔パックも顔の皮膚の表面の汚れや古い角質などを落とすために利用されます。

したがって、洗顔料はクレンジングを使ってメーキャップを落としてから、化粧水を使う前に使います。

洗顔の方法

洗顔料には、洗顔フォーム、洗顔せっけん、洗顔パウダー、液状洗顔料などがありますが、洗顔前には、ターバンやピンで毛髪をとめ、顔をしっかりだします。

まず手を洗い、顔をぬらしてから洗います。すすぎは十分にていねいにします。

石けん分などが残っていると「肌荒れ」の原因になってしまうことがあります。

洗顔料の選び方

一般に皮脂や汚れ、垢(あか)などが皮膚の表面にまったくない状態が清潔だと考えられてはいます。

しかし、皮脂や汚れ、垢などを完全に洗い落としたとしても皮膚は新陳代謝を行っていますので、またすぐに皮脂や汚れ、垢などでいっぱいになってしまいます。

また、古い角質などの皮膚の老廃物は皮膚表面を保護する機能もありますので、過度に皮膚を洗浄すると皮膚炎になることがあります。

とくに、スクラブと呼ばれる研磨剤を含む洗顔料では、手になじませ泡立たせて洗顔しますが、よく洗浄しようとして強い力で顔をこすることは表皮に細かい傷をつくることにもなります。

こんなときには顔に違和感があり、顔が腫れることやシミなどの皮膚のトラブルを起こす場合もあります。

その一方で、洗顔料が顔に部分的に残っていると、残っているその部分が目立つことがあります。

また、長時間洗顔料が付着していることによる「肌荒れ」などの皮膚のトラブルもあります。

とくに、洗顔料が毛の生え際に残った場合はフケがでやすくなることがあります。

ですから、洗浄力の強すぎる洗顔料は避けた方がいいでしょう。

保湿や皮膚にハリを与える、ニキビを防ぐ、黒ずみを抑えるなどの効能が期待できるものもありますが、美容液クリームなどのほかの基礎化粧品でカバーできます。

いろんな効能が期待できるものは、魅力的にきこえますが、洗顔料に期待する効能としては、皮脂や汚れ、垢などを洗い落とす洗浄力と角質の除去を最優先として、合うものを選ぶとよいでしょう。

洗顔料のまとめ

洗顔料は顔の皮膚などの汚れを落とし、皮膚を清潔にする化粧品です。

顔の皮膚などの汚れは皮脂汚れやメーキャップの汚れ、大気中の汚れが付着したものなどさまざまです。

洗顔料は皮膚の古くなった角質も一緒に洗い落とすことで、皮膚のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を促します。

皮脂や汚れ、垢(あか)などを洗い落とす洗浄力の強すぎる洗顔料は避けた方がいいでしょう。

保湿や皮膚にハリを与える、ニキビを防ぐ、黒ずみを抑えるなどの効能が期待できるものもありますが、美容液やクリームなどのほかの基礎化粧品でカバーできます。

いろんな効能が期待できるものは、魅力的にきこえますが、洗顔料に期待する効能としては、皮脂や汚れ、垢などを洗い落とす洗浄力と角質の除去を最優先として、合うものを選ぶとよいでしょう。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ