健康食品・サプリメントの泉

洗顔フォーム

18世紀のフランスの啓蒙主義の哲学者ヴォルテールはなかなか抜け目のない哲学者でした。

ヴォルテールは軍需品を買い占めたほか、時計や絹靴下の製造販売をして、たんまり金をため込みました。

そして、極めつけはフランス国外に立派な家を買い込み、弾圧されたときの逃げ場をちゃんと用意していたことです。

ヴォルテールは自分で稼いで、自分で用意しているところがすごいですね。

どこかの公私混同知事のように政治資金などを流用するのとはわけがちがいます。

それにしても議会のほうも追求が手ぬるかったですね。

洗顔フォームのように疑惑を洗いざらい引っぱがす猛者(もさ)はいないのでしょうか?

洗顔フォームとは

洗顔フォームは石けんのような洗顔料(洗顔用化粧品)で、洗顔フォームの多くは石けんのように四角や丸いものではなくて、クリーム状でチューブに入っています。

洗顔フォームはそのクリーム状のものを泡立てて使いますが、洗顔フォームには泡立てなくても最初から泡がでてくるポンプ形式のものもあります。

洗顔フォームの役割

洗顔フォームは顔の皮膚などの汚れを落とし、皮膚を清潔にする化粧品です。

顔の皮膚などの汚れは皮脂汚れやメーキャップの汚れ、大気中の汚れが付着したものなどさまざまです。

洗顔フォームは皮膚の古くなった角質も一緒に洗い落とすことで、皮膚のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を促します。

また、洗顔フォームを使うのは皮膚の皮脂を酸化させないようにする目的もあります。

洗顔フォームの問題点

洗顔フォームは泡立ちがよいため、少しの量でもたっぷりの泡がつくれるほか、洗い上がりの皮膚を乾燥から守るための保湿成分が入っているとか、比較的安価であるなどの利点があります。

しかし、洗顔フォームには合成界面活性剤が含まれているものが多くあります。

合成界面活性剤は洗浄力が強力で皮脂はもちろんのこと、大事な保湿成分、セラミドなどを根こそぎ削ぎ落してしまうものもあります。

洗顔フォームの合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるがゆえ、洗わなくてもいい成分まで洗い流して溶かしてしまうものもあります。

皮脂分泌が少ない手が強力な合成界面活性剤によって荒らされたりするほか、顔の皮膚のバリア機能が壊され、「乾燥肌」や「敏感肌」を招いてしまう危険性があります。

それに対して、洗顔石けんは天然の成分を中心につくられているほか、泡立ちがよく、さっと洗い流すことができるとか、短時間で洗顔することができるという利点があります。

洗顔の大切な目的からすると洗顔石けんの方が洗顔料として有益なのではないかと思います。

洗顔フォームのまとめ

洗顔フォームは石けんのような洗顔料で、洗顔フォームの多くは石けんのように四角や丸いものではなくて、クリーム状でチューブに入っています。

洗顔フォームはそのクリーム状のものを泡立てて使いますが、洗顔フォームには泡立てなくても最初から泡がでてくるポンプ形式のものもあります。

洗顔フォームは顔の皮膚などの汚れを落とし、皮膚を清潔にする化粧品です。

顔の皮膚などの汚れは皮脂汚れやメーキャップの汚れ、大気中の汚れが付着したものなどさまざまです。

洗顔フォームは皮膚の古くなった角質も一緒に洗い落とすことで、皮膚のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を促します。

また、洗顔フォームを使うのは皮膚の皮脂を酸化させないようにする目的もあります。

洗顔フォームは泡立ちがよいため、少しの量でもたっぷりの泡がつくれるほか、洗い上がりの皮膚を乾燥から守るための保湿成分が入っているとか、比較的安価であるなどの利点があります。

しかし、洗顔フォームには合成界面活性剤が含まれているものが多くあります。

合成界面活性剤は洗浄力が強力で皮脂はもちろんのこと、大事な保湿成分、セラミドなどを根こそぎ削ぎ落してしまうものもあります。

洗顔フォームの合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるがゆえ、洗わなくてもいい成分まで洗い流して溶かしてしまうものもあります。

皮脂分泌が少ない手が強力な合成界面活性剤によって荒らされたりするほか、顔の皮膚のバリア機能が壊され、「乾燥肌」や「敏感肌」を招いてしまう危険性があります。

それに対して、洗顔石けんは天然の成分を中心につくられているほか、泡立ちがよく、さっと洗い流すことができるとか、短時間で洗顔することができるという利点があります。

洗顔の大切な目的からすると洗顔石けんの方が洗顔料として有益なのではないかと思います。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ