健康食品・サプリメントの泉

角質

明治から昭和の歌人の会津八一(あいづやいち)は秋艸道人(しゅうそうどうじん)ともいい、特異な書家として有名でした。

あるとき会津八一は「私は書がうまくない。だが、私よりもうまいものがいないのだ」といいました。

会津八一は書がうまくないと謙遜(けんそん)しながら実は、書がもっともうまいと威張っているのですね。

会津八一は傲慢(ごうまん)な人物なのですね。

会津八一が現代でも生きていれば、謙虚な方である平成天皇のツメの垢(あか)でも煎じて飲めばいいのです。

ツメといえば皮膚の角質も同じケラチンというタンパク質でできていますが、硬さがまったくちがい、同じケラチンでできているとは思えませんね。

角質とは

角質とは皮膚の一番表面にある層でケラチンという繊維状のタンパク質からなり、たくさんの細胞が積み重なって層になっています。

角質の下の皮膚の表皮はケラチンを生成するケラチノサイトという細胞で形成されています。

表皮は下にある真皮と接触している基底細胞が細胞分裂を盛んに起こし、表皮の上へ角質層としてたまっていきます。

表皮にはケラチンの保護機能があり、基底細胞から生成されたメラニンという色素は紫外線から皮膚を保護します。

そして、28〜56日で表皮細胞は厚さ10〜20μm、足の裏では㎜単位の角質となり、やがて細胞活動を停止して垢などになってはがれます。

これがいわゆるターンオーバー、皮膚の新陳代謝になります。

角質の働き

角質にはバリアー機能があり、外界の刺激や、雑菌から表皮や真皮を守る働きがあります。

また、角質には水分が皮膚から蒸発するのを防ぐ働き、保湿作用があります。

しかし、28〜56日で垢となってはがれ落ちるはずの角質が皮膚に残ってしまうことがあります。

すると、古い角質層のために化粧水乳液をつけても水分や油分、栄養分などが浸透しにくくなってしまいます。

古い角質層は皮膚の正常な働きを妨げてしまい、小ジワやニキビができやすくなります。

角質の除去

皮膚に残った古い角質はケミカルピーリングやフルーツ酸入り石けん、角質除去ジェルなどで除去することができます。

しかし、その角質除去をやりすぎると皮膚への細菌の侵入や接触皮膚炎などを起こすことになります。

もちろん、タオルなどでゴシゴシこすったり、無理やり削ったりするのは厳禁です。

スキンケアは、あくまでソフトに優しくが鉄則ということをお忘れなく。

万一、ピーリングをして皮膚がヒリヒリするとか、皮膚が突っ張るようであれば、必要な角質まで除去してしまっている可能性があります。

もっと弱いピーリング剤に変えるか、低刺激といわれるAHA(フルーツ酸)配合の石けんやクレイパックなどに変更してみるのもいいかも知れません。

角質のまとめ

角質とは皮膚の一番表面にある層でケラチンという繊維状のタンパク質からなり、たくさんの細胞が積み重なって層になっています。

角質にはバリアー機能があり、外界の刺激や、雑菌から表皮や真皮を守る働きがあります。

また、角質には水分が皮膚から蒸発するのを防ぐ働き、保湿作用があります。

しかし、約28日で垢となってはがれ落ちるはずの角質が皮膚に残ってしまうことがあります。

すると、古い角質層のために化粧水や乳液をつけても水分や油分、栄養分などが浸透しにくくなってしまいます。

また、古い角質層は皮膚の正常な働きを妨げてしまい、小ジワやニキビができやすくなります。

皮膚に残った古い角質はケミカルピーリングやフルーツ酸入り石けん、角質除去ジェルなどで除去することができます。

万一、ピーリングをして皮膚がヒリヒリするとか、皮膚が突っ張るようであれば、必要な角質まで除去してしまっている可能性があります。

もっと弱いピーリング剤に変えるか、低刺激といわれるAHA(フルーツ酸)配合の石けんやクレイパックなどに変更してみるのもいいかも知れません。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ