健康食品・サプリメントの泉

喘息

田村藍水(たむららんすい)という江戸幕府に仕えた医師はいかもの食いでした。

酒の肴(さかな)に毒虫やろうそくをかじりました。ご飯には灰をかけて食べました。

しかし、田村藍水はタバコを吸わないので、そのわけをある人が尋ねると、

「タバコはゲジゲジとあわないのでな」

ものすごいですね。

そんなものを食べて平気だったのでしょうか?

そんな田村藍水はアレルギーとは無縁で、喘息にはならなかったでしょうね。

喘息とは

喘息(ぜんそく)は正式には気管支喘息(きかんしぜんそく)と呼ばれ、慢性の気道の炎症性疾患です。

喘息は発作性の呼吸困難を起こし、「ヒューヒュー」や「ゼーゼー」という笛声喘鳴(てきせいぜいめい)や咳(せき)をともないます。

喘息の原因

喘息の原因にはハウスダスト、花粉、カビ、絨毛、カニ、卵、肉魚類、野菜、薬剤などのアレルギーがあります。

また、気管や気管支が種々な刺激に対して反応が異常に亢進し、気道系に広範な狭窄(きょうさく)を生じる気道過敏症も原因としてあげられます。

そのほか、自律神経失調症や精神的な刺激、細菌およびウイルス感染、気管支の機能低下なども原因となることがあります。

喘息が起きると気管支筋が痙縮(けいしゅく)し、の肺胞への空気の流入減少などによる発作性呼吸困難を引き起こします。

喘息の発作は、季節の変わり目や、夜間とくに明け方に多く、喘鳴、咳、痰、呼吸困難を起こします。

気道狭窄が強いとチアノーゼが現れ、起座位をとるようになります。

喘息の発作は数時間以内に消失することが多く見られますが、1日以上続く場合もあります。

喘息は自然に改善するほか、現在ではアレルゲン、つまり抗原の発見と除去や薬物療法によっても改善させることができるようになりました。

小児喘息

小児喘息(しょうにぜんそく)は2~3歳から発症する喘息です。

小児喘息は中学生ごろに治癒のピークがあり、大人になるまでに70%以上が自然治癒します。

小児喘息の原因のアレルゲンとしてはハウスダスト、チリダニ、ネコ、花粉、羊毛、絹、綿などがあります。

そのほか、食事、風邪などの感染症、天候、季節、運動などもアレルゲンになります。アレルゲン不明の小児喘息も少なくないとされています。

小児喘息の発作は、夜から朝にかけてひどくなります。

はじめに鼻漏、くしゃみ、咳などがあり、それから定期的な吸気性呼吸困難の発作が始まります。

小児喘息の重症例では起座呼吸を行うようになり、乳幼児では抱かれるか、おぶわれると呼吸が楽になります。

小児喘息は軽い喘鳴などの発作の初期段階を正しく察知し、早めに対応してひどくならないようにすることが大切です。

発作時の対応方法としては、安静にさせ、部屋の空気を入れ替える、外に連れだすという方法があります。

また、水を飲ませ、腹式呼吸をさせる、咳き込んだ時に痰がでやすいよう背中をたたくという方法もあります。

一番よいのは専門医の診断を受け、気管支拡張の吸入剤や内服剤を使うことです。

小児喘息は親が小児喘息であるという認識を持ち、喘息に対する知識をもって対処することが重要です。

小児喘息では無症状期間を長く保つことが気道過敏症を減少させ治癒に導きやすくなります。

小児喘息の治療はいかに小児喘息の発作が起きないように予防を行うかという予防的治療が主体となります。

喘息のまとめ

喘息(ぜんそく)は正式には気管支喘息(きかんしぜんそく)と呼ばれ、慢性の気道の炎症性疾患です。

喘息は発作性の呼吸困難を起こし、「ヒューヒュー」や「ゼーゼー」という笛声喘鳴(てきせいぜいめい)や咳(せき)をともないます。

喘息が起きると気管支筋が痙縮(けいしゅく)し、肺胞への空気の流入減少などによる発作性呼吸困難を引き起こします。

喘息の原因にはハウスダスト、花粉、カビ、絨毛、カニ、卵、肉魚類、野菜、薬剤などのアレルギーがあります。

また、気管や気管支が種々な刺激に対して反応が異常に亢進し、気道系に広範な狭窄を生じる気道過敏症も原因としてあげられます。

そのほか、自律神経失調症や精神的な刺激、細菌およびウイルス感染、気管支の機能低下なども原因となることがあります。

喘息は自然に改善するほか、現在ではアレルゲン、つまり抗原の発見と除去や薬物療法によっても改善させることができるようになりました。

なお、健康食品やサプリメントとしての酢・黒酢はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ