健康食品・サプリメントの泉

大脳

「安愚楽鍋」を書いた、江戸時代末期から明治の戯作者の仮名垣魯文(かながきろぶん)のところに地主が地代を催促に来ました。

仮名垣魯文は金がないので、大急ぎで2階に逃げ、そこから「留守といえ」と妻に手を振って合図をしました。

すると、妻におんぶされている子どもが「お父さん、手を振っていないで、降りておいでよ」といいました。

ははあ、子どもは正直ですね。

でも、スタイル的には、子どもが小脳としたら妻が大脳になるのでしょうか。

ちょうど、脳とは逆ですね。

脳では小脳が大脳をおんぶしていますからね。

脳では子どもが妻をおんぶしているようなものですね。

変なたとえで、すみません。

大脳とは

大脳(だいのう)とはの主要部分をなす、大脳半球と呼ばれる、左右の半球です。

大脳は広義には脳の終脳(しゅうのう)、中脳(ちゅうのう)、間脳(かんのう)を含めていいますが、狭義には終脳だけを指します。

大脳の右半球は右脳(うのう)と呼ばれ、左半身を支配し、左半球は左脳(さのう)と呼ばれ、右半身を支配しています。

右脳と左脳は脳梁(のうりょう)によって結ばれています。

大脳の表層は厚さ2㎜ほどの大脳皮質、灰白質でおおわれ、多数のシワやひだがあります。

大脳の内部は大脳髄質、白質と呼ばれ、神経線維が多く通っていて、大脳核と呼ばれる神経細胞群があります。

大脳の働き

大脳の左半球、左脳は知覚、思考、判断、意思など論理的な思考を行い、右半球、右脳は本能や自律神経をつかさどり、感性や記憶などを行っています。

なお、脳梁は右脳と左脳をつないで情報の交換を行っていますが、新生児では脳梁はまだなく、1歳をすぎる幼児期の始まりごろから発達してきます。

このことから、右脳がまず発達し、その後脳梁が発達してくると、左脳が発達していき、論理的な思考ができるようになると考えられています。

大脳皮質

大脳皮質(だいのうひしつ)は大脳半球の表面を覆っている神経細胞の集まりで、大脳皮質は100億以上の神経細胞が何層かの灰白質の層を構成しています。

大脳皮質は人間の知覚、運動、推理などの思考、記憶など人間としての高度な機能をつかさどっています。

大脳皮質は部位によって組織構造が異なっていて、機能が局在しています。

大脳皮質の前頭葉は思考や判断の中心的な役割を果たしていて、他に手足や顔面、体幹の運動、言語処理などを行っています。

大脳皮質の頭頂葉は言語の理解、空間や時間の認識と判断、言語の理解、連想記憶、味覚情報の受け取りなどを行っています。

大脳皮質の側頭葉は聴覚情報の受け取り、視覚や聴覚による色や形、音の認識などを行っています。

大脳皮質の後頭葉は視覚情報の受け取り、形態や空間、イメージ画像の知覚などを行っています。

大脳髄質

大脳髄質は大脳皮質の下にある白質で、大脳皮質の神経細胞からのびた軸索突起の集まりでできています。

大脳髄質は右脳や左脳の同じ側の皮質の2点間をつなぐほか、脳梁を介して左右半球の皮質の対称部間をつないでいます。

また、大脳髄質は大脳皮質と大脳核、脳幹(のうかん)、小脳、脊髄(せきずい)などをつないでいます。

大脳のまとめ

大脳(だいのう)とは脳の主要部分をなす、大脳半球と呼ばれる、左右の半球です。

大脳は広義には脳の終脳(しゅうのう)、中脳(ちゅうのう)、間脳(かんのう)を含めていいますが、狭義には終脳だけを指します。

大脳の右半球は右脳(うのう)と呼ばれ、左半身を支配し、左半球は左脳(さのう)と呼ばれ、右半身を支配しています。

右脳と左脳は脳梁(のうりょう)によって結ばれています。

大脳の表層は厚さ2㎜ほどの大脳皮質、灰白質でおおわれ、多数のシワやひだがあります。

大脳の内部は大脳髄質、白質と呼ばれ、神経線維が多く通っていて、大脳核と呼ばれる神経細胞群があります。

大脳の左半球、左脳は知覚、思考、判断、意思など論理的な思考を行い、右半球、右脳は本能や自律神経をつかさどり、感性や記憶などを行っています。

なお、健康食品としての酢・黒酢を含む健康食品やサプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ