健康食品・サプリメントの泉

ATP(アデノシン三リン酸)

明治維新のときには江戸城無血開城に功のあった幕臣、山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)がいます。

山岡鉄舟はある時、ひいきの落語家の三遊亭円朝(さんゆうていえんちょう)を招いて、余興をさせました。

山岡鉄舟は余興がすむと「師匠、足を使わないで帰れよ」といいました。

三遊亭円朝は「はて、幽霊にもなれないし」と弱りました。

すると山岡鉄舟は「お前、高座で舌があると意識してしゃべっているか?」と尋ねました。

三遊亭円朝は悟って「ではお先に」といってそのまま歩いて帰りました。

それ以後、三遊亭円朝は「無舌居士」と号したということです。

禅問答というか哲学問答のたぐいのようですね。

つまり、意識しないものは存在しないということです。

存在しないものは使っても使わないことになるということですね。

ATP(アデノシン三リン酸)も私たちは知っていても、意識していませんから、本当は使っていないのかもね。

ATP(アデノシン三リン酸)とは

ATP(アデノシン三リン酸)(以下ATPといいます)とはすべての生物を構成する細胞、特に筋肉に多く存在する3つのリン酸の分子を持つ化学物質です。

ATPは生物のエネルギー源として極めて重要な物質です。

ATPの働き

人間を含む生物は食物からエネルギーをデンプン脂質タンパク質として得ています。

ATPはブドウ糖脂肪酸などの有機物がからの呼吸により体内に取り込まれた酸素によってミトコンドリア内で酸化されるときに生成され、必要なときにエネルギーに変換されます。

その他、RNAの合成やアミノ酸からタンパク質の合成など身体の中でのあらゆる代謝のエネルギー源としてATPは使われます。

クエン酸回路

クエン酸回路はTCA回路、トリカルボン酸回路とも呼ばれ、物質代謝およびエネルギー代謝の中心的な重要な代謝の回路です。

つまり、クエン酸回路はブドウ糖や脂肪酸などの有機物が呼吸により完全に酸化されて生存のためのエネルギー源となる生体内で最も重要な回路です。

クエン酸回路ではアセチルCoAが二酸化炭素と水へと酸化され、その酸化エネルギーによってATPが生成されます。

ATPは筋肉など生体内のあらゆる器官でエネルギー源として利用されているのは前述した通りです。

ATPのまとめ

ATP(アデノシン三リン酸)とはすべての生物を構成する細胞、特に筋肉に多く存在する3つのリン酸の分子を持つ化学物質です。

ATPはブドウ糖や脂肪酸などの有機物が肺からの呼吸により体内に取り込まれた酸素によってミトコンドリア内で酸化されるときに生成され、必要なときにエネルギーに変換されます。

その他、RNAの合成やアミノ酸からタンパク質の合成など身体の中でのあらゆる代謝のエネルギー源としてATPは使われます。

なお、健康食品やサプリメントとしての酢・黒酢はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ