健康食品・サプリメントの泉

胃ガン

明治から昭和の文芸評論家でロシア文学者の片上天弦(かたかみてんげん)は早稲田大学で教壇に立っていました。

ところが、早稲田大学の新入生が、トルストイの「復活」はまだ読んでいませんなどというと

「志を立てて当大学の文科に入るぐらいの人間が、トルストイぐらい知らないとは何事です! 政治科か商科へ行きなさい!」

と怒りました。

いやあ、きつい先生ですね。

そんな先生のゼミに通うと、ストレスで胃が痛くなりますね。

学生は皆、胃潰瘍(いかいよう)を発症したりして。

そして、将来胃ガンになるのでしょうか。

胃ガンとは

胃ガンとはの粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜(しょうまく)にできるガンです。

胃の粘膜の細胞が何らかの原因でガン細胞になり、無秩序に増殖を繰り返してガンになります。

ガンが大きくなるにつれてガン細胞が胃の壁の中に入って浸食が進みます。

ガンが粘膜と粘膜下層にある胃ガンを早期胃ガンといいます。

ガンがさらに下層へ進み、固有筋層、漿膜に達した胃ガンを進行胃ガンといいます。

さらにリンパ節への転移や他の臓器の大腸膵臓(すいぞう)にも浸潤(しんじゅん)していきます。

胃ガンは以前、日本人のガンによる死亡数の第1位でしたが、検査・診断方法と治療法の進歩で男性では第2位、女性では第3位になっています。

胃ガンの原因はまだはっきりしていませんが、喫煙や高塩分食品の摂取、野菜や果物の不足、ピロリ菌の感染などがリスク要因としてあげられています。

早期胃ガンでは消化不良や胃の不快感、食後の膨満感、軽度の悪心、食欲低下、胸焼けの症状が見られます。

進行胃ガンでは食欲不振、悪心・嘔吐、るい痩、全身倦怠、吐血・下血、腹痛・腹部不快感、胸焼けの症状が見られます。

早期胃ガンでは自覚症状がないことがよくあります。

また、胃痛、胸焼け、下血などが見られることもありますが、胃炎や胃潰瘍(いかいよう)とまちがって放置しておかれる場合があります。

胃ガンを早期に発見するためは定期的な検診を受ける、早期の受診をすることが大切です。

胃ガンの検査方法

胃ガンの検査方法としては、胃X線検査、内視鏡検査、生検、超音波検査、CT検査、PET検査、血液検査などがあります。

  1. 胃X線検査
    • 発泡剤を飲んで胃をふくらませてから、造影剤であるバリウムを飲んで、胃の形や変化をX線写真で確認します。
    • バリウムはミルクと粘土が混ざったようなどろっとした液体で、100~150ccほど飲みます。
    • 私も以前の会社で健康診断のときに胃X線検査をしましたが、バリウムをのんで「おえっ」となった経験があります。
    • 身体の受けつけない液体が身体に入って、全身発汗、眩暈(めまい)があったことが思いだされます。
    • あと、バリウムを排出するために下剤を飲みますが、2~3日は白色の便で気味の悪い思いをしたことが思いだされます。
  2. 内視鏡検査
    • 光ファイバーの先端にカメラをつけたような管の胃カメラを口から胃まで挿入して胃の内部を検査します。
    • ガンが疑われる病変の場所やその病変の範囲と深達度を調べます。
    • 病変があればその組織の一部を採取して生検を行い、病理診断をすることがあります。
    • 私も以前の会社で胃の内視鏡検査をしましたが、管がとても太く胃の内壁にカメラの先端があたると痛いこと、苦しくて何度も嘔吐しようとしたことを覚えています。
  3. 生検
    • 内視鏡検査の時に採取した病理組織と疑われる組織を検査して、ガン細胞の有無など病理検査・診断として胃ガンの確定診断を行います。
    • ぶっちゃけた話、ホルマリンや染色液を使う検査技士の技能によるところが大きく、組織の染色具合によって病理医の診断が変わってくることがあります。
    • つまり、腕のいい検査技士のいるガンの専門病院で胃ガンの検査をしてもらうことが望ましいといえます。
  4. CT検査
    • CT検査はX線によって身体の内部を輪切りにした撮影を行い、検査します。
    • CT検査はリンパ節への転移や多臓器への浸潤などを調べる目的で行います。
    • CT検査ではヨード造影剤を使うので、腎臓(じんぞう)に疾患のある方や喘息(ぜんそく)、アレルギーの方は事前に申しでることになっています。
    • また、胃X線検査のためにバリウムを飲んだ方は、腸の中にバリウムが残っているとCT検査による診断ができないことがあります。
    • その場合は下剤の追加などが必要になることがあります。
  5. PET検査
    • PET検査は放射性ブドウ糖液を注射して、ガン細胞への取り込みの分布を撮影することで全身のガン細胞を検出する検査です。
    • CT検査などで転移・再発の診断ができない場合に併用して行うことがあります。
    • PET検査はこれまで難しかったガンの早期発見を可能にした画期的な検査法です。
    • しかし、PET検査だけですべてのガン細胞の発見することができません。
    • というのは、PET検査は胃や食道の粘膜に発生するごく早期のガンの発見・判定が困難だからです。
    • そのため、ほかの検査方法、とくにCT検査と併用されることがよくあります。
  6. 血液検査
    • 血液検査では腫瘍マーカーを検査してガンの有無を診断します。
    • 腫瘍マーカーというのはそのガンに特徴的な物質で、血液の中から量を測定できるものです。
    • しかし、健康であっても、良性の腫瘍であっても腫瘍マーカーの数値が上昇することがあります。
    • また、早期胃ガンのうちは適正値である場合が多いことやガンがあっても数値が上昇しない場合もあります。
    • このことから腫瘍マーカーだけでガンの有無は判定できないことがよくあります。
    • ふつう、血液検査は手術療法後の胃ガンの再発のチェックや薬物療法の使用後の判定の参考に使われます。

胃ガンの手術療法

胃ガンの治療法としては胃を切除する手術療法がもっとも行われる治療法となっています。

つまり、胃の切除する範囲はガンのある胃の部位と病期であるステージによって異なります

また、胃の切除と同時に胃の周囲のリンパ節を取り除くことや食物の通り道である消化管再建手術も行われます。

胃の周囲を取り囲む臓器にガン細胞が浸潤していた場合、胃の切除と同時に浸潤している臓器の一部を切除することも行われます。

手術療法としてほかに腹腔鏡手術が行われることがあります。

腹腔鏡手術はお腹に小さい穴を数か所あけて、専用のカメラや器具で手術を行います。

通常の開腹手術よりも身体への負担が少なく、回復が早いことが特長です。

ただ、開腹手術とくらべるとリンパ節の切除や消化管の再建が難しいという問題があります。

また、手術後の腹腔内膿瘍や膵液(すいえき)漏、腸閉そくなどの合併症の発生率が高くなるリスクもあります。

そのほかにも手術療法として内視鏡による治療法があります。

内視鏡をつかって胃の内部からガンを切除する方法です。

胃のガンの切除後も胃が温存されるので、食生活など生活の質を保ちながらガンの治療を行うことができるのが特長です。

しかし、胃のガンが粘膜にとどまっていること、病理検査・診断によりガンの切除を確認することが必要になります。

もし、ガンの浸潤などの進行が確認された場合には、腹腔鏡手術、開腹手術などの手術療法が追加で必要になります。

胃ガンの薬物療法

胃ガンの薬物療法には手術療法と組み合わせて行われる補助的な薬物療法と、胃ガンの治癒が難しい状況で延命や症状の緩和を目的とした緩和的な薬物療法があります。

いずれの場合でも、毛髪が抜けるほか、白血球血小板の減少などの副作用があります。

そのため、副作用の個人差などを勘案して治療剤を減量するほか、治療の中止、中断を行うことがあります。

なお、補助的な薬物療法には手術療法の前と後で行う薬物療法があります。

手術後の補助的な薬物療法は手術で切除できないような微小なガンに対して、再発予防の目的で行われます。

抗ガン剤を手術後1年間内服するなどの治療を行いますが、この治療によって5年生存率が約10%向上することが期待できます。

また、手術前の補助的な薬物療法では比較的大きい切除しにくいガンを小さくして切除しやすくするほか、微小なガンの転移を予防する目的で行われます。

スキルス胃ガン

スキルス胃ガンは胃壁の中でのガンで、粘膜の表面にはでてこない特殊な胃ガンです。

スキルス胃ガンは胃ガンの中では約10%を占めるガンですが、発見された時には約60%がすでにリンパ節や多臓器に転移している恐ろしいガンです。

スキルス胃ガンは胃の粘膜にでてこないために、内視鏡での発見が難しい胃ガンです。

スキルス胃ガンの症状はふつうの胃ガンとほぼ同じで、たまに背中が痛むという放散痛が見られる程度です。

そのため、胃ガンの症状であるのに、検査で発見されず、発見されたときには進行していて、リンパ節や多臓器への転移が進行していることもよくあります。

胃ガンのまとめ

胃ガンとは胃の粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜(しょうまく)にできるガンです。

胃の粘膜の細胞が何らかの原因でガン細胞になり、無秩序に増殖を繰り返してガンになります。

ガンが大きくなるにつれてガン細胞が胃の壁の中に入って浸食が進みます。

ガンが粘膜と粘膜下層にある胃ガンを早期胃ガンといいます。

ガンがさらに下層へ進み、固有筋層、漿膜に達した胃ガンを進行胃ガンといいます。

さらにリンパ節への転移や他の臓器の大腸や膵臓(すいぞう)にも浸潤(しんじゅん)していきます。

胃ガンは以前、日本人のガンによる死亡数の第1位でしたが、検査・診断方法と治療法の進歩で男性では第2位、女性では第3位になっています。

胃ガンの原因はまだはっきりしていませんが、喫煙や高塩分食品の摂取、野菜や果物の不足、ピロリ菌の感染などがリスク要因としてあげられています。

早期胃ガンでは消化不良や胃の不快感、食後の膨満感、軽度の悪心、食欲低下、胸焼けの症状が見られます。

進行胃ガンでは食欲不振、悪心・嘔吐、るい痩、全身倦怠、吐血・下血、腹痛・腹部不快感、胸焼けの症状が見られます。

早期胃ガンでは自覚症状がないことがよくあります。

また、胃痛、胸焼け、下血などが見られることもありますが、胃炎や胃潰瘍(いかいよう)とまちがって放置しておかれる場合があります。

胃ガンを早期に発見するためは定期的な検診を受ける、早期の受診をすることが大切です。

胃ガンの検査方法としては、胃X線検査、内視鏡検査、生検、超音波検査、CT検査、PET検査、血液検査などがあります。

胃ガンの治療法には手術療法と薬物療法があります。

胃ガンの治療法としては胃を切除する手術療法がもっとも行われる治療法となっています。

つまり、胃の切除する範囲はガンのある胃の部位と病期であるステージによって異なります。

また、胃の切除と同時に胃の周囲のリンパ節を取り除くことや食物の通り道である消化管再建手術も行われます。

胃の周囲を取り囲む臓器にガン細胞が浸潤していた場合、胃の切除と同時に浸潤している臓器の一部を切除することも行われます。

胃ガンの薬物療法には手術療法と組み合わせて行われる補助的な薬物療法と、胃ガンの治癒が難しい状況で延命や症状の緩和を目的とした緩和的な薬物療法があります。

いずれの場合でも、毛髪が抜けるほか、白血球や血小板の減少などの副作用があります。

そのため、副作用の個人差などを勘案して治療剤を減量するほか、治療の中止、中断を行うことがあります。

スキルス胃ガンは胃壁の中でのガンで、粘膜の表面にはでてこない特殊な胃ガンです。

スキルス胃ガンは胃ガンの中では約10%を占めるガンですが、発見された時には約60%がすでにリンパ節や多臓器に転移している恐ろしいガンです。

スキルス胃ガンは胃の粘膜にでてこないために、内視鏡での発見が難しい胃ガンです。

スキルス胃ガンの症状はふつうの胃ガンとほぼ同じで、たまに背中が痛むという放散痛が見られる程度です。

そのため、胃ガンの症状であるのに、検査で発見されず、発見されたときには進行していて、リンパ節や多臓器への転移が進行していることもよくあります。

なお、健康食品やサプリメントとしての酢・黒酢はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ