健康食品・サプリメントの泉

気管支炎

16世紀のフランス、ブルボン王朝のアンリ4世はプレイボーイで知られていました。

ある時、アンリ4世は例によってある婦人にいい寄りました。

「お願いです。あなたの寝室に行く道をどうか教えてください」

その婦人は冷静に答えました。

「私の寝室へは、教会を通らなくては行けませんの」

なるほど、寝室への道には関所があって、神さまのお許しを得ないとだめだということですね。

つまり、そのようなことはできませんと、やんわり断っているのですね。

ところで、寝室のエアコンにはカビが発生しやすく、気管支炎や夏型過敏性肺炎の原因になることがあります。

送風運転を行い、マメにエアコンの中を乾燥させるなどお手入れをお忘れなく。

気管支炎とは

気管支炎(きかんしえん)とはおもに気管支に炎症があって、咳(せき)や痰(たん)などの呼吸器障害を引き起こす疾患です。

急性気管支炎の多くはウイルスやマイコプラズマなどによる感染症です。

慢性気管支炎は百日咳(ひゃくにちぜき)の場合や抗酸菌や緑膿菌などの感染症の場合に起こることがあります。

また、アトピー咳嗽(がいそう)、副鼻腔気管支症候群(ふくびこうきかんししょうこうぐん)、びまん性汎細気管支炎、喫煙にともなう気管支炎の場合もあり、数週間から数か月の間、咳や痰などの症状が続きます。

慢性の咳あるいは痰がおもな症状の疾患には喘息(ぜんそく)、COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)、つまり慢性閉塞性肺疾患、肺ガン間質性肺炎などほかにもさまざまな疾患があります。

このように、慢性気管支炎のもとになる疾患はさまざまで、まとめると次のようになります。

などです。

気管支炎の症状

気管支炎のおもな症状は咳や痰ですが、首や背中の痛みやこわばり、肩こり、手足の筋肉関節の痛み、ときには下痢や嘔吐をともなうことがあります。

炎症がより末梢のの肺胞にまで進行して気管支肺炎になった場合は気管支炎といっしょに肺炎も治療を行います。

気管支炎の検査と治療

慢性に咳や痰が続く場合には、胸部単純レントゲン撮影、血液検査、喀痰の塗抹・培養検査などを基本とする検査を行います。

また、必要に応じて呼吸機能検査やCT検査などを実施します。さらに、気管支鏡検査などの専門的な検査を行うこともあります。

急性のウイルス感染症による気管支炎の場合は対症療法が中心となります。

温かくして安静を保ち、十分に栄養を摂ることが大切です。

咳が強い場合には鎮咳剤(ちんがいざい)、痰が多少絡む場合には去痰剤(きょたんざい)というように、それぞれの症状に応じて症状を和らげる薬剤を薬物療法に用います。

ウイルス感染だけでは大量の痰がでることはあまりありませんが、細菌の2次感染が起きれば、黄色の膿性痰(のうせいたん)が分泌されるようになります。

大量の膿性痰がでているときに咳止め、鎮咳剤を飲むと、だすべき痰がでなくなりかえって苦しくなることもあります。

慢性の気管支炎では、通常は咳をともなうことが多いので、慢性の咳を引き起こす疾患の多くがこれにあてはまります。

感染症のほかに、アトピー咳嗽、副鼻腔気管支症候群、びまん性汎細気管支炎、喫煙にともなう慢性気管支炎などが代表的です。

結核菌や非結核菌性抗酸菌症なども慢性の気管支炎症状を引き起こすことがあります。

慢性の気管支炎の場合は原因疾患によって治療法が異なります。

アレルギーが関わっていると考えられる疾患に対しては、吸入ステロイド剤や気管支拡張剤、抗ヒスタミン剤などが投与されます。

副鼻腔気管支症候群の場合には、マクロライド系の抗生物質を少量で長期間投与します。

逆流性食道炎による咳には吸入ステロイド剤は無効で、胃酸を抑える薬剤を投与します。

肺結核には複数の抗菌剤を組み合わせて半年以上投与します。

気管支炎のまとめ

気管支炎(きかんしえん)とはおもに気管支に炎症があって、咳(せき)や痰(たん)などの呼吸器障害を引き起こす疾患です。

急性気管支炎の多くはウイルスやマイコプラズマなどによる感染症です。

慢性気管支炎のもとになる疾患はさまざまです。

などがあります。

気管支炎の検査は呼吸機能検査やCT検査などを実施します。さらに、気管支鏡検査などの専門的な検査を行うこともあります。

急性のウイルス感染症による気管支炎の場合は対症療法が中心となります。温かくして安静を保ち、十分に栄養を摂ることが大切です。

咳が強い場合には鎮咳剤(ちんがいざい)、痰が多少絡む場合には去痰剤(きょたんざい)というように、それぞれの症状に応じて症状を和らげる薬剤を薬物療法に用います。

慢性の気管支炎の場合は原因疾患によって治療法が異なります。

アレルギーが関わっていると考えられる疾患に対しては、吸入ステロイド剤や気管支拡張剤、抗ヒスタミン剤などが投与されます。

副鼻腔気管支症候群の場合には、マクロライド系の抗生物質を少量で長期間投与します。

逆流性食道炎による咳には吸入ステロイド剤は無効で、胃酸を抑える薬剤を投与します。

肺結核には複数の抗菌剤を組み合わせて半年以上投与します。

なお、健康食品やサプリメントとしてのお茶はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ