健康食品・サプリメントの泉

拒食症

今日のタイトルの拒食症というと、イエスタディワンスモアなどのヒット曲で1970年代を席巻した兄妹ポップ・デュオのカーペンターズを思いだします。

カーペンターズは兄のリチャードがピアノなどの楽器演奏をし、妹のカレンがもっぱらボーカルを担当するという形式のデュオでした。

カレンが30歳の時に結婚をしますが、カレンは1年で別居をし、1年半ほどのあと心不全で死亡しました。

その時には結婚前のふっくらとした容姿とは別人のようにやせ衰えガリガリの姿になっていました。

拒食症による栄養失調やいろいろな薬物の副作用による心不全ではないかともいわれています。

カレンが亡くなったというニュースで、あの素晴らしいデュエットがもう聞けないと思うと非常に残念に思ったことを私は覚えています。

カレンが拒食症になるまで、周りの人間は何も手を打てなかったのでしょうか?

拒食症とは

拒食症(きょしょくしょう)は神経性食思不振症(しんけいせいしょくしふしんしょう)または神経性食欲不振症(しんけいせいしょくよくふしんしょう)と呼ばれる精神異常疾患です。

拒食症は食物を摂ることを拒否する症状が特徴で、思春期以降に発症しやすく、とくに未婚の女性によく見られます。

肥満への恐れから過度のダイエットをしているうちに陥ることが大半で、中には成熟拒否や異性嫌悪の心理によることもあります。

拒食症の症状

拒食症のおもな症状は、痩せることへの強迫観念と、食事制限、それによる極度の低体重です。

拒食症が重症になると食欲がなくなり、食べ物を受けつけなくなって生命の危険にさらされます。

拒食症の目安は身長と年齢に基づく適正な体重を15%以上下回るほど顕著な低体重です。

また、拒食症では憂鬱(ゆううつ)症状を発症しやすく、自殺にも注意が必要です。

拒食症では栄養失調のために体内のホルモンのバランスが崩れ、身体の活動を支えている骨格筋、内臓筋、脂肪組織が減少します。

そのため、無月経、不整脈骨粗しょう症白血球減少による抵抗力の低下、味覚異常、低体温など生命を維持する機能が大きなダメージを受けます。。

拒食症の治療

拒食症の治療では、まず栄養失調によって損なわれた身体機能を回復させるために入院の必要があります。

病院では1回の食事の摂取calと1日の食事回数のスケジュールを設定し、嘔吐や下痢などによる無理な排出がないよう確認して体重を増やしていきます。

栄養状態の改善によって、月経などの正常な生理活動が機能していき、不眠便秘などの不快な症状も治まるようになります。

栄養失調から身体が回復すると退院することができますので、退院後は精神的な問題に対しての治療を行うことになります。

拒食症はうつ病をはじめとする精神疾患を発症することも少なくありませんので、必要があれば、薬物療法も行います。

栄養失調状態では薬物療法の薬剤の副作用がでますので、専門の医師の正しい診察を受ける必要があります。

拒食症のまとめ

拒食症(きょしょくしょう)は神経性食思不振症(しんけいせいしょくしふしんしょう)または神経性食欲不振症(しんけいせいしょくよくふしんしょう)と呼ばれる精神異常疾患です。

拒食症は食物を摂ることを拒否する症状が特徴で、思春期以降に発症しやすく、とくに未婚の女性によく見られます。

拒食症のおもな症状は、痩せることへの強迫観念と、食事制限、それによる極度の低体重です。

拒食症が重症になると食欲がなくなり、食べ物を受けつけなくなって生命の危険にさらされます。

拒食症の目安は身長と年齢に基づく適正な体重を15%以上下回るほど顕著な低体重です。

拒食症では栄養失調のために体内のホルモンのバランスが崩れ、身体の活動を支えている骨格筋、内臓筋、脂肪組織が減少します。

そのため、無月経、不整脈、骨粗しょう症、白血球減少による抵抗力の低下、味覚異常、低体温など生命を維持する機能が大きなダメージを受けます。

拒食症の治療では、まず栄養失調によって損なわれた身体機能を回復させるために入院の必要があります。

病院では1回の食事の摂取calと1日の食事回数のスケジュールを設定し、嘔吐や下痢などによる無理な排出がないよう確認して体重を増やしていきます。

栄養状態の改善によって、月経などの正常な生理活動が機能していき、不眠、便秘などの不快な症状も治まるようになります。

栄養失調から身体が回復すると退院することができますので、退院後は精神的な問題に対しての治療を行うことになります。

拒食症はうつ病をはじめとする精神疾患を発症することも少なくありませんので、必要があれば、薬物療法も行います。

栄養失調状態では薬物療法の薬剤の副作用がでますので、専門の医師の正しい診察を受ける必要があります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのお茶を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは食べる前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ