健康食品・サプリメントの泉

口内炎

古代ギリシャのシノベの犬儒派の哲学者ディオゲネスのところにある人が自分の子どもをつれて来ました。

「この子は生まれつき利口で、性質の良い子ですから、弟子にしてやってください」

すると、ディオゲネスは「利口で性質が良いなら、僕に学ぶ必要はないじゃないか」といいました。

そうですね。

利口で性質がよくなるようにディオゲネスに弟子入りするならわかりますが、初めから利口で性質が良いなら必要はありません。

この子はスタートラインに立った時点で、すでにゴールインしてしまっていることになります。

もっとも、別の見方もできます。

中島敦(なかじまあつし)という昭和の小説家に「弟子」という作品があります。

「弟子」は古代中国の儒家の孔子に弟子入りした子路という人物の生涯を描いた小説です。

その子路が最初に孔子に弟子入りするときにこういう場面がありました。

子路「南山の竹は矯めずして自ら直く、斬ってこれを用うれば犀革の厚きをも通すと聞いている。して見れば、天性優れたる者にとって、何の学ぶ必要があろうか?」

孔子「汝のいうその南山の竹に矢の羽をつけ矢じりをつけてこれをみがいたならば、ただに犀革を通すのみではあるまいに」

つまり、天与の才能があるものには学など要らないといった子路に対して、孔子はその才能を伸ばせば、もっと良くなるといったわけですね。

ディオゲネスにそれが解らなかったわけではなく、単にやる気がなかっただけでしょう。

でも、利口じゃなくて性質が良くなくても、よく食べ、よく眠り、よく遊べば健やかに成長できますよ。

もっとも、食べるときにあわてて噛みすぎると口の中を噛んで、口内炎になるかも知れませんのでご用心。

口内炎とは

口内炎(こうないえん)とは口の中や舌の粘膜、唇(くちびる)の内側の粘膜など、口腔粘膜に起きる炎症です。

口内炎はアフタ性口内炎、カタル性口内炎などに分類できますが、有痛性口内炎や無痛性口内炎に分類することもできます。

アフタ性口内炎

アフタ性口内炎は口内炎の中でももっとも多く起きる炎症です。

アフタとは口腔粘膜にできる円形や楕円形の小さい潰瘍(かいよう)のことで、境界線がはっきりしているもののことです。

潰瘍の部位が灰色から黄白色に変色していて膜におおわれています。

この潰瘍の周囲は発赤して粘膜炎を起こしています。

粘膜炎はほおの内側や歯茎、舌や唇など口腔内であれば、どこにでも起こります。

粘膜炎に食物などが触れると強く痛みます。

アフタ性口内炎の原因は入れ歯や差し歯、自分で噛むなど、口腔内を傷つけた部位に細菌ウイルスが感染したことや、ストレスや過労、栄養不足などで身体の抵抗力が下がったことなどです。

アフタ性口内炎は1~2週間ほどで自然治癒しますが、それ以上長引く場合はベーチェット病や舌ガンなどほかの疾患の可能性がありますので、耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

カタル性口内炎

カタル性口内炎は口腔粘膜が発赤して腫れますが、ひび割れや赤い斑点、水泡が見られることもあります。

カタルというのは大腸カタルのカタルで、粘液を分泌する粘膜細胞に炎症が起き、多量の白血球を含んだ粘液分泌を起こす状態です。

アフタ性口内炎は炎症部位の境界がはっきりしていますが、カタル性口内炎は炎症部位の境界がはっきりしていません。

カタル性口内炎の痛みは強くありませんが、刺激物がしみるほか、灼熱感を感じることがあります。

また、唾液(だえき)が増えて、唾液(だえき)の粘稠度、つまり粘り気が増し、口臭が発生することもあります。

カタル性口内炎の原因はストレスや過労、口腔内の火傷(やけど)、入れ歯や差し歯、自分で噛むなど口腔内を傷つけることなどがあります。

カタル性口内炎は1~2週間ほどで自然治癒しますが、それ以上長引く場合はカタル性口内炎の原因が解消されていないか、体力減退の場合や偏食など栄養が偏っている可能性があります。

口内炎のまとめ

口内炎(こうないえん)とは口の中や舌の粘膜、唇(くちびる)の内側の粘膜など、口腔粘膜に起きる炎症です。

口内炎はアフタ性口内炎、カタル性口内炎などに分類できますが、有痛性口内炎や無痛性口内炎に分類することもできます。

アフタ性口内炎は口内炎の中でももっとも多く起きる炎症です。

アフタとは口腔粘膜にできる円形や楕円形の小さい潰瘍(かいよう)のことで、境界線がはっきりしているもののことです。

潰瘍の部位が灰色から黄白色に変色していて膜におおわれています。

この潰瘍の周囲は発赤して粘膜炎を起こしています。

アフタ性口内炎の原因は入れ歯や差し歯、自分で噛むなど、口腔内を傷つけた部位に細菌やウイルスが感染したことや、ストレスや過労、栄養不足などで身体の抵抗力が下がったことなどです。

アフタ性口内炎は1~2週間ほどで自然治癒しますが、それ以上長引く場合はベーチェット病や舌ガンなどほかの疾患の可能性がありますので、耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

カタル性口内炎は口腔粘膜が発赤して腫れますが、ひび割れや赤い斑点、水泡が見られることもあります。

カタルというのは大腸カタルのカタルで、粘液を分泌する粘膜細胞に炎症が起き、多量の白血球を含んだ粘液分泌を起こす状態です。

アフタ性口内炎は炎症部位の境界がはっきりしていますが、カタル性口内炎は炎症部位の境界がはっきりしていません。

カタル性口内炎の痛みは強くありませんが、刺激物がしみるほか、灼熱感を感じることがあります。

また、唾液(だえき)が増えて、唾液の粘稠度、つまり粘り気が増し、口臭が発生することもあります。

カタル性口内炎の原因はストレスや過労、口腔内の火傷(やけど)、入れ歯や差し歯、自分で噛むなど口腔内を傷つけることなどがあります。

カタル性口内炎は1~2週間ほどで自然治癒しますが、それ以上長引く場合はカタル性口内炎の原因が解消されていないか、体力減退の場合や偏食など栄養が偏っている可能性があります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ