健康食品・サプリメントの泉

間質性肺炎

「月と六ペンス」などを書いた20世紀のイギリスの小説家サマセット・モームはイギリスの首相であったウィンストン・チャーチルとは親しい友人でした。

しかし、新聞雑誌やラジオ、テレビにほとんど関心のなかったモームはチャーチルがノーベル文学賞をもらったことを知りませんでした。

それどころか、他人にその話をきくと、「文章のへたなウィンストンが文学賞をもらうはずはない。何か他の賞だろう?」といって信用しませんでした。

知らないということは恐ろしいことですね。

でも、チャーチルといえば葉巻をふかす姿が目に浮かびます。

チャーチルは晩年、間質性肺炎やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)にならなかったのでしょうか?

間質性肺炎とは

間質(かんしつ)とはの肺胞の壁のことで、ふつうの肺炎は肺胞の中での炎症ですが、間質性肺炎(かんしつせいはいえん)は間質に炎症を起こした肺炎です。

間質性肺炎が進行して慢性化すると、炎症を起こした間質の細胞が線維化し、肺胞の壁が厚く、硬くなって呼吸が困難になる肺繊維症(はいせんいしょう)になることがあります。

間質性肺炎の原因

間質性肺炎の原因は日常的に受ける物理的刺激によるものが多く、金属粉やアスベストなどの粉塵、カビ、ペットなどの毛を慢性的に吸入することにより発症します。

また、インフルエンザなどのウイルス関節リウマチなどの自己免疫疾患、放射線、市販の風邪薬や生薬系のサプリメントの飲みすぎによって発症することもあります。

間質性肺炎の症状

間質性肺炎の症状は呼吸困難とふつうの肺炎とはちがって、空咳(からせき)、痰(たん)のでない乾いた咳がでるのがおもな症状です。

間質性肺炎の呼吸困難は階段を上がるときに感じるほか、症状が進むと歩くときや入浴、排便といった日常生活の動作でも感じるようになり、日常生活に支障をきたすようになります。

間質性肺炎が進行して肺繊維症になると、続く咳によって肺が破れ、呼吸困難などに陥ります。

間質性肺炎は胸部聴診、胸部画像検査、呼吸機能検査、血液検査などを行い、確定します。

間質性肺炎の治療は副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤を使う薬物療法が基本です。

日常生活に支障がでている場合は酸素濃縮器や液体酸素のタンクなどの酸素供給装置を設置して鼻から酸素を吸入する酸素療法を行います。

間質性肺炎の予防はリスクの最大のものであるタバコを止めることから始めます。

とくに、原因がわからない特発性間質性肺炎はタバコが関係していることがわかっていますので、禁煙が最大の間質性肺炎の予防になります。

そのほか、ヨーグルト納豆などの発酵食品を摂取して免疫力をつけてインフルエンザや風邪をひかないようにする、ペットの毛などを吸わないようにふだんから身の回りをきれいにするなどの方法があります。

間質性肺炎のまとめ

間質(かんしつ)とは肺の肺胞の壁のことで、ふつうの肺炎は肺胞の中での炎症ですが、間質性肺炎(かんしつせいはいえん)は間質に炎症を起こした肺炎です。

間質性肺炎が進行して慢性化すると、炎症を起こした間質の細胞が線維化し、肺胞の壁が厚く、硬くなって呼吸が困難になる肺繊維症(はいせんいしょう)になることがあります。

間質性肺炎の原因は日常的に受ける物理的刺激によるものが多く、金属粉やアスベストなどの粉塵、カビ、ペットなどの毛を慢性的に吸入することにより発症します。

間質性肺炎の症状は呼吸困難とふつうの肺炎とはちがって、空咳(からせき)、痰(たん)のでない乾いた咳がでるのがおもな症状です。

間質性肺炎が進行して肺繊維症になると、続く咳によって肺が破れ、呼吸困難などに陥ります。

間質性肺炎の治療は副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤を使う薬物療法が基本です。

日常生活に支障がでている場合は酸素濃縮器や液体酸素のタンクなどの酸素供給装置を設置して鼻から酸素を吸入する酸素療法を行います。

間質性肺炎の予防はリスクの最大のものであるタバコを止めることから始めます。

そのほか、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を摂取して免疫力をつけてインフルエンザや風邪をひかないようにする、ペットの毛などを吸わないようにふだんから身の回りをきれいにするなどの方法があります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ