健康食品・サプリメントの泉

インターフェロン

「土と兵隊」などを書いた昭和の小説家、火野葦平(ひのあしへい)と長谷健(はせけん)があるとき、屋台で酒を飲んでいました。

すると、火野葦平と長谷健の2人は中年の職人に相撲部屋でもっとも地位の低い力士である褌担(ふんどしかつ)ぎとまちがえられました。

火野葦平と長谷健の2人はいい気になって力士のふりをしていましたが、そのうちにバレそうになって「あんまり遅くなると親方から目玉をくうから」と逃げだしました。

火野葦平と長谷健はよっぽど体格がよかったのですね。

酒も豪快に飲んでいたのでしょう。

ふつうの方ならアルコール性肝炎になり、最後は肝硬変肝臓ガンで死ぬところでしょうか。

でも、現在では肝炎でもウイルス性肝炎はインターフェロン療法がありました。

薬物治療の中で、完治が見込める唯一の治療法といわれていました。

しかし、効能がある方と効能がみられない方があること、発熱、全身倦怠感などの副作用が多いことが問題でした。

ところが、2015年7月に治癒の効能が100%期待できるという画期的な新しい薬剤ハーボニー配合錠が登場しました。3か月ほどの服用で完治が見込めます。

ハーボニー配合錠は副作用もほとんどなく、1錠約5万円と高額ですが、保険の適用や国の補助で月間では1〜2万円ですむそうです。

インターフェロンとは

インターフェロンとは体内でウイルスなどの病原体やガン細胞などの異物に反応して細胞が分泌するタンパク質です。

インターフェロンはウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをしています。

インターフェロンはウイルスに対して直接作用するのではなく、ウイルスの宿主となる細胞にウイルス抵抗性を与えています。

インターフェロンの抗ウイルス作用はたいへん強いのですが、ウイルス性肝炎のウイルスのように感染が持続しやすいウイルスに対しては、体内でつくられるインターフェロンでは少なすぎます。

そのため、インターフェロン療法では遺伝子組み換え操作をした大腸菌などでヒトインターフェロンを大量生産して、体外から与えるようにしています。

インターフェロンの働き

インターフェロンは産生する細胞により、IFN-α(アルファ)、IFN-β(ベータ)、IFN-γ(ガンマ)、IFN-ω(オメガ)の4種類があります。

IFN-αは白血球の好中球やマクロファージ(大食細胞)などが由来ですが、ウイルスの核酸細菌内毒素により誘発されつくられます。

IFN-αは抗ウイルス作用のほかガン増殖抑制作用などがあるといわれています。

IFN-ωはIFN-αとほぼ同じです。IFN-βは皮膚などの上皮細胞や繊維芽細胞などでつくられ、抗ウイルス作用や抗ガン作用などがあります。

IFN-γはT細胞NK細胞でつくられ、ガン細胞などの抗原細胞により誘発され産生されます。

IFN-γはマクロファージを活性化するなど免疫学的制御因子として働きますが抗ウイルス作用は弱いといわれています。

インターフェロンの副作用

インターフェロン療法はウイルス性肝炎の治療に非常に効能が期待できるのですが、副作用もあります。

副作用としては次のようなものがあります。

インターフェロン療法の問題

インターフェロン療法は新しい薬剤ハーボニー配合錠が登場するまで、現在の薬物治療の中で、ウイルス性肝炎などの完治が見込める唯一の治療法といわれていました。

しかし、効能がある方と効能がみられない方があるため、治療を開始するための条件が決められています。

インターフェロン療法の効能の個人差のため、個人によっては副作用の苦しさだけが残って、十分な効能がみられない方もいらっしゃいます。

そのため、インターフェロン療法でウイルス性肝炎の完治が見込めるにもかかわらず、インターフェロン療法を拒否する方がいらっしゃいました。

それは、副作用の苦しさだけをマスコミなどが大々的に取り上げ、効能が期待できない療法として一般に伝わっていることもありました。

どんな疾患でも治療法は決して楽なものではありません。

後遺症が残る疾患ならなおさらです。

インターフェロン療法によるウイルス性肝炎の治療は後遺症もなく、完治が見込めました。

しかし、副作用のほとんどないハーボニー配合錠の出現により、ウイルス性肝炎の治療では使用が少なくなっていくでしょう。

ハーボニー配合錠は国や自治体によっては補助金がでますので、経済的にも負担が少ない治療法となっています。

インターフェロンのまとめ

インターフェロンとは体内でウイルスなどの病原体やガン細胞などの異物に反応して細胞が分泌するタンパク質です。

インターフェロンはウイルス増殖の阻止や細胞増殖の抑制、免疫系および炎症の調節などの働きをしています。

インターフェロン療法は現在の薬物治療の中で、ウイルス性肝炎などの完治が見込める唯一の治療法といわれています。

しかし、インターフェロン療法には、頭痛、発熱、筋肉痛、全身倦怠感、食欲不振、意欲低下、脱毛、不眠、鬱(うつ)、間質性肺炎の副作用のリスクがあります。

インターフェロン療法によるウイルス性肝炎の治療は後遺症もなく、完治が見込めました。

しかし、新しい薬剤ハーボニー配合錠の出現により、ウイルス性肝炎の治療では使用が少なくなっていくでしょう。

ハーボニー配合錠は国や自治体によっては補助金がでますので、経済的にも負担が少ない治療法となっています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ