健康食品・サプリメントの泉

プロゲステロン

19〜20世紀のイギリスのシェークスピア役者で劇場支配人のハーバート・ビアボウム トリーは舞台稽古中にある若い役者にいいました。

「君もっと後ろへ」と。その後、またハーバート・ビアボウム トリーはその若い役者に「もっとずっと下がりたまえ」といいました。

若い役者はたまりかねて「これ以上下がれば舞台からでてしまいます」というとハーバート・ビアボウム トリーは「そう、それがいいんだ」といいました。

ハーバート・ビアボウム トリーはその役者を舞台から追いだしたかったのですね。すなおに「でていけ!」といえば、素人と同じで、役者としてのプライドが許さなかったとか。

でも、相手の役者の腕を引きだすのも役者の腕ですから、ハーバート・ビアボウム トリーもその若い役者をうまく演じさせればよかったのではないでしょうか?

プロゲステロンはもう1つの女性ホルモン、エストロゲンの影にかくれてあまり注目されていませんが、乳ガンを防ぐという働きがあることが最近わかってきました。

このような縁の下の力持ちのようなプロゲステロンの腕を引きだす方法はないのでしょうかね。

プロゲステロンとは

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、エストロゲンとならんで女性ホルモンの1つで、月経周期の排卵後に卵巣でつくらされるステロイドホルモンです。

プロゲステロンは体内ではプレグレノロンというステロイドホルモンからつくられ、プロゲステロンは卵巣のほかに副腎神経細胞でもわずかにつくられます。

また、副腎皮質ホルモンのアルドステロンやコルチゾール、男性ホルモンのテストステロンと女性ホルモンのエストロゲンなど多くのステロイドホルモンはプロゲステロンからつくられます。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンで、体内の水分を保持して、食欲を増進させ、妊娠させる働きや妊娠を継続させる働きがあります。

プロゲステロンには身体の体温を高める作用があります。排卵後に基礎体温が上昇し、高温期ができるのはプロゲステロンが分泌されるからです。

プロゲステロンは高温期を安定させる大切な働きを担っていますが、安定した高温期があることで精子と卵子による受精が行われ、妊娠することができます。

しかし、ストレスや栄養の偏りなどにより、卵巣機能が低下すると、黄体形成に悪影響がでるようになります。

黄体機能が低下すると、プロゲステロンが安定的に分泌できなくなり、その影響で高温期を維持できなくなります。

安定した高温期がないと受精が行われず、不妊症の大きな原因となります。

プロゲステロンの抗ガン作用

エストロゲンは月経周期の前半部分を安定させる働きがあり、これに対してプロゲステロンは後半部分を安定する役割を担っています。

プロゲステロン分泌量の多い月経周期の後半部分は、腹痛や腰痛、頭痛、吹き出物がでるなど「肌荒れ」にも悩まされ、感情的にもイライラすることが多い時期です。

しかし、最近の医学研究ではプロゲステロンがエストロゲンの分泌を抑制し、乳ガンを防ぐ効能があることが発見されています。

また、プロゲステロンは精神を安定させ、心おだやかに全体的な幸福感を高める、心地よいホルモンであるとの研究報告もあります。

プロゲステロンのまとめ

プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれ、エストロゲンとならんで女性ホルモンの1つで、月経周期の排卵後に卵巣でつくらされるステロイドホルモンです。

プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンで、体内の水分を保持して、食欲を増進させ、妊娠や妊娠を継続させる働きがあります。

プロゲステロン分泌量の多い月経周期の後半部分は、腹痛や腰痛、頭痛、吹き出物がでるなど「肌荒れ」にも悩まされ、感情的にもイライラすることが多い時期です。

しかし、最近の医学研究ではプロゲステロンがエストロゲンの分泌を抑制し、乳ガンを防ぐ効能があることが発見されています。

また、プロゲステロンは精神を安定させ、心おだやかに全体的な幸福感を高める、心地よいホルモンであるとの研究報告もあります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3