健康食品・サプリメントの泉

成長ホルモン

「変身」「審判」などを書いた20世紀のチェコスロバキアの小説家フランツ・カフカは少年時代に自分の顔は醜いと信じ込んでいました。

そのため鏡が大嫌いで、鏡を見ることを極端に怖がりました。

その上、新しい服を着ることも嫌がりました。

美しい衣服を着ると、顔の醜さがそれだけ目立つというのが彼の考え方でした。

どうでしょうね。

カフカは何か特殊な美的センスを持っていたのではないでしょうか。

でなければ、「変身」「審判」なんていう小説は書けないと思います。

ところで、一般的にブサメン、醜男(ぶおとこ)よりは背が低い、太っている、頭の毛髪の薄い、つまりハゲの男性が女性から敬遠される傾向があります。

ですから、女性にモテるためには成長期には睡眠をしっかりとって、成長ホルモンを分泌させ、背を伸ばした方がいいのではないでしょうか。

成長ホルモンとは

成長ホルモン脳下垂体前葉(のうかすいたいぜんよう)から分泌されるホルモンで、ソマトトロピンとも呼ばれます。

成長ホルモンの分泌は視床下部(ししょうかぶ)からの刺激によって調節されています。

成長ホルモンの働き

成長ホルモンは細胞膜のアミノ酸の通過を刺激するなどの作用によって身体を成長させる働きがあります。

成長ホルモンは成長に関する作用と代謝をコントロールする作用があり、細胞分裂を盛んにし、糖質タンパク質脂質の代謝を促進します。

また、成長ホルモンは血糖値を上昇させ、カルシウム濃度を一定に保つ働きがあります。

そのほかにも、成長ホルモンは身体のエネルギー不足のとき体脂肪を燃焼させる作用があります。

成長ホルモンは成長期よりも前の時期に不足すると小人症(こびとしょう)になり、過剰になると巨人症(きょじんしょう)になります。

成長ホルモンは成長期以降に不足すると疲労回復ができない、免疫力の低下などを生じ、過剰になると先端巨大症(せんたんきょだいしょう)になります。

なお、先端巨大症は以前は末端肥大症(まったんひだいしょう)と呼ばれていました。

睡眠と成長ホルモンの分泌

成長ホルモンは自律神経の副交感神経が優位である睡眠中に分泌されます。

それもノンレム睡眠のときに分泌されるので、成長ホルモンを分泌させるためには質の良い睡眠が必要になります。

睡眠中に脳下垂体前葉は2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌しています。

そのため、子どもの成長や傷を治すほか、皮膚などの新陳代謝、筋肉の増加には睡眠が必要になります。

自然治癒力や免疫力は睡眠をとることによって増えます。

睡眠不足は視床下部の損傷をきたし、ホルモンバランスの異常から、自律神経の失調、体温調節不良、動悸、不整脈などの体調の変化をもたらします。

精神的なストレスの軽減にも睡眠は必要です。

というよりも、睡眠不足はふつうにひどい精神的なストレスを引き起こします。

成長ホルモンのまとめ

成長ホルモンは脳の脳下垂体前葉(のうかすいたいぜんよう)から分泌されるホルモンで、ソマトトロピンとも呼ばれます。

成長ホルモンは細胞膜のアミノ酸の通過を刺激するなどの作用によって身体を成長させる働きがあります。

成長ホルモンは成長に関する作用と代謝をコントロールする作用があり、細胞分裂を盛んにし、糖質やタンパク質、脂質の代謝を促進します。

また、成長ホルモンは血糖値を上昇させ、カルシウム濃度を一定に保つ働きがあります。

そのほかにも、成長ホルモンは身体のエネルギー不足のとき体脂肪を燃焼させる作用があります。

成長ホルモンは自律神経の副交感神経が優位である睡眠中に分泌されます。

それもノンレム睡眠のときに分泌されるので、成長ホルモンを分泌させるためには質の良い睡眠が必要になります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ