健康食品・サプリメントの泉

インドール

15世紀のイギリスの王、ヘンリー4世は国民の風俗があまり華美になったので、派手な服装、アクセサリー着用禁止令をだしました。

しかし、さっぱり効き目がありませんでしたので、ただし、売春婦とスリはお構いなしとただし書きを法令に加えました。

たちまちその日から法令は守られるようになったそうです。

15世紀のイギリス国民の皆さんは売春婦とかスリに見られるのが嫌だったのですね。

まあ、いくらいい服装をしても、インドールとかスカトールの臭いがプンプンしていたら、台無しですが。

インドールとは

インドールは便の中にある特有の強い糞臭(ふんしゅう)を持つ、タンパク質腐敗したときに生じる化合物です。

インドールは希薄状態では新鮮な芳香を発し、ジャスミン油、橙花油などの花精油の調合などに使われます。

また、インドールは染料、香料、アルカロイドなどの合成原料としても重要な化合物です。

インドールは藍染染料のインディゴから名づけられました。

インドールの発生

インドールは体内では腸内フローラに棲息する腸内細菌によるタンパク質の発酵・分解により生じます。

腸内フローラには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌(ぜんだまきん)とウェルシュ菌や大腸菌の有毒株などの悪玉菌(あくだまきん)、大腸菌の無毒株などの日和見菌(ひよりみきん)が棲息しています。

インドールはウェルシュ菌や大腸菌の有毒株などの悪玉菌による、タンパク質の発酵・分解、つまり必須アミノ酸トリプトファン代謝の際に生じます。

そのため、便やおならがインドールやスカトールの臭いで臭くなります。

また、メタンガスも食物繊維などのセルロースの発酵によって生じ、おならに含まれますので、おならに火をつけると燃えます。

スカトール

スカトールはインドールの誘導体でインドール環の3位にメチル基をもっていて、3-メチルインドールともいいます。

スカトールは腸内細菌のウェルシュ菌や大腸菌の有毒株などの悪玉菌によるトリプトファン代謝によって生じ、インドールとともに糞臭の原因となっています。

スカトールもトリプトファンの代謝産物で、大腸などの消化管内に発生し悪臭を発します。

インドールのまとめ

インドールは便の中にある特有の強い糞臭(ふんしゅう)を持つ、タンパク質が腐敗したときに生じる化合物です。

インドールは希薄状態では新鮮な芳香を発し、ジャスミン油、橙花油などの花精油の調合などに使われます。

また、インドールは染料、香料、アルカロイドなどの合成原料としても重要な化合物です。

インドールはウェルシュ菌や大腸菌の有毒株などの悪玉菌による、タンパク質の発酵・分解、つまり必須アミノ酸のトリプトファン代謝の際に生じます。

同時にスカトールも生じ、スカトールも腸内細菌によってタンパク質が腐敗・分解してできた、トリプトファンの代謝産物で、大腸などの消化管内に発生し悪臭を発します。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ