健康食品・サプリメントの泉

ヨーグルト

「桜の園」を書いた19世紀末のロシアの小説家で劇作家でもあるアントン・チェーホフが「退屈な話」を書いたとき、ある批評家の批評があまりトンチンカンだったので、チェーホフがたまりかねていいました。

コーヒーをだされたときには、ビールの味がしないなんていうものじゃないよ」と。

現代ではタイトルと中身の関係がさっぱりわからない小説もあるので、トンチンカンな批評はざらにありますね。

また、ヨーグルトにもアロエやブルーベリーはともかく、なんのことやらさっぱりわからないものが入っているヨーグルトもありますね。

ヨーグルトとは

ヨーグルトはウシやヒツジやヤギなどの乳に乳酸菌や酵母菌酢酸菌を混ぜて発酵させてつくる発酵食品です。

ヨーグルトの多くは乳酸菌や酢酸菌によって乳酸酢酸が生成されるので、酸っぱい風味になります。

約7,000年前からヨーグルトがつくられていて、生乳の母体はちがってもヨーグルトは世界中にあります。

世界保健機関(WHO)によるヨーグルトの定義もできています。

私はまだやったことがありませんが、古いヨーグルトと牛乳を使って、家庭でもつくることができるそうです。

牛乳を沸騰させ、30〜45℃に冷えるのを待って、種と呼ばれる古いヨーグルトを入れ、30〜45℃で1晩置くとつくることができるそうです。

ヨーグルトの乳酸菌

人間の腸内、とくに小腸の回腸から大腸にかけての腸内フローラと呼ばれる部分に善玉菌(ぜんだまきん)と呼ばれる乳酸菌がいます。

腸内フローラとは小腸の回腸から大腸にかけて棲息する多種多様な細菌の群落、腸内細菌叢(そう)のことです。

腸内細菌は群落をつくりながら、腸内の壁面にびっしりと棲息していて、それをフローラ、花畑にたとえて、腸内フローラと呼んでいます。

腸内フローラに棲息する細菌の種類は個人やその方の生活習慣、年齢、ストレスなどによってそれぞれ違いますが、善玉菌と悪玉菌(あくだまきん)と日和見菌(ひよりみきん)の3つにわけられます。

健康な方の腸内では、善玉菌が悪玉菌よりも多く、悪玉菌が善玉菌よりも多い方は健康が悪くなっている状態であるといえます。

腸内の乳酸菌はヨーグルトの乳酸菌とは別の種類で、個人差はありますが、ヨーグルトの乳酸菌が人間の腸内に棲息、定着することは少ないと考えられています。

ヨーグルトの乳酸菌の多くは口から食べても、の消化液の胃液の胃酸や胆汁(たんじゅう)の胆汁酸によって死滅してしまいます。

そのため、健康食品やサプリメントの乳酸菌の多くは、胃液や胆汁によって乳酸菌が死滅しないような工夫をしています。

たとえば、乳酸菌でも有胞子性乳酸菌といって乳酸菌自体がカプセルに包まれた状態のものを使います。

また、乳酸菌が入った粉末をゼラチンなどでつくったカプセルにつめて、胃や小腸で死滅しないようにして大腸まで届くように工夫したものなどがあります。

ヨーグルトの乳酸菌の効能

生きて腸まで届くヨーグルトの乳酸菌は少ないのですが、たとえ死滅しても、死滅した乳酸菌も死んだ悪玉菌を食物繊維とともに吸着して体外に排出することで役立っています。

また、ヨーグルトの乳酸菌の発酵成分の乳酸が腸内を悪玉菌の嫌う酸性に保って、悪玉菌の増殖を抑える効能もあると考えられています。

つまり、ヨーグルトは悪玉菌の増殖を抑え、腸の動きを活発にして便秘下痢を防ぎ、腸内環境を整える整腸作用の効能が期待できます。

そのほか、ヨーグルトの乳酸菌は死滅した乳酸菌も含めて、小腸のパイエル板に作用し、免疫力の強化に役立っています。

ヨーグルトは免疫力を正常化してアトピー性皮膚炎花粉症などのアレルギー症状の予防と軽減の効能が期待できます。

ヨーグルトのまとめ

ヨーグルトはウシやヒツジやヤギなどの乳に乳酸菌や酵母菌を混ぜて発酵させてつくる発酵食品です。

腸内フローラとは小腸の回腸から大腸にかけて棲息する多種多様な細菌の群落、腸内細菌叢(そう)のことです。

腸内細菌は群落をつくりながら、腸内の壁面にびっしりと棲息していて、それをフローラ、花畑にたとえて、腸内フローラと呼んでいます。

腸内フローラに棲息する細菌の種類は個人やその方の生活習慣、年齢、ストレスなどによってそれぞれ違いますが、善玉菌(ぜんだまきん)と悪玉菌(あくだまきん)と日和見菌(ひよりみきん)の3つにわけられます。

健康な方の腸内では、善玉菌が悪玉菌よりも多く、悪玉菌が善玉菌よりも多い方は健康が悪くなっている状態であるといえます。

腸内の乳酸菌はヨーグルトの乳酸菌とは別の種類で、個人差はありますが、ヨーグルトの乳酸菌が人間の腸内に棲息、定着することは少ないと考えられています。

ヨーグルトの乳酸菌の多くは口から食べても、胃や小腸の胃液の胃酸や胆汁(たんじゅう)の胆汁酸によって死滅してしまいます。

そのため、健康食品やサプリメントの乳酸菌の多くは、胃液や胆汁によって乳酸菌が死滅しないような工夫をしています。

生きて腸まで届くヨーグルトの乳酸菌は少ないのですが、たとえ死滅しても、悪玉菌を食物繊維とともに吸着して体外に排出することで役立っています。

また、ヨーグルトの乳酸菌の発酵成分の乳酸が腸内を悪玉菌の嫌う酸性に保って、悪玉菌の増殖を抑える効能もあると考えられています。

つまり、ヨーグルトは悪玉菌の増殖を抑え、腸の動きを活発にして便秘や下痢を防ぎ、腸内環境を整える整腸作用の効能が期待できます。

そのほか、ヨーグルトの乳酸菌は死滅した乳酸菌も含めて、小腸のパイエル板に作用し、免疫力の強化に役立っています。

ヨーグルトは免疫力を正常化してアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状の予防と軽減の効能が期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ