健康食品・サプリメントの泉

パーキンソン病

「若きウェルテルの悩み」「ファウスト」などを書いた詩人で劇作家のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは1822年、73歳のときに熱病にかかりました。

ゲーテは一時危篤に陥ったほどでしたが、間もなく回復し、若い令嬢たちと真夜中までダンスをするほどになりました。

そればかりか、かつて恋したレーヴェツォー夫人の娘ウルリケに結婚を申し込むまでしました。

お盛んですね。

ゲーゲはパーキンソン病や認知症とは無縁だったのでしょうね。

パーキンソン病とは

パーキンソン病は脳内の神経伝達物質のドーパミンが不足し、逆にアセチルコリンという神経伝達物質が脳内に増えていく進行性の神経変性疾患の1つです。

パーキンソン病は認知症のような症状があり、厚生労働省から難病として指定されている疾患です。

パーキンソン病は50代以上の方が発症することが多く、高齢化社会になっていく現代、高齢者の方の発症が増えています。

2016年6月に亡くなった、アメリカのプロボクシングの元ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリが晩年かかっていた疾患です。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病には振戦と呼ばれる手足がふるえる症状、動作緩慢となるほか無動になる症状、固縮と呼ばれる筋肉がかたくなる症状、姿勢反射障害と呼ばれる身体のバランスが悪くなるといった症状があります。

パーキンソン病では顔の表情が乏しくなる、声が小さくなる、書く字が小さくなる、屈曲姿勢をとる、小股で突進するように歩くなどの運動症状がでます。

また、パーキンソン病は運動障害以外にも便秘や頻尿などの自律神経の異常、不眠などの睡眠障害、うつ症状、認知機能障害がでます。

パーキンソン病の治療

パーキンソン病は現在のところ根本的な治療法は確立されていません。

そのため、症状を改善するほか、疾患の進行を遅らせる治療法が基本となっています。

パーキンソン病の治療法としては次のものがあります。

  1. 薬物療法
    • 薬物療法はパーキンソン病の治療の中心となっている治療法です。
    • 薬物療法は減少しているドーパミンを補うほか、ドーパミンの代用として作用する薬剤を服用します。
    • また、アセチルコリンの働きを抑え、ドーパミンとバランスを取るために抗コリン剤という薬剤も使います。
  2. 遺伝子療法
    • 遺伝子療法は薬物療法の効能が現れにくくなった場合に有効な治療法です。
    • 体内にドーパミンを生成するのに必要な酵素の遺伝子を細胞に組込み、脳内に注入します。
  3. 手術療法
    • 手術療法は外科手術によって、運動に関わる神経の細胞を一部破壊するほか、電極を脳内に埋め込んで電気的刺激を与え、運動障害などを改善する治療法です。
    • 手術療法はパーキンソン病を完治させるものではなく、薬物療法と併用して症状を改善するほか、パーキンソン病の進行を遅らせる治療法です。

なお、パーキンソン病の治療は上記の3つの治療法のいずれかを組み合わせて行う治療法もあります。

パーキンソン病のまとめ

パーキンソン病は脳内の神経伝達物質のドーパミンが不足し、逆にアセチルコリンという神経伝達物質が脳内に増えていく進行性の神経変性疾患の1つです。

パーキンソン病は認知症のような症状があり、厚生労働省から難病として指定されている疾患です。

パーキンソン病は50代以上の方が発症することが多く、高齢化社会になっていく現代、高齢者の方の発症が増えています。

パーキンソン病には振戦と呼ばれる手足がふるえる症状、動作緩慢となるほか無動になる症状、固縮と呼ばれる筋肉がかたくなる症状、姿勢反射障害と呼ばれる身体のバランスが悪くなるといった症状があります。

パーキンソン病では顔の表情が乏しくなる、声が小さくなる、書く字が小さくなる、屈曲姿勢をとる、小股で突進するように歩くなどの運動症状がでます。

また、パーキンソン病は運動障害以外にも便秘や頻尿などの自律神経の異常、不眠などの睡眠障害、うつ症状、認知機能障害がでます。

パーキンソン病は現在のところ根本的な治療法は確立されていません。

そのため、症状を改善するほか、疾患の進行を遅らせる治療法が基本となっています。

薬物療法は減少しているドーパミンを補うほか、ドーパミンの代用として作用する薬剤を服用します。

また、アセチルコリンの働きを抑え、ドーパミンとバランスを取るために抗コリン剤という薬剤も使います。

パーキンソン病の治療には薬物療法、遺伝子療法、手術療法の3つがあり、3つの治療法のいずれかを組み合わせて行う治療法もあります。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ