健康食品・サプリメントの泉

ストレス

「沈鐘」などを書いてノーベル文学賞を受賞した20世紀のドイツの劇作家で詩人のゲアハルト・ハウプトマンがイタリア旅行中ナポリである古道具屋で買い物をしました。

ハウプトマンが値切ると、古道具屋の主人は「よろしい、旦那のことですから、特別におまけをしましょう」といいました。

ハウプトマンが「自分も有名になったな」と喜んでいると「で、どちらにお届けしますんで、……お名前は?」

旦那という普通名詞とハウプトマンという固有名詞が一致しなかったのですね。

もしかしたら、ハウプトマンという固有名詞はカモという普通名詞だったのかも知れませんね。

ハウプトマンはショックを受けたでしょうね。

ストレスから血圧の低下、心臓機能の低下、体温の低下、意識の低下などの強いショック状態に陥ってしまったかも。

ストレスとは

ストレスは寒冷や外傷、精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応のことです。

ストレスは負荷とか警告反応と呼ばれ、生体にひずみの生じた状態のことをいい、その要因となる刺激や状況もストレスといいます。

ストレスの要因となる刺激をストレッサーといい、寒冷、暑熱、薬品、炎症、感染、疲労、不安などさまざまな刺激がストレッサーになります。

ストレス学説

カナダの内分泌学者のH.セリエはストレッサーに対する生体の反応は脳下垂体前葉から副腎皮質の内分泌系によるとしました。

そして、ストレッサーに対する生体の反応を警告反応期、抵抗期、疲憊(ひはい)期の3段階にわけました。

初めにストレスを受けると、生体は血圧の低下、心臓機能の低下、体温の低下、意識の低下などの強いショック状態に陥ります。

これが警告反応期の中のショック期になります。

それから、ストレッサーによって視床下部から副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン、CRHが放出され、CRHが脳下垂体前葉から副腎皮質刺激ホルモン、ACTHを放出させます。

ACTHが副腎皮質に作用して副腎皮質ホルモンの糖質コルチコイドの分泌を促進します。

この時期が警告反応期の中のショック期のあとの期間で、生体の防衛機能が働き始める時期になります。

抵抗期はストレスに対する生体の諸機能を有機的に再構成し、ストレスに耐え、適応するようになる時期です。

ストレスはこのように本来、外界のストレッサーに対する適応であり、ホメオスタシスつまり恒常性の維持の一種になります。

しかし、ストレッサーに長くさらされると抵抗性を失って、疲憊期に入ります。

その後、ストレッサーは逆に病的な現象を生じさせ、心臓血管系、腎臓(じんぞう)関節などの疾患を引き起こすことになります。

また、ストレスは心身症の重要な原因の1つになるとも考えられています。

なお、ストレスは元来機械工学的な用語で、物体を圧縮したり引き延ばしたりしたときにその物体に生じるひずみを意味します。

セリエによって1936年にストレス学説が提唱されて以来、ストレスということばは日常用語化されています。

ホメオスタシスとは

ホメオスタシスは恒常性ともいわれ、ストレスになる環境の変化に応じて体温や血圧など身体を安定した状態に保とうとする仕組みのことです。

ホメオスタシスは自律神経免疫ホルモンなどの内分泌の相互作用によって維持されています。

ホメオスタシスは体内の酸、血圧、血糖、電解質、エネルギー、ホルモン、酸素タンパク質、および体温の各値を体内と体外の変化に反応して常に調整し、正常の値が保たれるようにしています。

ホメオスタシスはアメリカの生理学者W.キャノンがつくったことばです。

キャノンは1932年に発表した「人体の知恵」という本の中でhomeo(一定の)とstasis(定常状態)というギリシャ語を結びつけてこのホメオスタシスということばを使いました。

このキャノンが提唱したホメオスタシスという概念はその後、生物学上の重要概念となっています。

ほ乳類や鳥類がは虫類よりも気温や湿度などの外部環境の変化に強く、進化することができたのはこのホメオスタシスのおかげともいえるわけです。

つまり、気温が下がっても体温が一定なので活動的であり、ウイルスなどの病原体が体内に侵入しても体温を上げて撃退するということがほ乳類や鳥類ではできますが、は虫類ではできないということです。

ストレスのまとめ

ストレスは寒冷や外傷、精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応のことです。

ストレスは負荷とか警告反応と呼ばれ、生体にひずみの生じた状態のことをいい、その要因となる刺激や状況もストレスといいます。

ストレスの要因となる刺激をストレッサーといい、寒冷、暑熱、薬品、炎症、感染、疲労、不安などさまざまな刺激がストレッサーになります。

ストレスはこのように本来、外界のストレッサーに対する適応であり、ホメオスタシスつまり恒常性の維持の一種になります。

しかし、ストレッサーに長くさらされると抵抗性を失って、疲憊期に入ります。

その後、ストレッサーは逆に病的な現象を生じさせ、心臓血管系、腎臓(じんぞう)、関節などの疾患を引き起こすことになります。

また、ストレスは心身症の重要な原因の1つになるとも考えられています。

ストレスは元来機械工学的な用語で、物体を圧縮したり引き延ばしたりしたときにその物体に生じるひずみを意味します。

セリエによって1936年にストレス学説が提唱されて以来、ストレスということばは日常用語化されています。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ