健康食品・サプリメントの泉

オリゴ糖

「トム・ソーヤーの冒険」などを書いた19世紀のアメリカの小説家マーク・トウェインがあるパーティーに出席しました。

そのパーティーでは天国と地獄について参加者が熱心に議論していましたが、マーク・トウェインは全然しゃべりませんでした。

マーク・トウェインの隣に座った婦人が「どうして何もおっしゃいませんの?」とマーク・トウェインにたずねました。

すると、マーク・トウェインは「なにしろ、私は両方に知人がいますのでね。黙っていた方がいいんです」と答えました。

つまり、マーク・トウェインは天国にも地獄にも知り合いがいるということですね。

それは天使と悪魔かも…ジョークですね。

ところで、タマネギなどに含まれるフラクトオリゴ糖などは口から入って大腸まで消化されずに到達します。

いわば、腸の奥の地獄までノンストップでいくわけですね。

でも、その地獄には天使のような善玉菌(ぜんだまきん)がいて、フラクトオリゴ糖を有用成分に変えて地獄を天国に変えてくれます。

オリゴ糖とは

オリゴ糖はまだ明確な定義はありませんが、ブドウ糖や果糖などの単糖が、2〜10個程度結合した糖類の総称です。

オリゴ糖にはフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、大豆オリゴ糖、キシロオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、ラフィノースなどさまざまな種類があります。

オリゴ糖は単糖が2つ結合した麦芽糖やショ糖、つまり砂糖などの二糖類やマルトオリゴ糖などの三糖類、スタキオースなどの四糖類などがあります。

単糖はブドウ糖や果糖など、分子構造的にそれ以上分解できない糖類のことです。

なお、単糖が何万と結合しているもの、デンプンやセルロースなどは多糖類といいます。

オリゴ糖の働き

食物から摂取されたオリゴ糖食物繊維難消化性デキストリンは、小腸において消化液や消化酵素によって消化吸収を受けずに大腸まで到達します。

そして、オリゴ糖などは大腸に常在するビフィズス菌などの善玉菌による栄養となり、ビフィズス菌などの発酵を受けて、乳酸酢酸酪酸などがつくりだされます。

腸内細菌はオリゴ糖を発酵させて腸内を酸性に保ち、さらに、大腸を蠕動(ぜんどう)させ、便通を促します。

つまり、オリゴ糖は便秘の予防に効能が期待できます。

腸内細菌の働き

私たちの健康維持に欠かせないものの1つに腸内細菌があります。

腸内フローラと呼ばれる小腸の回腸から大腸にかけての腸内には300種以上、100兆個ともいわれる細菌が棲んでいます。

この腸内細菌はビフィズス菌やアシドフィルス菌のような善玉菌、大腸菌の有毒株やウェルシュ菌などの悪玉菌(あくだまきん)、大腸菌の無毒株などの日和見菌(ひよりみきん)にわけられます。

この腸内フローラにおける発酵では、乳酸やコハク酸などがつくりだされますが、腸内細菌によってさらに代謝され、酢酸、プロピオン酸、酪酸の3つの短鎖脂肪酸が最終的につくりだされます。

乳酸や酢酸などの酸性成分は大腸の蠕動を促すとともに、悪玉菌であるウェルシュ菌や大腸菌の有毒株などの増殖を抑え、善玉菌の腸内フローラにおける相対的割合を高めるのに役立っています。

オリゴ糖は善玉菌による腸内環境の改善やビタミンB1ビタミンB6などのビタミンB群の産生にも役立ちます。

オリゴ糖のまとめ

オリゴ糖はまだ明確な定義はありませんが、ブドウ糖や果糖などの単糖が、2〜10個程度結合した糖類の総称です。

オリゴ糖にはフラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、大豆オリゴ糖、キシロオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、ラフィノースなどさまざまな種類があります。

オリゴ糖は単糖が2つ結合した麦芽糖やショ糖、つまり砂糖などの二糖類やマルトオリゴ糖などの三糖類、スタキオースなどの四糖類などがあります。

腸内細菌はオリゴ糖を発酵させて腸内を酸性に保ち、さらに、大腸を蠕動(ぜんどう)させ、便通を促します。

つまり、オリゴ糖は便秘の予防に効能が期待できます。

このように、オリゴ糖は善玉菌による腸内環境の改善やビタミンB1、ビタミンB6などのビタミンB群の産生にも役立ちます。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ