健康食品・サプリメントの泉

スカトール

古代中国の三国時代の魏の呉起将軍は部下が腫れ物をつくって苦しんでいるときに膿を口で吸いだしてやりました。

その話を聞いて部下の母がさめざめ泣いて

「将軍はあの子の父親の膿も吸ったのです。おかげで夫は恩に着て戦死してしまいました。今度は息子の番です」

といいました。

いやあ、部下思いの立派な将軍ですよね。

決して恩を着せるために膿を口で吸いだしたのではないですよね。

でも、呉起将軍は部下が便秘で苦しんでいるときに便を口で吸いだしてくれるわけはないでしょうね。

便の場合はスカトールやインドールのため、臭くてたまりませんものね。

スカトールとは

スカトールインドールの誘導体でインドール環の3位にメチル基をもっていて、3-メチルインドールともいいます。

スカトールは腸内細菌ウェルシュ菌大腸菌の有毒株などの悪玉菌(あくだまきん)によるトリプトファン代謝によって生じ、インドールとともに糞臭(ふんしゅう)の原因となっています。

スカトールはギリシャ語の糞(ふん)を意味するskatoから名づけられました。

スカトールの利用

スカトールは低濃度ではジャスミンやオレンジの花の香りがあり、実際に花にも含まれています。

そのため、スカトールは香水やタバコの香料、定着剤、添加剤として利用されています。

インドールとは

インドールも便の中にある特有の強い糞臭(ふんしゅう)を持つ、タンパク質腐敗したときに生じる化合物です。

インドールも希薄状態では新鮮な芳香を発し、ジャスミン油、橙花油などの花精油の調合などに使われます。

インドールは染料、香料、アルカロイドなどの合成原料としても重要な化合物です。

インドールもウェルシュ菌や大腸菌の有毒株などの悪玉菌による、タンパク質の発酵・分解、つまりトリプトファン代謝の際に生じます。

スカトールのまとめ

スカトールはインドールの誘導体でインドール環の3位にメチル基をもっていて、3-メチルインドールともいいます。

スカトールは腸内細菌、ウェルシュ菌や大腸菌の有毒株などの悪玉菌(あくだまきん)によるトリプトファン代謝によって生じ、インドールとともに糞臭(ふんしゅう)の原因となっています。

スカトールは低濃度ではジャスミンやオレンジの花の香りがあり、実際に花にも含まれています。

そのため、スカトールは香水やタバコの香料、定着剤、添加剤として利用されています。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ