健康食品・サプリメントの泉

ワイン

1950年ごろにフランスの新聞が、男性の場合はなってみたい、女性の場合はもっとも親しみのある、文学のヒーローは誰かとアンケートをしました。

アンケートの回答は男性、女性とも同じで1位がシラノ・ド・ベルジュラック、2位がジャン・バルジャン、3位がダルタニャンでした。

シラノ・ド・ベルジュラックは大きな鼻の醜男であるが、恋するロクサーヌのために美男子のクリスチャンとの仲を取り持って、死んでいくという男気のある人物でした。

ジャン・バルジャンはビクトル・ユゴーの書いた「レ・ミゼラブル」の主人公で1切れのパンを盗んだために19年間刑務所に入った人物です。

ジャン・バルジャンは社会を恨んで、出所後、極悪人になるつもりでしたが、司教ミリエルの慈悲によって改心し、変名のマドレーヌを名乗って市長までなります。

その後、自分の身代わりの無実の男を救うためにすべてを投げ打って名乗りでるという、これまた男気のある人物でした。

ダルタニャンはご存じ、アレクサンドル・デュマの書いた「三銃士」の主人公です。

「三銃士」はダルタニャンが三銃士のアトス、ポルトス、アラミスと協力して王妃の失墜をはかる宰相リュシュリュー枢機卿と対決して活躍する物語です。

上記の3人はいずれも男気のある人物ですね。

やはり、ヒーローは男気がなければいけないのですね。

ところで、フランスといえばワインです。

みなさんも、お好きなフランスワインがあるのではありませんか。

ワインとは

ワインとはブドウを原料として酵母菌を発酵させた醸造酒です。

ワインは紀元前3,000年の昔から古代エジプトで薬用としても飲まれていたという報告があるほど、昔から飲まれていました。

ヨーロッパのワインはローマ帝国の外征とともにブドウ栽培が広がって、各地にワインがつくられるようになりました。

日本にワインが入ってきたのは幕末で、ペリーが来航したときに、幕府の役人にワインを飲ませたという記録があります。

また、ペリーが翌年、来航したときに日米和親条約を締結しましたが、船上でパーティを開いた際に、ワインやシャンパン、ビールなどを幕府の役人にふるまったというペリーの回顧録があります。

ワインの種類

白ワインはブドウの果汁のみを使っています。

赤ワインはブドウの果皮、種子を含めて使っています。

ロゼワインは赤ワインの発酵の途中で果皮と種子を取り除いてつくります。

また、ワインを飲むタイミングでわけることもできます。

食事前に飲むワインは食前酒ですが、シェリー、ベルモット、マディラなどがあります。

食事中に飲むワインはテーブルワインといいますが、魚料理などに合うラインワインなどの白ワイン、肉料理などに合うクラレットなどの赤ワインがあります。

食後に飲むデザートワインはポートやムスカテルなどがあります。

ワインの健康への効能

ワインの健康への効能は一般的にはフレンチ・パラドックスが知られています。

フレンチ・パラドックスというのはフランスでは脂肪分の多い油脂を使って肉料理を食べるほか、タバコを吸うにもかかわらず、心疾患での死亡率が低い現象のことです。

このフレンチ・パラドックスは赤ワインのポリフェノールの効能と考えられています。

赤ワインには果皮や種子に含まれるタンニンアントシアニンフラボノイドカテキンなどのポリフェノールが大量に含まれています。

これらのポリフェノールは活性酸素を消去する働きがあり、コレステロールの酸化を防ぐことが期待できます。

コレステロールの酸化を防ぐことは血栓や動脈硬化の予防が期待できますので、狭心症心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性心疾患、脳梗塞(のうこうそく)などの予防に効能が期待できるわけです。

ワインのまとめ

ワインとはブドウを原料として酵母菌を発酵させた醸造酒です。

白ワインはブドウの果汁のみを使っています。

赤ワインはブドウの果皮、種子を含めて使っています。

ロゼワインは赤ワインの発酵の途中で果皮と種子を取り除いてつくります。

また、ワインを飲むタイミングでわけることもできます。

食事前に飲むワインは食前酒ですが、シェリー、ベルモット、マディラなどがあります。

食事中に飲むワインはテーブルワインといいますが、魚料理などに合うラインワインなどの白ワイン、肉料理などに合うクラレットなどの赤ワインがあります。

食後に飲むデザートワインはポートやムスカテルなどがあります。

赤ワインには果皮や種子に含まれるタンニン、アントシアニン、フラボノイド、カテキンなどのポリフェノールが大量に含まれています。

これらのポリフェノールは活性酸素を消去する働きがあり、コレステロールの酸化を防ぐことが期待できます。

コレステロールの酸化を防ぐことは血栓や動脈硬化の予防が期待できますので、狭心症や心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性心疾患、脳梗塞(のうこうそく)などの予防に効能が期待できるわけです。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ