健康食品・サプリメントの泉

肝斑

「ツァラトゥストラはかく語りき」「超人」などを書いた19世紀のドイツの哲学者フリードヒ・ニーチェはあるとき次のように書きました。

「私はこの世に神を存在させることができない。なぜなら、1人でも神がいるとしたら、私は自分が神でないことを、とても我慢できないから」

う〜ん。

これは究極の真理の半分ですね。

神が確かに存在するという証拠がない限りは。

でも、後の半分は自分が神であるという証明ができないと。

例えば、肝斑を手でなでるだけで消し去るとか。

ゴッドハンドなんちゃって。

肝斑とは

肝斑(かんぱん)は顔などに扇状に広がり、大きく淡褐色をしていて、健常な皮膚とシミとの境界がぼやけていて、はっきりしていないシミです。

シミには肝斑のほか、老人性色素斑である日光性黒子(にっこうせいこくし)という、紫外線が原因でおこるシミや小さな斑点が拡がるソバカスがあります。

肝斑の原因

肝斑は紫外線によってできる日焼けなどのシミやソバカスではなく、女性ホルモンのバランスが影響してできるシミといわれています。

また、肝斑は妊娠中またはピル服用中に両ほおやの下側など左右対称的に現れることが多く、30〜40代の女性に多く見られます。

50代後半以降や閉経後には肝斑は薄くなり、肝斑は高齢になるとほとんどなくなってしまいます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸で、医薬品としては止血剤として用いられています。

トラネキサム酸は抗炎症作用、抗アレルギー作用があり、蕁麻疹(じんましん)や扁桃炎、口内炎などの治療にも用いられています。

トラネキサム酸は肝斑などのシミなどを抑える医薬品や効能が期待できるサプリメントとしても使われています。

また、トラネキサム酸は化粧品としても使われ、肝斑などのシミを抑え、美白の効能が期待できる美容液にも配合されています。

肝斑のまとめ

肝斑(かんぱん)は紫外線によってできる日焼けなどのシミやソバカスではなく、女性ホルモンのバランスが影響してできるシミといわれています。

また、肝斑は妊娠中またはピル服用中に両ほおや目の下側など左右対称的に現れることが多く、30〜40代の女性に多く見られます。

50代後半以降や閉経後には肝斑は薄くなり、肝斑は高齢になるとほとんどなくなってしまいます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ