健康食品・サプリメントの泉

風疹

20世紀のミステリーの女王と呼ばれたイギリスの推理小説家アガサ・クリスティは「ABC殺人事件」「オリエント急行殺人事件」などいろいろな推理小説を書いています。

そのアガサ・クリスティの推理小説の中に「鏡は横にひび割れて」という作品があります。

映画でも「クリスタル殺人事件」として映画化されていますので、ご覧になった方も多くいらっしゃるでしょう。

その推理小説「鏡は横にひび割れて」や映画「クリスタル殺人事件」の中で風疹は重要な役目を果たしています。

まだ、「鏡は横にひび割れて」や「クリスタル殺人事件」をご覧になっていない方はぜひご覧になってください。面白いですよ。

風疹とは

風疹(ふうしん)はウイルス感染症の一種で、風疹ウイルスによる発熱、発疹、リンパ節の腫れを特徴とする急性熱性発疹症疾患です。

風疹は軽い風邪症状から始まり、発熱し、全身に赤い発疹がみられますが、麻疹(ましん)に比べ熱も低く、症状も軽いことが多いです。

風疹は麻疹に似ていますが、症状のでる期間も短いために、一般に三日ばしかと呼ばれています。

一方、麻疹ははしかとも呼ばれる日本では感染症法に基づく五類感染症に分類されているウイルス性感染症です。

麻疹は強力な感染力と重篤(じゅうとく)な症状や脳炎、肺炎、中耳炎などの合併症を引き起こします。

風疹の問題

風疹は感染しても発熱や発疹などの症状がでないこともありますが、妊娠初期に感染すると、胎児に異常がでる可能性があります。

風疹に感受性のある妊娠20週ごろまでの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、流産することがあります。

また、出生児に心臓疾患、難聴、白内障のような眼病などを引き起こす先天性風疹症候群を発症する可能性がありますので注意が必要です。

風疹は最初に発症したときに症状が軽いと、2度目の発症や、2度目の症状も軽いと、3度目の発症をすることもあります。

病院などで風疹ウイルス抗体検査を行っていますので、不安な方は検査してみることをおすすめします。

風疹は妊婦の方には重大な疾患となりますので、妊婦の方は風疹ウイルスの抗体検査や風疹ワクチンの接種はぜひとも受けてみてください。

麻疹・水疱瘡(みずぼうそう)の違い

麻疹(ましん)は、感染力が非常に強く、生涯を通じて、ほとんどの人が感染します。

麻疹は頭が痛い、体がだるい、重いなどの風邪のような症状から始まり、発熱しますが、3〜4日後にいったん熱が下がります。

その後再び熱が39〜40℃に上がり、全身に赤い発疹がでます。

麻疹は肺炎、脳炎、中耳炎などの合併症を起こすこともあり、場合によっては命を落とす危険性もある疾患です。

麻疹は一度、発症して治癒すると体内に麻疹ウイルスに対する抗体ができて、2度目以降はは麻疹にはかからなくなります。

しかし、子どものころに麻疹を発症した人が大人になってから麻疹を発症すると重篤(じゅうとく)な症状がでることがよくあります。

一方、水疱瘡は発熱とともに、虫にさされたような赤い発疹がでます。

発疹は次第に大きくなり、中に水が入って、強いかゆみをともなうものになっていきます。

2、3日後に大きくなった水疱瘡の発疹はかさぶたになって硬くなりますが、4、5日の間、新しい発疹が増え続けるため、見た目の違う発疹がいろいろ混じることになります。

水疱瘡の原因となるヘルペスウイルスの水痘(すいとう)・帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスは水疱瘡が治っても神経節の中に潜んでいます。

このヘルペスウイルスは中高年になってから免疫力低下にともない、帯状疱疹の原因になることがあります。

風疹のまとめ

風疹(ふうしん)はウイルス感染症の一種で、風疹ウイルスによる発熱、発疹、リンパ節の腫れを特徴とする急性熱性発疹症疾患です。

風疹は「はしか」と呼ばれる麻疹(ましん)に似ていますが、症状のでる期間も短いために、一般に三日ばしかと呼ばれています。

風疹は感染しても発熱や発疹などの症状がでないこともあります。

しかし、風疹に感受性のある妊娠20週ごろまでの妊婦が風疹ウイルスに感染すると、流産することがあります。

また、出生児に心臓疾患、難聴、白内障のような眼病を引き起こす先天性風疹症候群を発症する可能性がありますので注意が必要です。

風疹は最初に発症したときに症状が軽いと、2度目の発症や、2度目の症状も軽いと、3度目の発症をすることもあります。

風疹は妊婦の方には重大な疾患となりますので、病院などで風疹ウイルスの抗体検査や風疹ワクチンの接種はぜひとも受けてみてください。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ