健康食品・サプリメントの泉

サングラス

古代ギリシャの哲学者のスティルポンがやはり哲学者のクラテスと議論をしていました。

すると、そこへ魚売りがやってきました。

スティルポンは議論をやめて、魚を買いにとびだしました。

クラテスが「議論をやめたのか?」というと、スティルポンは「議論は待っていてくれるが、魚は売り切れるからね」といいました。

なんだかねえ。

哲学というのはもっと高尚なものではなかったのですか?

魚を買いにいくような哲学ではね。

哲学者といえばどこか仙人のようなイメージがあって、日常を超越していると思うのは私だけでしょうか。

現代でもそれなりのきちんとした身なりにサングラスをかけて、喫茶店で黙ってコーヒーを飲んでいれば、哲学者に見えますからね。

サングラスとは

サングラスは直射日光や強い照明光でを痛めることを防ぐために着用する保護メガネのことです。

サングラスの色は茶、青、紫、グレー、ピンク、黄、緑などで、紫外線や光の透過率もいろいろあります。

サングラスのガラスの着色はニッケル、鉄、クロム、セリウムなどの酸化物などで、着色したプラスチックを使用したものもあります。

また、室内ではふつうの透明レンズのメガネですが、屋外では紫外線の強さに応じてレンズの濃淡が自然に調整されるサングラスもあります。

そのようなサングラスにはガラスにハロゲン化合物を添加して光線が当たると着色するフォトクロミックガラスやフォトグレイガラスが使われています。

一般にサングラスには度のついたレンズは入っていませんが、偏光ガラスや近視、遠視用の度のついたレンズを使用したサングラスもあります。

サングラスの用途

サングラスを着用することでまぶしさや目に悪影響を及ぼす紫外線を低減することができます。

紫外線や赤外線、大きな光量を目に受けると、目の結膜や角膜網膜に炎症を引き起こすことになります。

そのため、サングラスは海辺や雪山など紫外線の多い戸外で用いられることが多いのですが、溶接など産業の分野で使われることもあります。

そのほか、角膜や網膜、虹彩(こうさい)の疾患で、羞明(しゅうめい)、つまりまぶしさの強い場合に使うほか、美容の目的で日常的に使われることもあります。

また、サングラスは顔のアクサセリー、いわゆるファッショングラスとして使われるものもあります。

サングラスの有名ブランドのレイバンは1920年代にアメリカ空軍のパイロットの要請から開発が始まったものです。

飛行機が空高く上昇して雲の上などにでると強烈な光と紫外線をもろに浴びますものね。

なお、色付きのサングラスはかけていると目の瞳孔が大きく開いていますので、サングラスの脇から入ってくる紫外線にご注意ください。

逆に目を痛める可能性があります。

そのためにレイバンのサングラスは垂れ目の涙滴型にして、脇からの紫外線を防いでいるのです。

透明に近いサングラスで紫外線のカットができるサングラスがありますが、サングラスに塗ってある紫外線カット用の塗料の寿命は2〜3年です。

寿命の尽きた塗料は紫外線をほとんど通してしまうことがありますので、ご注意ください。

紫外線

紫外線は太陽から地球に降り注ぐ、太陽光線の一種で電磁波です。

紫外線は波長の長さにより、UV-A、UV-B、UV-Cにわけられます。

中でも、UV-Bは成層圏のオゾン層のオゾンにより大部分が吸収され、残りが地表に到達します。

UV-Bの太陽からの日射に占める割合は0.1%程度ですが、地上の生物に大きな影響を与えます。

フロンガスなどにより極地方などのオゾン層が破壊されて、オゾンホールがあき、地上に降り注ぐUV-Bの量が多くなり、地上において生物への影響が増大することが懸念されています。

人間においては人種の差はありますが、紫外線のとくにUV-Bを長時間、大量に浴びてもメラニンができず、赤くなるだけの人は皮膚ガンのメラノーマと呼ばれる悪性黒色腫が発生しやすくなるといわれています。

ガラスやプラスチックはUV-CとUV-Bのほとんどを通しませんがUV-Aはほとんど通ります。

UV-Bでも一部は通してしまいますので、紫外線予防のサングラスはちゃんとUV-Bに対応しているサングラスを選ぶことが望ましいです。

サングラスのまとめ

サングラスは直射日光や強い照明光で目を痛めることを防ぐために着用する保護メガネのことです。

サングラスの色は茶、青、紫、グレー、ピンク、黄、緑などで、紫外線や光の透過率もいろいろあります。

サングラスを着用することでまぶしさや目に悪影響を及ぼす紫外線を低減することができます。

紫外線や赤外線、大きな光量を目に受けると、目の結膜や角膜、網膜に炎症を引き起こすことになります。

そのため、サングラスは海辺や雪山など紫外線の多い戸外で用いられることが多いのですが、溶接など産業の分野で使われることもあります。

そのほか、角膜や網膜、虹彩(こうさい)の疾患で、羞明(しゅうめい)、つまりまぶしさの強い場合に使うほか、美容の目的で日常的に使われることもあります。

ガラスやプラスチックはUV-CとUV-Bのほとんどを通しませんがUV-Aはほとんど通ります。

UV-Bでも一部は通してしまいますので、紫外線予防のサングラスはちゃんとUV-Bに対応しているサングラスを選ぶことが望ましいです。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ