健康食品・サプリメントの泉

白内障の

19世紀のドイツの哲学者のアルツール・ショーペンハウエルはフランクフルト市に住んでいましたが、マンハイム市に移ろうかと長い間迷っていました。

フランクフルト=大都会の便利、マンハイム=静かで雑踏せず、などと2つの市の得失表をつくって折りさえあれば考えていました。

しかし、結局ショーペンハウエルはフランクフルト市で亡くなりました。

下手な考え休むに似たりといいますが、長い考え休むに似たりでしょうか。

決断はさっさと行わないと結局、時間や労力の無駄になるということですね。

ところで、白内障も症状に気づきにくいところはありますが、目に何らかの異常があれば、さっさと治療を決断しないといけません。

さもないと、どんどん症状が進行して手術するか、失明するかの道を選ばないといけないことにもなりかねません。

白内障とは

白内障(はくないしょう)はのレンズである水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる疾患のことです。

白内障は昔、白底翳(しろそこひ)といわれていました。

白内障は目の網膜の異常で発症する緑内障とは区別されます。

白内障を発症するのは45歳以上の中高年に多く、加齢にともない発症する方が増えます。

また、80歳以上の高齢者はほとんど何らかの形で白内障の症状を持っているといわれています。

しかし、白内障の症状の進行の速さには個人差があり、目が見えづらくなるといった症状になるとは限りません。

白内障の原因

白内障は水晶体を構成するタンパク質が変性し、黄白色または白色に濁ることによって発症します。

根本的な原因はわかっていませんが、水晶体の細胞同士の結合力が弱まることや体液が循環しにくくなって起こるのではないかといわれています。

加齢以外では先天性、糖尿病などの代謝性、風疹などの胎内感染性、外傷性、雷に打たれるなどの電撃外傷性、そのほか栄養失調などが原因で白内障を発症することがあります。

これらの疾患と区別するために、加齢による発症をとくに加齢性白内障、もしくは老人性白内障といいます。

また、糖尿病による白内障はふつうより10年分くらい進行が速いといわれています。

白内障の症状

白内障の症状は白内障の発生の原因によって、症状の現れ方と進行の速度に違いがあります。

症状の現れ方に違いがあっても、また、進行の速度に違いがあっても最終的には視界が白濁します。

ある程度まで白濁が進むと水晶体の中で散乱する光によって視界が白く染まってしまいます。

つまり、視界に霧がかかったようになるすりガラス越しと表現されるような視界になります。

まるで湯気でいっぱいのお風呂にいるときのように、白く霧がかかってはいるが、目のピントは合ってちゃんと見えるような視界になります。

なお、加齢による場合には水晶体は黄白色・茶褐色に濁りますが、年齢が若い場合は白色に濁ります。

加齢に伴う症状の場合、視野の周辺部から発生し、中心に向かって進行していきます。

白内障の症状の進行速度には個人差が大きく、初期の段階では症状が発生していることに気がつかないこともあります。

白濁ができると白濁の部分で光が散乱するようになりますので、明るいところではなんとなくものが見えづらくなるほか、光を直視していないのにまぶしく感じたりするようになります。

さらに症状が進行するとまぶしさが強くなるため、目が疲れやすくなり、眼底に痛みを感じるようになります。

さらに進行すると黒目の部分が白っぽく濁って見えるようになり、視界が完全に白濁して見えなくなります。

治療に関していえば、現在のところ白内障の治療剤はまだ開発されていません。

ですから、白内障をいったん発症して水晶体が白濁してしまいますともとには戻すことはできません。

しかし、紫外線対策を行って老化防止(アンチエイジング)を行うことや糖尿病などの生活習慣病の治療を行うことで、白内障の進行を遅らせることが期待できます。

白内障の初期には進行を遅らせるために酸化防止剤等の薬剤、おもに点眼液を使用することもあります。

最近では白濁した水晶体を除去して目の中にアクリル製のレンズを挿入する外科手術が発達してきています。

ちゃんと元通りに見えるようになるうえ、手術時間も10〜40分で終わり、いわゆる日帰り手術が可能になり、患者への負担が飛躍的に軽減されています。

白内障のまとめ

白内障(はくないしょう)は目のレンズである水晶体が灰白色や茶褐色ににごり、物がかすんだりぼやけて見えたりするようになる疾患のことです。

白内障は昔、白底翳(しろそこひ)といわれていました。

白内障を発症するのは45歳以上の中高年に多く、加齢にともない発症する方が増えます。

白内障の症状の進行の速さには個人差があり、目が見えづらくなるといった症状になるとは限りません。

治療に関していえば、現在のところ白内障の治療剤はまだ開発されていません。

ですから、白内障をいったん発症して水晶体が白濁してしまいますともとには戻すことはできません。

しかし、紫外線対策を行って老化防止(アンチエイジング)を行うことや糖尿病などの生活習慣病の治療を行うことで、白内障の進行を遅らせることが期待できます。

白内障の初期には進行を遅らせるために酸化防止剤等の薬剤、おもに点眼液を使用することもあります。

最近では白濁した水晶体を除去して目の中にアクリル製のレンズを挿入する外科手術が発達してきています。

ちゃんと元通りに見えるようになるうえ、日帰り手術が可能で患者への負担が飛躍的に軽減されています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ