健康食品・サプリメントの泉

角膜炎

「抒情小曲集」などを書いた、大正、昭和の詩人で小説家の室生犀星(むろうさいせい)は毎夏軽井沢で避暑をしました。

室生犀星はみのり屋という喫茶店を気に入っていて、そこでアイスクリームを食べるのが楽しみでした。

室生犀星はアイスクリームを食べながら、窓外の女性のショートパンツ姿を「実に美しい!」と飽きずに見ているのでした。

何ですか、それは。それでは室生犀星は単なるすけべ親父じゃないですか。

でも、窓外の女性のショートパンツ姿を見ることも目が健康であればこそできるのです。

我々も角膜炎などにならないようにしましょうね。

女性のショートパンツ姿を楽しむために。

角膜炎とは

角膜炎(かくまくえん)は黒目の表面にある角膜で炎症が起こり、激しいの痛みなどを引き起こす疾患です。

角膜炎は放置すると角膜潰瘍(かくまくかいよう)に進行することがあります。

角膜潰瘍になると、角膜の実質に損傷が及び、角膜の透明性が失われてしまいます。

角膜潰瘍まで進行してしまいますと、治癒しても傷跡である瘢痕(はんこん)が残り、失明などの視力障害の原因になります。

角膜炎の原因

角膜炎の原因には埃(ほこり)や逆さまつげなどによる外傷、アレルギー、コンタクトレンズ障害、ドライアイ、細菌感染、ウイルス感染、カビ感染、アメーバー感染、薬物、化学物質などがあります。

角膜炎の症状としては目の痛み、涙目、充血、視力が低下するなどの視力障害があります。

角膜炎の診断はスリットランプと呼ばれる細隙灯顕微鏡検査、視力検査、眼圧検査によって診断されます。

角膜炎の治療は点眼液による薬物療法が行われます。

ただし、角膜炎ではコンタクトレンズの使用は原則としてできませんので、治療中はメガネの使用などに切り替えることになります。

角膜

角膜は目のもっとも前面の中央にある、丸いお椀をひっくり返したような形をした透明な保護膜で、多層の細胞から形成されています。

角膜は縦10㎜、横11㎜、厚さ0.7㎜ほどの大きさで、瞳孔(どうこう)と虹彩(こうさい)の黒目の部分をおおっています。

角膜につながって、白目の強膜(きょうまく)があり、角膜は強膜といっしょに眼球を外部の衝撃などから保護し、眼球の形を保っています。

また、角膜は外部の光を角膜の下の前房の房水と協働して屈折させ、眼球の中に送り込んでいます。

角膜炎のまとめ

角膜炎(かくまくえん)は黒目の表面にある角膜で炎症が起こり、激しい目の痛みなどを引き起こす疾患です。

角膜炎は放置すると角膜潰瘍(かくまくかいよう)に進行することがあります。

角膜潰瘍になると、角膜の実質に損傷が及び、角膜の透明性が失われてしまいます。

角膜潰瘍まで進行してしまいますと、治癒しても傷跡である瘢痕(はんこん)が残り、失明などの視力障害の原因になります。

角膜炎の原因には埃(ほこり)や逆さまつげなどによる外傷、アレルギー、コンタクトレンズ障害、ドライアイ、細菌感染、ウイルス感染、カビ感染、アメーバー感染、薬物、化学物質などがあります。

角膜炎の症状としては目の痛み、涙目、充血、視力が低下するなどの視力障害があります。

角膜炎の診断はスリットランプと呼ばれる細隙灯顕微鏡検査、視力検査、眼圧検査によって診断されます。

角膜炎の治療は点眼液による薬物療法が行われます。

ただし、角膜炎ではコンタクトレンズの使用は原則としてできませんので、治療中はメガネの使用などに切り替えることになります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ