健康食品・サプリメントの泉

点眼液

ある人が古代ギリシャの哲学者アリストテレスに尋ねました。

「親と先生とではどちらをより敬わなくてはならないでしょうか?」

アリストテレスの答えは「それは先生だ。親は子どもに生命を与えただけだが、先生は親から与えられた生命を良い生命にしたのだから」でした。

自画自賛というところですね。

先生がいうとこうなるのでしょう。

世間一般では親の方が敬われるべきだと考える人も多いでしょうにね。

私なら、親の方を先生よりも敬うべきだと考えます。

また、先生よりも前に医師をおきます。

なぜなら、私はクラビット点眼液に使われるクラビットを医師に処方されたことがあります。

そして、症状が劇的に改善して医師に感謝感激雨嵐でしたからね。

点眼液とは

点眼液(てんがんえき)はふつう目薬ともいい、に直接点眼する液状の薬剤です。

市販されている点眼液や薬局で処方箋なしで買える点眼液、花粉症などで医師から処方される点眼液があります。

医師から処方される点眼液はもっとも効能があります。

それは医薬品だからであり、効能があると国から認められているからです。

ただし、医薬品ですので副作用も考えられますから、きちんと医師の指導に従って正しく点眼してください。

点眼液の使い方

点眼する量は1回につき1滴で十分です。

1滴以上点眼しても目の外へ流れでるか鼻の鼻涙管を介してや腸の消化管の方へ流れ込むことがあります。

胃や腸の消化管に流れ込んだ点眼液が薬理作用の強い点眼液であった場合、小腸から吸収されて全身的な不快感、不眠などの副作用を引き起こすことがあります。

また、点眼液の容器の先を直接目やまつげに触れるような使い方はしないでください。

点眼液の中で細菌が繁殖する原因となります。

一般に点眼液には防腐剤が入っていますが、開封してしまった点眼液は液の中で雑菌が繁殖するという大きな問題点がありますので、使用期限は必ず守ってください。

点眼液の防腐剤には角膜と長期間接触すると角膜に害を及ぼす防腐剤もありますので、点眼時にはコンタクトレンズは外すようにしましょう。

コンタクトレンズを使用している方が点眼する場合は、点眼後5分以上たってからコンタクトレンズを装着してください。

とくにソフトコンタクトレンズには防腐剤が吸着されやすく、角膜を痛めやすいので点眼後10分以上間隔をおくなどの注意が必要です。

点眼液を2種類以上使用するときには注意が必要です。

懸濁性点眼液は、水に溶けにくく吸収されにくいので、後から点眼しましょう。

油性点眼液と眼軟膏は水をはじきますので、水性点眼液をはじいてしまいます。

ですから、順序として油性点眼液と眼軟膏は水性点眼液の後で点眼・点入してください。

点眼後にゲル化する点眼液はうすい膜が形成されますので、ゲル化する点眼液の以外の点眼液を点眼してから10分おいて最後に点眼してください。

点眼液は特別な指示がない限り冷蔵庫に保管しなくてもかまいません。

特別な指示がない場合はほとんどの点眼液は室温(1〜30℃)で保存ができます

ただし、夏場に高温になる部屋で点眼液を保管する場合は、点眼液を冷蔵庫に保管しましょう。

また、花粉症やアレルギー疾患の治療に使われる点眼液の中には冷蔵庫に入れないほうがいい点眼液もありますので、医師などの指示や取扱説明書に従って保管してください。

クラビット点眼液

クラビット点眼液はクラビット、一般名レボフロキサシンを水和物として0.5%含んだ点眼液です。

クラビット点眼液は角膜炎、結膜炎などの細菌による眼疾患に非常に効能があるとされています。

なお、クラビットは人造の抗生物質で細菌の増殖に必要なタンパク質のもとになる核酸の生成を阻害し、細菌を死滅させる働きがあると考えられています。

クラビットは点眼液だけではなく、細菌性の疾患に効能がありますので、いろいろな疾患の治療剤として使われています。

私の経験ですが、以前、尿道炎と診断されてクラビットを経口剤として処方されたことがあります。

クラビットは抗生物質ですから長期間飲用することはできませんので、5日間分の処方でした。

クラビットの効き目は確かで、1日で症状が改善して、あとの4日分を飲もうか飲むまいかと迷った経験があります。

もちろん、自分の判断で服用を中止せず、医師の指導に従って、5日分きっちり服用しましたが。

点眼液のまとめ

点眼液(てんがんえき)はふつう目薬ともいい、目に直接点眼する液状の薬剤です。

市販されている点眼液や薬局で処方箋なしで買える点眼液、花粉症などで医師から処方される点眼液があります。

点眼する量は1回につき1滴で十分です。

1滴以上点眼しても目の外へ流れでるか鼻の鼻涙管を介して胃や腸の消化管の方へ流れ込むことがあります。

胃や腸の消化管に流れ込んだ点眼液が薬理作用の強い点眼液であった場合、小腸から吸収されて全身的な不快感、不眠などの副作用を引き起こすことがあります。

点眼液の容器の先を直接目やまつげに触れるような使い方はしないでください。

点眼液の中で細菌が繁殖する原因となります。

一般に点眼液には防腐剤が入っていますが、開封してしまった点眼液は液の中で雑菌が繁殖するという大きな問題点がありますので、使用期限は必ず守ってください。

また、点眼液の防腐剤には角膜と長期間接触すると角膜に害を及ぼす防腐剤もありますので、点眼時にはコンタクトレンズは外すようにしましょう。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ