健康食品・サプリメントの泉

脳内出血

紀元前4世紀、マケドニアのアレクサンダー大王はアジア遠征に学者たちを連れていきました。

ある宿営地でカリステネスが「ここはギリシャよりも寒い」というと、やはり哲学者のアナクサルコスが「そんなことはない」と反対しました。

するとカリステネスは「しかし、現に君はここじゃ座布団を3枚も重ねて座っているじゃないか」と反論しました。

論より証拠ですね。

しかし、気温が低いと血圧が高くなる方が増えます。

血管が縮むからですね。脳内出血も冬に多く発生します。

脳内出血の予防には温度変化を少なくすることも大切なことです。

たとえば、冬の風呂場の更衣室の温度を上げるとかすることです。

脳内出血とは

脳内出血(のうないしゅっけつ)とはの中の血管が切れるとか破れてしまうことにより引き起こされる疾患です。

似たような疾患に脳梗塞(のうこうそく)がありますが、これは脳の中の血管が血栓によって詰まることによって引き起こされる疾患です。

脳内出血と脳梗塞、くも膜下出血など脳の血管が原因で起こる疾患を総称して脳卒中といいます。

脳卒中はガン、心疾患とならんで、日本人の三大死因の1つです。

脳卒中のリスク因子は高血圧、糖尿病脂質異常症タバコ、心臓病、アルコールの飲みすぎなど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)から引き起こされる生活習慣病です。

脳内出血はとくに高血圧と関係があり、高血圧からの動脈硬化の予防が大切になってきます。

脳内出血の症状

脳内出血は脳内の出血した部分によって症状がちがいますが、場合によっては、ほとんど自分自身も気がつかないときもあります。

脳内出血の症状の多くは片半身の手足の運動マヒや喋りにくくなるなどの運動の障害の症状です。

また、ほかに強い目眩(めまい)や吐き気、歩きにくさなどのバランス感覚の不良の症状、視界が狭くなる半盲などの症状がでることがあります。

脳内出血のとくに重い症状としては昏睡、呼吸停止、心臓停止などがあります。

脳内出血は発症すると症状が急激に悪化しますので、発症したら、ただちに救急車を呼びます。

救急車が到着するまでに応急処置として、息ができるように、また、吐いたものを誤嚥(ごえん)しないように発症した片半身を上にして低い枕をあてて横に寝かせ、安静にさせます。

脳内出血は発症後3〜6時間以内の処置が、後遺症に大きな影響を与えますので、迅速な処置を行わなければなりません。

脳内出血の原因と治療

脳内出血の最大の原因は高血圧です。

高血圧の状態が長年続くと脳の深部へ栄養や酸素を送る小動脈の動脈硬化が進みます。

小動脈の動脈硬化がさらに進行しますと、血管のしなやかさが失われて血圧の変化に耐えられなくなり、血圧の上昇によって血管が破れて出血すると考えられています。

次いで多い原因としては、脳血管系の遺伝的な疾患が挙げられます。

先天的に弱い部分を持つ脳血管系の疾患として、脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい)や海綿状血管腫(かいめんじょうけっかんしゅ)、硬膜動静脈瘻(こうまくどうじょうみゃくろう)があります。

脳内出血は疾患の原因と重症度を考えて治療法を選択します。

脳内出血の治療には保存的な治療である薬剤による薬物療法と外科手術などによる手術療法があります。

脳内出血の治療法の多くは出血の量と症状の強さ、治療中の容態の変化などによって決まります。

出血量が少なく症状が軽度である方やほかの内臓の疾患によって容態が不安定な場合などは薬物療法を中心に考えます。

ある程度以上の出血で症状が重く、病状が進んでしまうことが考えられる場合に手術療法を行うことがあります。

また、脳血管の先天的な原因による場合は、出血の治療は内科的に、原因に対しては外科的に治療をわけて行うことも考えています。

いずれにしても、手術療法は生命を最優先に考えて行われますので、残念ながら運動障害などの後遺症が残ることがあります。

脳内出血のまとめ

脳内出血(のうないしゅっけつ)とは脳の中の血管が切れるとか破れてしまうことにより引き起こされる疾患です。

脳内出血はとくに高血圧と関係があり、高血圧からの動脈硬化の予防が大切になってきます。

脳内出血は脳内の出血した部分によって症状がちがいますが、場合によっては、ほとんど自分自身も気がつかないときもあります。

脳内出血の症状の多くは片半身の手足の運動マヒや喋りにくくなるなどの運動の障害の症状です。

また、ほかに強い目眩(めまい)や吐き気、歩きにくさなどのバランス感覚の不良の症状、視界が狭くなる半盲などの症状がでることがあります。

脳内出血のとくに重い症状としては昏睡、呼吸停止、心臓停止などがあります。

脳内出血は発症すると症状が急激に悪化しますので、発症したら、ただちに救急車を呼びます。

救急車が到着するまでに応急処置として、息ができるように、また、吐いたものを誤嚥(ごえん)しないように発症した片半身を上にして低い枕をあてて横に寝かせ、安静にさせます。

脳内出血は発症後3〜6時間以内の処置が、後遺症に大きな影響を与えますので、迅速な処置を行わなければなりません。

脳内出血は疾患の原因と重症度を考えて治療法を選択します。

脳内出血の治療には保存的な治療である薬剤による薬物療法と外科手術などによる手術療法があります。

脳内出血の治療法の多くは出血の量と症状の強さ、治療中の容態の変化などによって決まります。

出血量が少なく症状が軽度である方やほかの内臓の疾患によって容態が不安定な場合などは薬物療法を中心に考えます。

ある程度以上の出血で症状が重く、病状が進んでしまうことが考えられる場合に手術療法を行うことがあります。

手術療法は生命を最優先に考えて行われますので、残念ながら運動障害などの後遺症が残ることがあります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ