健康食品・サプリメントの泉

緑内障

「モンテ・クリスト伯」「三銃士」などを書いた19世紀のフランスの小説家アレクサンドル・デュマはやたらに長編大作を書き飛ばしました。

自分だけで作品を書くには時間が足りず、ゴーストライターも使ったといわれています。

したがって、自分の書いた物さえ読み直したことがありませんでした。

そして平気な顔をしていったそうです。「俺は書くのだけに時間を使ったのだ。読む方の時間は他人にまかせたのだ」と。

すごいですね。

「三銃士」なんかは寝床で書いていたそうですから、薄暗い中でうつむいて書き仕事をしていたのですね。

今なら、すぐに眼圧が高くなって緑内障になるかもしれませんね。

緑内障とは

緑内障(りょくないしょう)は青底翳(あおそこひ)ともいわれるの疾患です。

目に多い疾患には緑内障と白内障(はくないしょう)があります。

白内障の症状が目のレンズである水晶体が白く濁ることによって起こるのに対して、緑内障は網膜神経節細胞が死滅して視野が欠けていく進行性の目の疾患です。

緑内障は視神経の変形と視野欠損などの視野異常が生じ、いったん視野欠損が生じると欠損した視野の回復は難しく、最終的には失明してしまうことが多い疾患です。

しかも緑内障は片目が発症しても、もう1つの目が視野を補うため、視野欠損に気づきにくく、緑内障の末期になって気がつくことが多い疾患です。

緑内障の原因

緑内障は眼球の中の圧力、眼圧が高いことが原因と考えられていましたが、眼圧が正常範囲であっても緑内障を発症している方が多いことから、視神経乳頭の変形や異常が原因と考えられています。

しかし、眼圧を30%下げることによって視野欠損の進行が止まったという報告があり、眼圧を下げる治療法は依然として有効です。

また、加齢により視神経乳頭の異常が生じることや家系的に緑内障を発症しやすいという遺伝的な疾患であるということも明らかになっています。

近視や遠視である方、高血圧低血圧の方、糖尿病の方、偏頭痛が起きる方などに緑内障の発症の傾向が見られます。

確証はありませんが、タバコを吸う、アルコールを飲む、カフェインを摂取するなどの生活習慣のある方は緑内障を発症しやすいといわれています。

緑内障の治療

緑内障は眼圧の検査、隅角の検査、眼底の検査、視野の検査などを行い、治療法を決定します。

しかし、死滅した網膜視神経の再生は難しく、iPS細胞などによる視神経再生の技術の臨床応用が待たれます。

視神経再生が今のところできませんので、現在は緑内障の進行を遅らせる対症療法が行われます。

緑内障の具体的な対症療法には眼圧を下げるために、点眼液の点眼、内服剤、点滴などの薬物療法とレーザー手術、外科手術などの手術療法がありますが、現在のところ視野欠損を回復する有効な治療法はありません。

したがって、緑内障は発症してしまいますと、回復できませんので、緑内障の予防が大切になってきます。

緑内障は初期には自覚症状が見られませんので、定期的に目の検査を受ける、禁煙をする、大量のカフェインを避ける、生活習慣に気をつけるなど、目にストレスをかけないことが予防につながります。

また、目に良いというポリフェノールはアントシアニンで、カロテノイドルテインビタミンAに体内で変換されるβ-カロテンなどを含む食品やサプリメントを摂ることもよいでしょう。

緑内障のまとめ

緑内障(りょくないしょう)は青底翳(あおそこひ)ともいわれる目の疾患です。

緑内障は網膜神経節細胞が死滅していく進行性の目の疾患です。

緑内障は視神経の変形と視野欠損などの視野異常が生じ、いったん視野欠損が生じると欠損した視野の回復は難しく、最終的には失明してしまうことが多い疾患です。

しかも緑内障は片目が発症してももう1つの目が視野を補うため、視野欠損に気づきにくく、緑内障の末期になって気がつくことが多い疾患です。

緑内障は眼圧の検査、隅角の検査、眼底の検査、視野の検査などを行い、治療法を決定します。

しかし、死滅した網膜視神経の再生は難しく、iPS細胞などによる視神経再生の技術の臨床応用が待たれます。

視神経再生が今のところできませんので、現在は緑内障の進行を遅らせる対症療法が行われます。

緑内障の具体的な対症療法には眼圧を下げるために、点眼液の点眼、内服剤、点滴などの薬物療法とレーザー手術、外科手術などの手術療法がありますが、現在のところ視野欠損を回復する有効な治療法はありません。

したがって、緑内障は発症してしまいますと、回復できませんので、緑内障の予防が大切になってきます。

緑内障は初期には自覚症状が見られませんので、定期的に目の検査を受ける、禁煙をする、大量のカフェインを避ける、生活習慣に気をつけるなど、目にストレスをかけないことが予防につながります。

また、目に良いというポリフェノールは、アントシアニンで、カロテノイドのルテイン、ビタミンAに体内で変換されるβ(ベータ)-カロテンなどを含む食品やサプリメントを摂ることもよいでしょう。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ