健康食品・サプリメントの泉

夜盲症

「ピーター・パン」は世界中の子どもに愛された童話劇ですが、その続編は作者のジェームス・マシュー・バリーの生前に1度上演されたきりしまいこまれていました。

そして、作者の死後20年して再び上演され、評判になりましたが、その題名は「ウェンディ大人になる」でした。

童話の中の人物とはいっても、大人になるにはやはり時間がかかるのですね。

でも、ピーター・パンといい、妖精のティンカー・ベルといい、夜の暗い中を自由に飛び回っていますね。

きっと夜目が利くのでしょう。

夜盲症ではないですね、というオチでした。

夜盲症とは

夜盲症(やもうしょう)とは鳥目(とりめ)ともいい、ビタミンA欠乏や網膜色素変性症などで見られる、薄暗くなると物が見えにくくなる疾患です。

夜盲症は網膜にある明暗を感じる杆体(かんたい)細胞の機能障害によって暗順応に遅延が起きます。

暗順応とは暗闇に入ったときなどに生ずる目の網膜の光に対する感度の自動調節現象のことです。

つまり、明るいところから暗い部屋などに入ると、初めは物が見えにくいですが、徐々に暗さに慣れてよく見えるようになっていきます。

これは目の網膜の光に対する感度が時間とともに増加するためです。

夜盲症の別名の鳥目は、鶏などの鳥は暗いところでは物が見えませんので、暗いところで目が見えないことを鳥目(とりめ)というようになったものです。

もちろん、フクロウなどの夜行性の鳥は暗いところでも目が見えます。

夜盲症の種類

夜盲症には進行性先天性夜盲症と非進行性先天性夜盲症、後天性夜盲症があります。

先天性夜盲症は遺伝性であり、後天性夜盲症はビタミンA欠乏性夜盲と網膜色素変性症などの眼底疾患にわけられます。

ふつうでも明るい環境での視力にくらべて暗い場所での視力は落ちますが、夜盲症の場合では健常な場合とくらべて極端に視力が落ちます。

夜盲症は眼底検査、視野検査、網膜電位検査や暗順応検査などを行って診断します。

夜盲症の治療はビタミンA欠乏性夜盲の場合はビタミンAを摂取しますが、遺伝性などその他の夜盲症は確実な治療法はまだ見つかっていません。

夜盲症の予防はビタミンA欠乏性夜盲の場合、ビタミンAを多く含むレバーやβ(ベータ)-カロテンを多く含むニンジンやホウレン草などの緑黄色野菜を適度に摂取します。

ただし、ビタミンAの過度の摂取はビタミンA過剰症を引き起こすのでよくありませんので、β-カロテンを多く含む緑黄色野菜を摂取しましょう。

それは、β-カロテンは体内に摂取されると、ビタミンAに変換されますが、ビタミンAが不足した場合に必要な量だけビタミンAに変換されるからです。

ビタミンA

ビタミンAはレチノール、レチナールおよびレチノイン酸のことで、おもに動物性食物に含まれている脂溶性ビタミンの1つです。

ビタミンAには目の網膜にある光や色を感じる物質、ロドプシンをつくる重要な働きがあります。

ロドプシンは光が当たるとビタミンAに分解されて視覚を生じさせ、その後、ビタミンAからロドプシンに再合成されます。

長時間の目の酷使などでは再合成が間に合わず、ロドプシンが減少していき眼精疲労が起きます。

また、ビタミンAは視覚の暗順応にも関係していますので、ビタミンAが不足すると明るい場所から暗いところに移動した際、目が慣れるまで時間がかかります。

ビタミンAの不足は暗いところで物が見えにくくなる症状である夜盲症を引き起こしやすくなります。

夜盲症のまとめ

夜盲症(やもうしょう)とは鳥目(とりめ)ともいい、ビタミンA欠乏や網膜色素変性症などで見られる、薄暗くなると物が見えにくくなる疾患です。

夜盲症は目の網膜にある明暗を感じる杆体(かんたい)細胞の機能障害によって暗順応に遅延が起きます。

夜盲症には進行性先天性夜盲症と非進行性先天性夜盲症、後天性夜盲症があります。

先天性夜盲症は遺伝性であり、後天性夜盲症はビタミンA欠乏性夜盲と網膜色素変性症などの眼底疾患にわけられます。

ふつうでも明るい環境での視力にくらべて暗い場所での視力は落ちますが、夜盲症の場合では健常な場合とくらべて極端に視力が落ちます。

夜盲症は眼底検査、視野検査、網膜電位検査や暗順応検査などを行って診断します。

夜盲症の治療はビタミンA欠乏性夜盲の場合はビタミンAを摂取しますが、遺伝性などその他の夜盲症は確実な治療法はまだ見つかっていません。

夜盲症の予防はビタミンA欠乏性夜盲の場合、ビタミンAを多く含むレバーやβ(ベータ)-カロテンを多く含むニンジンやホウレン草などの緑黄色野菜を適度に摂取します。

ただし、ビタミンAの過度の摂取はビタミンA過剰症を引き起こすのでよくありませんので、β-カロテンを多く含む緑黄色野菜を摂取しましょう。

それは、β-カロテンは体内に摂取されると、ビタミンAに変換されますが、ビタミンAが不足した場合に必要な量だけビタミンAに変換されるからです。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁を含む食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ